2012年03月28日

外から見た「エレガンスイブ」という雑誌

news_large_eve5.jpg

「花のズボラ飯」(以下「ズボラ飯」)を世に送り出した雑誌として
最近名を上げている(ような気がする)エレガンスイブ。
5月号には「はじめましてエレガンスイブ」という
150ページ強の小冊子が付録で付いてきます。小冊子にしては厚い。

内容は「ズボラ飯」の新作がオールカラーで掲載されているのを始め
過去に本誌に載った読み切りや連載作品の第1話を書き下ろしページと共に再収録、
さらに吉田豪や沢孝史(週チャン編集長)といった
「なんで!?」と言いたくなる方々へのインタビュー記事などなど、
ヘタしたら本誌以上の熱量が込められた渾身の付録となっています。
表紙の裏に書かれたエレガンスイブ編集部一同からのメッセージは
この付録の作られた目的をこう説明しています。

>長年雑誌の看板を背負っているベテランと、
>新しい才能を見せる気鋭の先生たちが交わる“今”をお読みいただき、
>雑誌だからこそできる“いろいろな作品を読める楽しさ”を
>感じていただけたら嬉しいです。
>この小冊子がその手助けになりますように。

平たく言ってしまうと話題作となった「ズボラ飯」に興味を持った人を
本誌に誘導する為の新作と過去作再収録なわけですな。
雑誌という形での発信にこだわりを見せるあたりが
週チャンの沢編集長によく似ているなと思いました。これについては後述します。

各作品の紹介やインタビューの聞き手を
「ズボラ飯」の主役である花がするという体(てい)で編集されているのですが
この花の中の人は間違いなく「ズボラ飯」の担当編集者、K城さんでしょう。
もっと言うと再収録されている作品にもK城さんが関わっていると思います。
普通は作品紹介というとストーリーのあらすじが書かれるものですが
まず作者がどのような性格で普段はどういう作品を描いているかを説明して
どういうキッカケでこの作品を立ち上げてどのような想いを込めているのか…
というのを切々と語る「作者紹介」になっているのが非常に特徴的。

「今日(マチ子)さんには作家魂を感じずにはいられませんでした」
「エッセイ漫画だけでなく、自らの可能性を広げようと奮闘する
 カラスヤ先生パパ前夜の姿がそこにはありました」

もうほとんど個人宛の手紙のようですね…。
こういうクドい作者紹介は前回の別冊付録「お祝い『花のズボラ飯』」の時からで、
冊子に登場した19人の作家全てに
「もっと読みたい」「素晴らしい作家さん」みたいなコメントを付けてました。
この人はとにかく漫画とそれを生み出す漫画家がたまらないんでしょう。
その煮えたぎらんばかりの「漫画愛」が
今回の「はじめましてエレガンスイブ」には凝縮されています。
沢編集長へのインタビューは2人が似たもの同士であることがよく表れていました。

花「阿部共実著『空が灰色だから』が好きです」
沢「『空灰』をご存知!?さすがですね!お察しの通り阿部くんは天才です」
花「エレガンスイブにエールを送ってください!」
沢「『ズボラ』担当の天才編集・K嬢が「革命だ!」と叫びながら、
  石黒正数先生始め本誌週チャンの大事な大事な天才作家を
  次々どこかへ連れて行ってしまう。怖いです」
花「でもカラスヤ先生を週チャンに紹介したのはエレガンスイブですよ!」
花「施川先生が週チャンに再び登場する可能性はあるんでしょうか?」
沢「もちろんです(ドン)!!というか、施川先生、早く描いてください(キッ)!
(中略)ホント、天才作家はなかなか始めてくれないから困るわい(フウウ…)」
花「以上、天才作家をまとめあげる、超天才編集長でした!
  阿部先生、エレガンスイブでもぜひ1度!」

お互い天才天才言い合いながら作家の奪い合いしてるよ!
まるで沢編集長が2人いるかのようだ…。
他の雑誌をチェックして常に才能ある作家を探し、
惚れこんだら天才天才と褒めちぎりながらオファーを出して漫画を描かせる…
そんなK城さんはまさに女版沢様ですな。
今日マチ子やサメマチオの作品がエレガンスイブに載って
「いま一番何が起きるかわからない、面白い雑誌」(付録冒頭より)
という声が出るようになったのは大体この人のせいに違いない。
「なんでもありの無差別級まんが雑誌」に通じるものを感じます。

そんな闇鍋的な面白さは確かに感じますが、
500と数十ページあるエレガンスイブを構成する作品群の多くは
やっぱり主婦向けの、ベテラン女性作家による家庭を描いた作品なわけです。
元々そういう雑誌なんだから当然なんですが、
「ズボラ飯」と「嫁姑の拳」の表紙につられて買った人たちが
普段読む漫画とは毛色が大きく違うのに、主婦向け雑誌に誘導するのは
はたして正解なのか?という疑問を自分は抱いてしまいます。
逆に本来の読者層である中高年女性の方々に
外から持ち込んだある種の「刺激物」がどう受け止められているのか、
余計なお世話ではありますが心配してしまいます。
以前本誌に掲載された石黒正数×カラスヤサトシ×施川ユウキのホラー漫画鼎談は
完全に場違いだったと今でも思う。自分は楽しく読みましたけど。
そんな「刺激物」ばかりを集めて作られた今回の小冊子は
改めて「エレガンスイブの二極化」を浮き彫りにしてしまったと感じました。

ようするに自分が言いたいことはですね、
そろそろ別の雑誌を立ち上げてそっちでやったらどうですかと。
「主婦向け」に囚われない、より広い読者層に心置きなくアピールできる体制を
そろそろ準備した方が多くの人の幸せに繋がるんではないかと思うわけです。
かつて沢編集長がツバつけた作家を集めてチャンピオンREDを立ち上げましたが、
同じことが女版沢であるK城氏にならできる!はず!
エレガンスイブの看板を外せないのなら増刊号で
「エレガンスイブいちご」とか「エレガンスイブ烈」とかでもいいですから!
posted by ばば at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

チャンピオン読者が選ぶ!このマンガが面白いぞっ☆2011

ササナミさんが運営されているブログ「漫画脳」にて
チャンピオン読者版このマン的な何かをやろう、という企画が行われていたので
自分はどういう漫画を好んでいるのか、という確認も兼ねて参加してみました。
ヒマでヒマでしょうがないという方のヒマ潰しにでもなれば…。

3つの部門はどれも上位から書いていきます。

@秋田書店作品部門(週チャン作品除く)
対象:2010年に秋田書店から単行本が刊行された週チャン連載以外のマンガ作品

1:「メイドいんジャパン」 作:おりもとみまな (チャンピオンREDコミックス)
チャンピオンREDいちご連載。全4巻。
バリバリの成年漫画家が、ほとんどエロ漫画誌みたいな雑誌で、
「主人公は女装した男」という条件を担当編集に与えられた結果、
この作家がこの雑誌でしか生み出せないであろう怪作…もとい快作が誕生しました。
やってることは基本的にしょーもないんですが、
熱血少年漫画のような熱量の高い言葉や演出と
厳密に練られた大小無数の伏線が、読む者の心を掴んで離しません。
「オチンピック(男子校で行われる射精の距離を競う大会)」とか
「ティン・コーベル(独自の意思を持つチンコの妖精)」とかに引かなかったら
是非読んでみてください。このブログを見ているような方なら大丈夫だと思いますけどw
この作品を生み出したというだけでいちごは存在意義があった!
あ、あと「えんじがかり」も。

2:「シグルイ」 作:山口貴由 (チャンピオンREDコミックス)
チャンピオンREDで連載し、今年ついに完結した残酷無残時代劇漫画。
最期の決戦となった駿河城御前試合は、
今までの全てがこの一戦を描く為にあったと思える濃密さでした。
というかいきなりコレを見てもポカーンとするだけだと思う。
作中の武士たちがそうだったように。
終わり方は人によって様々な評価となりそうですが、それも含めてこの作品の味ですね。
エクゾスカル零ははたしてどうなるか…。

3:「ヴォイニッチホテル」 作:道満晴明 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
ヤンチャン烈で連載中のショートコミック。
今年の後半にやっと1巻が出たけど連載自体は烈の創刊第3号からやってます。
基本的にまったり気味のコメディですが、謎あり萌えありバイオレンスもありと
やってることは結構濃くってハードです。でもまったり。
回を重ねるごとに世界が少しずつ広がり、物語が少しずつ進展していく様が面白いです。
次巻が出るのは何年後か分からないので、どうせなら本誌で連載を追いましょう。

4:「trash.」 原作:山本賢治 作画:D.P (ヤングチャンピオン烈コミックス)
ヤマケン枠。
構成・コンテという肩書きで関わった「お姉チャンバラ 紅」「装甲悪鬼村正 鏖」も
ナイスなヤマケン漫画でしたが、ゼロから作られた完全オリジナル作品である「trash.」は
代表作である「カオシックルーン」を含めても
秋田では最もヤマケン濃度の高い作品であると言えるのではないでしょうか。
作画が本人じゃないけれどそんなのは些細なこと…
ヤマケンが絵コンテをやれば2話目にはすっかりヤマケン絵になるんですから…。

ひたすら人が死にまくる漫画としてももちろん楽しめますが、
未だに全てが語られないるしあやマイン、ひろしの過去に思いを馳せるのも
楽しみ方としてはアリ。結構後先考えて作ってるんだ〜と感心します(失礼すぎ)。

5:「プロレス甲子園」 作:秋好賢一 (少年チャンピオンコミックス)
月刊チャンピオン連載。
プロレスコメディ時々ガチな漫画。
少年漫画らしく真っ直ぐに分かりやすくプロレスの魅力を描いているのが好感触。
ドタバタコメディ、部活動もの、格闘技漫画とこれ一作で様々な要素を楽しめます。
この中で一番強いのは今のところコメディ要素かな…ラブ的なものは期待しないように。

A秋田書店以外部門
対象:2010年に秋田書店以外の出版社から単行本が刊行されたマンガ作品

1:「マコちゃん絵日記」 作:うさくん(茜新社 FLOWコミックス)
ロリ専エロ漫画雑誌LOで連載中の一般向けギャグ漫画。
みんな大好きうさくんの出世作ですね。
自分が最初に触れたうさくん先生の作品は
とらのあなのWEBマガジンで無料公開されていた「しあわせももりんご」で、
こんなに面白いギャグ漫画家がいたのかと衝撃を覚えました。
でも本職はエロ漫画家らしいですよ。
基本的にどの回もオチ近くで道徳の教科書にありそうなちょっと良い話っぽくなるのですが
大抵オチで台無しな空気にしてくれるのが嬉しい。
一般向けだけどリアル小学生に読ませるのはあんまり良くない気がします。

2:「ドカコック ドカうまっ!!満腹編」 作:渡辺保裕(少年画報社 廉価版コミックス)
漫画ゴラクでシリーズ連載していた漫画を少年画報社が拾い上げて
コンビニ廉価版という形で単行本が出るという、数奇な運命を辿った作品。
多分この漫画が大好きな少年画報社の編集者が頑張ったんだんだと思います。

内容は流れの土木作業員がメシを作って現場のトラブルを解決するというグルメ漫画。
「ドカタ」という言葉が世間から消えつつある昨今、
「ドカ」であることに誇りを持つ主人公京橋の男気が熱い。
下手したら絵を見ただけで胸焼けしかねないガッツリメニューも楽しいですが
この漫画の本当の見どころは料理よりもそれを作る過程にあり。
渡辺先生の劇画タッチとキレてる言語センスが融合した結果…
そこには他の漫画では得難いドカエモーションが!

3:「しょぼにゃん」 作:きっか(少年画報社 180円ねこぱんち)
掲載誌は猫漫画専門誌の「ねこぱんち」。コンビニ廉価版コミックスの棚に置いてあります。
丸くてシンプルな顔と体型の猫「しょぼにゃん」(通称ではなく本名です)が
いろいろと頑張っては失敗ばかりする様をひたすら愛でる4コマ漫画。
猫というよりは「しょぼにゃん」という固有の生き物っぽいですが可愛いから問題なし。
猫キャラだけでなく飼い主(かおりん)も可愛い。とにかく和みます。
ねこぱんちはそこまで猫大好きじゃないって人でも楽しめると思うので
未見の方は試しに一読してみてください。
ねこしみず美濃先生の作品は風情があって良かった

4:「MOOLIGHT MILE」 作:太田垣康男(ビッグコミックス)
単行本を買っていないのでこの位置に…。
ビッグコミックスペリオールで連載中の、言わずと知れた宇宙開拓SF漫画。
なんでこれをここで推すかというとですね、
今は主人公が猿渡吾郎からその息子世代になっているんですが、
この子らが可愛いんですよ!
女の子みたいなんじゃなくてちゃんと男の子っぽく描かれているのに可愛い。
少年特有の色気を生み出しているというか…
「MOOLIGHT MILE」はショタ漫画として改めて評価されるべきだと思うんですよね!
ジュニアと歩はえろ仲良くなってほしい。


えー…この部門は以上です。なんと5つ出てきませんでした。
かなりムリヤリひり出してコレって!全然漫画読んでないじゃん!
いやそれなりに読んでると思うんですよ。でも単行本を買ってる漫画は殆どないので
人に薦められるのはこんなもんかなぁと…
あ、「XXXのゴアちゃん」(G・ヒコロウ)は買いましたがちょっと薦められませんw
単行本になってない漫画では漫画ゴラクの「どげせん」とかYA嵐の「福岡侍」が好きです。
うーん結局秋田絡みの作家さんだから読んでるって感じだな…。

あとは近代麻雀オリジナルの「シャモア」と「ひるドラ」が面白いですよ。

B週刊少年チャンピオン部門
対象:2010年に単行本が刊行された「週刊少年チャンピオン連載」のマンガ作品
及び、週チャン本誌2010年NO.1〜NO.52に掲載された読み切り・短期連載を含む全作品

1:「GAMBLE FISH」 原作:青山広美 作画:山根和俊
全19巻。
連載開始時はややスロースタートだったものの月夜野さんとのBJ対決で一気にブレイクし
その勢いで最後まで走り切ったエクストリームギャンブル漫画。
個性豊かなキャラ、ピンチ連続のジェットコースターストーリー、
そして絶体絶命からの大逆転劇…
極上のエンターテイメントを大いに楽しませていただきました。

個人的には2007年頃にほぼ固まった
新しい週チャン」体制を象徴する作品と認識しています。
続きが気になりまくる引きの強さに「この漫画の為にこの雑誌を読んでいる」と思ったほど。
雪山サバイバル勝負も単行本で読めばアレはアレで悪くはないかと…。
面白い漫画を読みたきゃコレ!と大きな声で言える作品です。
改めて連載お疲れ様でした。

2:「毎度! 浦安鉄筋家族」 作:浜岡賢次
リニューアル(というか改題)を機に浦安は改めて評価されるべき漫画ではないか、
という思いが強まったのでここに持ってきました。
こんなにクオリティの高い漫画が毎週当たり前のように載っているということは
実は非常に幸せなことなんではないでしょうか?
「浦安」という名前だけで古典や定番扱いするのは勿体無い。
今も進化と変化をし続ける浜岡先生に世間は改めて目を向けるべきなのです。

そう、浜岡先生の描く女の子が萌え萌えであるという事実に
もっと多くの人が気づくべきなのです!

3:「みつどもえ」 作:桜井のりお
みつどもえという作品にとって2010年はアニメ化を成し遂げた飛躍の年でした。
短期連載が始まっては終わりを繰り返していた初期の頃が懐かしい…
2011年も益々の発展を祈って、というわけではありませんが
今も昔も変わらず好きな作品なのでこの位置に。

4:「ANGEL VOICE」 作:古谷野孝雄
長期連載作品は今まで沢山の見せ場を作ってきたので
必然的に連載期間の短い作品よりも高評価になってしまいますね。
そりゃもう今まで散々な目に遭わされてきましたよ…
市蘭の選手たちもそれを見守る読者も。古谷野先生がドSなばっかりにw
でもそんな古谷野先生の容赦無いムチ入れがあったからこそ、
それを乗り越えた時の大きな感動というアメを得られたわけで…。
サッカーが好きな人はもちろん、M属性をお持ちの方にもお薦めしたい作品です。

5:「任侠姫レイラ」 原作:梶研吾 作画:米井さとし
正直言ってこの漫画、お薦めはしません。

でもプロレス漫画の新しい形作りに挑戦したことは評価したい。個人的に。
嫌いになれないんだから…やっぱり好きってことなんだろうなぁ…。
とりあえずレイラは良いキャラでした。いろいろ勿体無かった。

以上です。
週チャン部門ではナンバや星矢LCといった長期連載作品をもっと評価したい、
という思いもあったんですが…どういうわけかレイラをねじ込んでしまいましたw
レイラはなー、いつかどこかで再評価されたりしないかなー…。

自分の中で秋田書店が凄く強いブランドになっている、
ということが分かって面白かったです。
薄々気がついていたんですよ…秋田の雑誌に載ってない漫画は
あんまり読む気がしないってことに!
皆さんはこんな変態趣味の持ち主になったりせず、色々な漫画を楽しんでくださいね。



ラベル:漫画
posted by ばば at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

「任侠姫レイラ」と「プロレス甲子園」

20.JPG

今、秋田書店は少年読者向けのプロレス漫画を2本「も」扱っています。
1つは週刊少年チャンピオンの「任侠姫レイラ」(作/梶研吾 画/米井さとし)、
もう1つは月刊少年チャンピオンの「プロレス甲子園」(秋好賢一)です。
野球やサッカーならいざ知らず、プロレスという今となってはマイナーなジャンルの漫画を
ほぼ同時期にスタートさせた秋田書店の意図は未だに見えてはいませんが、
この2作品の単行本が11月8日に同時発売されたので
せっかくだから語ってみようと思います。

任侠姫レイラ」は女子高生覆面レスラーであるレイラが行方不明の父親を探すため
各地のプロレス団体を巡り強豪と闘い、名を上げるお話。

プロレス甲子園」はこのブログで初めて紹介するのでもう少し詳しく説明を…
主人公「宝田正平(たからだ しょうへい)」は
小柄ながらも中学時代に県内ベスト4の成績を修めた柔道少年。
彼自身は努力家でマジメな性格ながら、とてつもない不幸体質に生まれてしまった為に
入学した高校で柔道部に入るはずが「プロレス部」に入部することに…。
プロレス部が目指すのは全国大会「プロレス甲子園」。
宝田は部長の「嘉門万丈(かもん ばんじょう)」に振り回されながらも
部活を通してプロレスとは何か、プロレスラーとは何かを少しずつ学んでいく。
そんなお話です。

2作品ともプロレスをテーマとしているのは同じですが、
その描き方はかなり違ってます。
その違いを端的に表すと「明と暗」でしょうか。
「任侠姫レイラ」は「プロレス甲子園」よりも先に連載が始まったものの
「プロレスにはブック(台本)がある」ということを前提に話が進む異色作。
そのため団体の財政事情や力関係といったドロドロした舞台裏が多く描かれています。
登場するレスラーも皆なんらかの事情や過去を背負っていて、
リング上での試合を通した悲喜こもごもの人間ドラマを
プロレスの醍醐味として描いている…というのがこの作品の印象です。

一方「プロレス甲子園」では
(実在団体の協力を得ているのもあるせいか)そういった裏事情的な描写は殆ど無く、
主に「強さ」や「個性の出し方」といった「プロレスラーらしさ」が強調されています。
部長の嘉門は特にそれが(やや間違った方向に)凝縮されたキャラクターで、
言うことやることがとにかくメチャクチャ。
コイツ1人で漫画のジャンルがコメディになるくらいの大バカ野郎ですw
ここらへんは秋好先生の代表作「香取センパイ」にかなり近いノリですね。
そのおかげでプロレスを知らなくても楽しめる、明るい作品となっているのが
「プロレス甲子園」の特徴と言えそうです。

明るく楽しい「プロレス甲子園」と比較すると
業界の裏側ありきな「任侠姫レイラ」はとっつきにくい作品と言えるでしょう。
正直言って自分も読み始めた頃は「勝敗があらかじめ決まっている」という部分を
敢えて強調して描いているのに抵抗がありました。
そういう見方をせずに純粋に試合を楽しめるのがフィクションの利点なのに
わざわざそっち側からプロレスを描く必要があるのかと。
しかし読んでいる内に慣れたのか
裏側があるからリングの上にストーリーが生まれる、というスタイルが
プロレスならではの面白さを独特な方法で生み出していると思えるようになりました。

そんな「邪道」な「任侠姫レイラ」ですが、
「プロレス甲子園」と共通している部分もあります。
それはプロレスへの想いを「愛」という言葉で表現していること。
やっぱり武藤敬司の影響なんでしょうか…
「好き」とか「楽しい」じゃなくて「愛」、
ここらへんが他のスポーツや格闘技と違う所かもしれませんね。
まぁ愛でもなければプロレスなんて観てられないしやってられないよ!正直言って!
でもそんな愛を注ぎたくなる何かがある…それがプロレスなんですよね。



ラベル:プロレス 漫画
posted by ばば at 02:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。