2013年01月10日

週刊少年チャンピオン6号の感想です

4c6e139611b3fab308aace5875d45191.jpg

●侵略! イカ娘
OAD(オリジナルアニメDVD)第2弾発表記念巻頭カラー。
前号で予告してたアニメ企画ビッグニュースとはこれのことでした。
このまま細々と続けていれば、いつかテレビに復帰できるんでしょうか…?

本編はいつものイカ娘でした。
いくら栄子でも道路に落ちたものは3秒以内でも食ったりはしない…はず。

●囚人リク
なんか急に高木がお茶目になった!本人はいつも通りマジなんでしょうけどw

加藤の計画とは全く無関係に、
レノマの部下たちがそれ以上の手際のよさで加藤を追い詰める。
しかし塀の外からこれだけ工作ができるんなら、
脱走もそんなに難しくないような気がしてきた…。

●バイオハザード 〜マルハワデザイア〜
連載再開センターカラー。
プロであるBSAAが到着して、
バイオハザード的にはようやく本番になったという所か。
リッキーにとって一番身近な存在だったダグ教授のゾンビ化は
読者にも結構ショックでしたね。殺されるよりこっちの方がダメージ大きいわ…。
こうなってしまうとたとえ生き残っても、諸悪の根源を断ったとしても
めでたしめでたしとは言えなくなるので…
少しは希望になるものが見つかってほしいですね。

●弱虫ペダル
青八木が田所先輩とガチ勝負をして勝ったって…
そんな話をインターハイ終了から間もないこの時期にやらなくても…
「青八木が先輩を超えた」ということを喜ぶよりも
「田所が負けた」ってことにショックを受けますよコレ。
読者にとっては付き合ってた時間の長さが全然違いますからね…。

●弱虫ペダル SPARE BIKE
新開編の後半…と言うよりニセ福富編でしたw
新開の見せ場は鬼の形相を見せようとして脅す所だけだったぞ!
ああそれ持ちネタなんだって思って面白かったけども!
やっぱり渡辺先生の持ち味はこういう軽い話でこそ発揮できるんじゃないかなー。

●バキどもえ外伝 創どもえ
単行本発売記念センターカラー読み切り。
別チャン連載の『創面』とかつてREDで連載していた『疵面』のパロディでした。
疵面のプレ新連載懐かしいなー。本気で拳を握るってのは結局何だったんだろう。

カラー扉は別チャン2012年10月号の表紙のパロでしたが
これを見てこの漫画のタイトルが
『みつどもえ』に便乗していることを思い出してちょっとイラッとしました…。

●バチバチBURST
王虎の圧倒的な相撲によって
悔しいと思うことすらできないほど完全に心を折られる鯉太郎。
あぁせめて指のケガが言い訳に使えれば…
これがなければ勝負は分からなかったと思わせてくれれば。
しかしたとえ万全の状態であっても結果は変わらなかったでしょう。
力量差は肌を合わせた鯉太郎が一番分かってるだろうし…。

しかしこの世界の大相撲の観客はすごいですね〜。
なんか平成初期くらいの頃の新日みたいな熱気を感じるw

●クローバー
少年期の回想が終わり再び現代の箱根で母親探し。
ちょくちょくハヤトとレオを勘違いした人が不思議な気分になってるのが
なんとなくSFっぽいw センスオブワンダーってヤツだな!
その2人がついに直接対面した場面はドッペルゲンガーに遭遇したかのようでした。

それにしてもハヤトは今時感心な若者ですよ。
全てのヤンキー漫画の主人公が
困ってるおばあさんを見過ごせない男になればいいのに。
クローバーはヤンキー漫画の皮をかぶった何かっぽいですけど。

●いきいきごんぼ
同じ班の女子最後の一人、おだんご頭のちんちくりんの子の名前が判明。
「竹林椿(たけばやし つばき)」ちゃんだそうです。
「椿」は「チン」と音読みできるので、チン・チクリンちゃんなわけですな。
今回はその椿ちゃんと吏毘堂が二人っきりで掃除をするお話。

女子の中では珍獣共相手に比較的フレンドリーな態度で接してくれる椿ちゃんは
たとえ相手が吏毘堂でも積極的に話しかけてくれるんですが
当の吏毘堂はいつも通り何も喋れず。
この時の自己分析が非常に冷静かつ的確なのがなんとも切ない…
自分がポンコツであると認めて相手のせいにしないってのは偉かった。

オチはなんとなく後味が悪かったですね。
ギャグにしきれなかったというか、敢えてしなかったというか…。

●聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話
氷河と紫龍が前聖戦に参戦!
レジェンド聖闘士の貫禄を見せ付けられた回でした。
戦闘中によそ見したのが命とりになるのだ!なんて勇ましいことを言ったのに
結局氷河に指先一つで動きを封じられたエンジェルちゃんってばカッコ悪い…。

●ドカベン ドリームトーナメント編
山田から始まった8回裏はあっさり0封。なんだかんだで七夕は抑えたなー。
そして9回表も三者凡退で終わりアッと言う間に9回裏に。
打席に足利が向かって次回につづく!足利で引っ張るとはまた珍しいw

●ANGEL VOICE
少しはチームプレーをするかと思ってましたが、完全に乾劇場でした。
周囲から天才天才と散々言われていた乾でしたが
まさかここまでとは…やはり天才…!
あれはいわゆるドライブシュートってヤツですかね?
あんなのポンポン撃ってた翼くんはそりゃ天才だわ。
これで試合は同点ですが勢いの差は歴然。ここから習実が勝つビジョンが見えない。

●ハーベストマーチ
「あのかっこうは旅支度か…」
自分にはクゥが女の娘に目覚めたようにしか見えませんでした…。

クゥを人間に戻す手掛かりを得る旅に出る決意をした姉弟は村を離れることに。
村人たちに疎まれて追い出される形になると思っていたので
かなりポジティブな旅立ちになりましたね。
村長が普通に良い人だったのも予想外でした。
この漫画って思ってたより人間が汚く描かれないんだな…。

最後のページのやりとりはなんだあれ。新婚夫婦か。
二人の境遇が変わったけど関係は変わってないのに
なぜあんな言葉が出てきたのか…なぜノイエは敬語になったのか…何故…何故…

●スポ×ちゃん!
前回の最後に登場した新キャラは謎の覆面剣士「スポチャン仮面」でした。
一体何者なんだ…と誰かが言うよりも早く正体はかすみの姉とあっさり判明。
出てくるたびにどんどん残念になっていくなーこの人…w

サンライズ立ちで構える仏生寺なずなは我武者羅に剣を振りまくる、
格闘ゲームのイロモノキャラみたいな剣法の使い手。
実際にこんな個性的な有名人ばっかりだったら
スポチャンはかなりの人気スポーツになってるかもなーと思いました。

●シュガーレス
御辻との抗争は今回で一応終結?
ボスである榊を九島の誰かが倒す、という終わり方ではなかったので
なんとなく消化不良な感じもしますが、
ケンカする理由が無くなれば大人しくなるのは九島らしいといえばらしいか。

それより今回はとにかくヒラオリが美味しかったですね!
ネタキャラだと思ってた彼が宍戸をバールであしらう姿は最高にイカしてた!
武器使いなら一日の長があるって所を見せてくれましたねー。
強いヒラオリはヒラオリじゃないって思いもありますけどw

●地下通路の大冒険
3誌合同新人まんが賞奨励賞受賞作。作者はれいか。
絵の上手い家出少年と謎の少女は地下通路で「冒険」するお話です。
少年と少女が「冒険」と聞くと
週チャン読者はすぐにアッチの方向に想像の翼を広げがちですが、
これがもうなんでこの雑誌に載ったのか不思議になるくらいキレイなお話で。
バトルが無ければエロも無い、もちろんモツも出てこない…
それで何が「冒険」なのかというと
なんでもない地下通路にチョークで森や空を描いて歩くのです、2人で…。
こういうのをジュブナイルって言うんでしょうね。

絵も見やすいし話もまとまってたけど、
世界がキレイすぎるのがどうも気になりました。良くない意味で。
女の子が水に落ちて服が透けたり、濡れた服を干して下着姿になったら
健康優良児ならドキドキするもんでしょう!
少年が女の子を異性として意識する描写があまりに少ないんです。
もっと情欲を溢れさせろとは言いませんが、少年誌には淡白すぎると感じました。

あと、少女との想い出を壮年になってようやく絵にしているのにも
少しは理由がほしかったと思いました。
あの一枚に何十年もかけていたのかもしれませんが、
画伯と呼ばれるようになったかつての少年があの時の少女を描いた絵に
どのような想いを込めているのかは読者が想像するしかない。
いちいち揚げ足取りをしてしまってますが
ドラマを前面に押し出した作品なのでそういう細かい部分が気になりました。

清廉潔白な作風はこの雑誌では逆に個性になる可能性もあるので
れいか先生の今後の活躍に期待したいと思います。
次回作ではちょいちょい笑えるシーンを挿入してもらえると助かります。

●次号予告
『サンセットローズ』で米原秀幸が週チャンに帰還!
一話限りですがこれは嬉しい。
posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/315355089
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。