2012年12月13日

週刊少年チャンピオン53,2012年 1,2+3号の感想です

f3f4361513ff7ac7869ff4f9af29dd69.jpga435159608a523aa478da8833f7a4552.jpg832f32bb9d260da1656cad4f5e2ab360.jpg

感想記事を更新しないまま時が経ちすぎてしまったので
その間に刊行された3号の感想をザックリ書こうと思います。
…こういう形になってしまった最大の原因は
自分の筆の遅さにあるのは間違いないんですが、
今現在の誌面に物足りなさを覚えて感想を書くモチベーションが上がらない、
というのも少なからずあったりします。
特に最近始まった新連載(内1本はもう終わりましたが)が
どれも自分のツボに入らなくて、
自分は週チャン編集部にとって想定されていない読者なんではないか?などと
ろくでもない思考に陥ることもありましたが私は元気です。

まずは『てんむす』『ガキ教室』『ラララライブ』連載お疲れ様でした。
初連載で単行本10巻まで続いた『てんむす』は天晴れ。
『ガキ教室』はキレイに終わったけどさっぱりしすぎで物足りなかったですね。
『ラララライブ』は絵やキャラは魅力的だったけど話が薄すぎて残念。
あ、『週チャンゲーム板』の2人と1匹もお疲れ様でした。

長期連載組はどれも安定してますが
『弱虫ペダル』はこれからどうなるかちょっと分からない感じですね。
インターハイを制した後も話が続くとなると
次からは『ドカベン』のように同じ大会での連覇を目指すのか、
それとも少年漫画誌のスポーツ漫画の定番である世界を目指すことになるのか…。
自転車競技は欧州が本場なので日本選抜チームが世界で戦う展開は
そこまで不自然じゃないから、できたらソッチ方向でお願いしたいです。
国内限定ではもうやることがないように思えますし…。

『囚人リク』はやっと拷問が終わって一安心。
推理を巡らせる加藤が『MONSTER』のルンゲ警部みたいでおもろいです。
あんなにモブ顔だったのにすっかりキレ者キャラになって…頑張るなぁ。

後は…別チャン創刊記念の新人まんが賞で
審査員の皆さんが大賞作品『TOILETPAPER MAN』以外には
テンション低めのコメントしか出してなかったのが印象的でした。
言いたいことはそんな所かな…次回からは通常通りの更新をしたいです。します。
posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/308522271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。