2011年12月20日

ヤングチャンピオン烈 No.1

03102.jpeg

今月号は「彼女の鍵を開ける方法」、「ブラック・ジョーク」、
「ヴォイニッチホテル」、「ばくおん!!」と、レギュラーがなんと4本も休載。
ちょっと前は「安定感がありすぎて面白味に欠ける」などと言っていましたが
いざこうなると結構動揺しますw

●trash.(山本賢治×D.P)
巻頭カラーで季節外れの水着。胸は小さいけどお尻は大きいんだなマイン。

グンゼはフレンドリーファイアで胴体真っ二つ(でも生きてるし喋る)、
ポーラは右腕をフランキスカでバッサリ、
戦車砲使いのエーダイはバレットのスナイプでモツ出し&ヘッドショットと
今回だけでゴッソリとケリが着きましたね。るしあって狙撃もいけるんだな。
でもポーラが奥の手がどうこう言ってたし、
「さつじん!」でも言ってた5人目のニクカイジャーがまだ出てきてないので
もう一波乱あるかもしれない。

プロダクションノートではまた山賢が何かに対して憤ってました。
好き放題やってるように見えて実は修整やダメ出しが色々あるんでしょうな。
やらせてやれよと思いつつ、実際目にしたら「これはダメだろ…」ってなりそうw

●らぶゆ!(東鉄神)
零司登場に端を発した全裸バトルが遂に決着。
良かった…逮捕者が出なくて本当に良かった…
でも世の中的にはコイツらが一斉検挙された方が良かった気がするw
「見てください!みんなあなたのために戦っているんですよ!」と言われて
あんなもん見せられても、そもそも戦ってるように見えないから!
しかしこんなイカレた状況に誰もツッコミを入れないのは
この漫画にはマトモな頭をした人間が1人もいないということか…
「trash.」と同じカテゴリーだな!これからはそういう目で見ることにします。

●お気に召すままご主人サマ(いとうえい)
ここ最近単発の日常話が続いていたと思ったら今回の冒頭で急転直下。
関谷はイヴに拉致されリンと離れ離れに…。
前回のラストで今回への引きがあったらこの急展開も受け入れられたんですが
これはどう考えてもそろそろクライマックスがやってくる流れだよなー。

イヴが色仕掛けしてきても「何故エロいことを」とか言わなかったな関谷。
慣れって怖いですね。

●性食鬼(稲光伸二)
いずみの子宮が大きめのコマでどーんと描かれてしまいました。
まぁCGだからセーフだな、と思ったのも束の間。
クスコで拡げられた子宮口がさっきのコマより大きくどどーんと!
そっかー内側だったらどれだけ描いても無修正でOKなんだな。

医療行為をしているだけの深大寺とエロいことで頭がいっぱいないずみとの
考えのギャップが面白かったです。

●抱かれたい道場(中川ホメオパシー)
2本立ての1本目。舵原先生がバナナを咥えこんでる絵面がすごく気持ち悪いw
美月ちゃんが舵原先生をヘンタイ扱いしてましたが
そんなヘンタイに師事してて大丈夫かノボルくん。超今更ですけど。

●NIGHTMARE MAKER(Cuvie)
サブタイトルは「ナイトメア・メーカー」。
内田の言っていた「最高で最悪の夢」とは、
最初に良い気持ちにさせて後からそれを覆す…持ち上げて落とす夢でした。
いきなり悪夢を見せるよりもダメージでかそう…確かに最悪な夢かも。
でも夢の中で後から見せられたものは、
どれも自分が心の底で本当は分かっていたことなのかもしれませんね。
夢に逃げこみたいと思っていた人にとって一番辛いのは現実ってことか…。

やっぱり渡会さんは道化にされてしまいました。
まぁロクなこと考えてなかったから同情なんてしないけどね!

●A.C.D.C.II(CIRCUS×かゆらゆか)
こちらも急展開、そして次回でクライマックス。
全30話となれば連載期間は2年以上。タイアップ漫画なのによく続いたなー。

●もう一人(高野昂)
特別読み切り。
謎の作家「高野昂(たかの こう)」の正体は
アダルトゲームの原画家「天原埜乃」の新名義、でした。
公式サイトによると第42回ちばてつや賞の優秀新人賞を受賞しているらしく
元々は漫画家志望だったようです。どうりで色々こなれているわけだ。
この雑誌はどういう人脈を使ってこういう人を連れてくるんだろう…謎すぎる。

主人公は15歳の少年。高校1年生かな。
母1人子1人という家庭環境からか、もし自分に姉がいたら…という妄想をしては
だらしない顔で床をゴロゴロ転げまわるごく普通の男の子です。
姉に憧れるあまりにセーラー服を通販で注文して
それを着た自分を鏡に映して「お姉ちゃん なぁに?」などと一人芝居をする。
思春期の少年ならよくあることですね… いやいやねーよ!!アホか!!

全体を通して読むとサスペンスタッチな雰囲気の漫画なんですが
主人公の行動があまりに不自然でそこばかり気になってしまいました。
こういう展開に疑問を持たないのは女装漫画を読み慣れてる人だけだから!
烈読者はもうちょいノーマル寄りだと思います。週チャンやREDならまだしも。
でもたまーにこういう漫画が載るのもまた烈らしさではあるんですよね。

●瀬口たかひろの美少女ハッケン!
今回の美少女は初の声優、橘田いずみさん。
確か橘田さんは餃子キャラの人だったと記憶しています。
瀬口先生も本分で「カラダの8割が『餃子』」と説明してますね。
そして「アタマの8割は『百合』」なんだそうです。そっちは知らなかった。

●メイデン/エイド(恩田チロ)
センターカラーでミニスカサンタしをん。
胸よりもパンチラを優先した構図ですね…個人的にはふともものアップが嬉しい。

本編は久々にオカルトな話でした。
体の中から謎の玉を取り出し、一斗にそれを飲み込むよう指示するしをん…
こんな除霊の仕方初めて見たよ!内服薬か!

無能力な副部長和久さんのお姉さん、雲母さんの過去が冒頭で描かれてましたが
なんかあからさまに怪しいですねこの人。
勘当されて行く所がないから天神原家に来たって、本当かなー。

●ゴッドサイダーサーガ 神魔三国志(巻来功士)
本来の主人公、サガが何話ぶりかに目覚めました。
覚醒後初の言葉は「オッパイ」。目の前にあったんだから仕方ないね。

ハットリのパワーアップの仕方が'80年代のアニメっぽい。

●抱かれたい道場(中川ホメオパシー)
2本立ての2本目は開幕女装。
女心を理解するには自らが女になりきればいい、とは舵原先生のお言葉。
でも先生、明らかに女装に慣れてないですよね…思いつきで行動してません?

遠隔愛撫(リモートペッティング)って男にも効果あるんですね。
最後の1ページのテンポの良さが読んでいて気持ちよかった。

●ヒメの世界(ツカモリシュウジ)
ヤングチャンピオンコミック大賞受賞者の初掲載作品。
要はヤンチャン出身作家のデビュー作です。
22ページの中にHシーンが3回も描かれるという気合いの入ったエロ漫画でした。
なんでヤング誌に応募したんだろう…と思わないでもないですが
烈という雑誌に合った内容なのは間違いない。
でもヒロインのキャラは自分には合いませんでした…。

●青春ポップ!(北河トウタ)
久々に実姉のターンが来た今回ですが、あそこまで行って何もナシか…
でも最終回には最後まで行くような気がする!
それが雑誌に載せられるかどうかは分からない!
載せられたとしても仄めかす程度の描写だったらいらん!

そこまで近親エンドが見たいのかって言われると
別に小島さんとのゴールインで終わっても全然構わないんですが
可能性があるなら期待したいなーと。そんな感じです。
とりあえずハッピーエンドならそれでいいです。まだ続くと思いますけど。

●鬱ごはん(施川ユウキ)
今日のごはんはフライドチキン。場所はクリスマスイブのあのチェーン店。
パーティーバーレル予約客の行列に「勢いで並んでしまった」鬱野くんが
店内でとった行動は…チキン6個を一人で、店内で食べる!
しかも行列客の目の前で! うん…それでこそ鬱野くんだw

「クリスマスなんて心底どうでもよくなってくる」とか言ってたけど
むしろ大いに意識してるからそういうセリフが出ちゃうんでしょうね。
クリスマスを意識していない自分を演じる為にわざわざ行列に並んで、
ありもしない他人の目に押しつぶされて自爆する…
多感な少年ではないけれど、別の何かにはなってしまったな。

●僕はまんが家(琴葉とこ)
単発穴埋め漫画かと思ってたのにもう3号連続で載ってる…。
今回は今までの死ぬとか殺すとかそういう要素が一切無い、
漫画家と担当編集者の話でした。
主人公がウジウジしてるのは同じですが、話の内容はグッと現実的になり
今までで一番読みやすかったです。現役女子高生の描く話じゃない気はしますが…。

漫画家と編集者の関係がBLっぽい。

●いいなり・彼女(片桐兼春)
タイトルから犯罪の匂いが漂ってますが
デート成功の為に姉のムチャな指示に従う妹さんの話です。
どうムチャかと言うと、色気を出す為にノーパンノーブラで行けとかそんなの。
ただの痴女じゃねーか!

セックスアピールのセックスの所だけアルファベットで書く人って
あんまりいませんよね…。なんか違う意味に思えるw

●次号予告
道満晴明と琴葉とこの漫画が同時に載るようです。
いつのまにかレギュラー作家になってる?
posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | YC烈感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248683845
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。