2011年07月28日

週刊少年チャンピオン35号の感想です

03007.jpeg

夏の新連載攻勢が今週号で出揃いましたが、
どんな感じですか?

●毎度! 浦安鉄筋家族
巻頭カラー。
ベリーショートになったあかねちゃんは
最初「ええー」と思ってしまったけど、よくよく見れば確かに悪くない…
分け目をセンターにすれば普通に可愛くなってたかも。
思い切ってもっと短くするというのもアリかも。
でも野球帽を被らされてちょっと困った顔のあかねちゃんが
何故だか一番グッと来ました…髪型関係無いじゃん!

●弱虫ペダル
荒北の顔芸引きでアッと言う間に総北・箱学混合チームに追いついちゃいました。
でも合流しないでそのまま広島にアタック!
坂道は一番後ろにいるんだから律儀についていく必要は無いと思うんですが…
荒北は坂道を借りパクするつもりマンマンのようですけどねw
でも広島に追いついてその後どうするつもりなんだろ。

●ナンバデッドエンド
未遂で踏みとどまった剛を伍代が保護してなんとか事なきを得ました。
猛の意識も戻ってめでたしめでたし…
なんか都合が良すぎる締め方だと思わないでもないですが
剛にならこれくらいの奇跡はあってもいい。
植木刑事は「絶対悪いようにはしねぇよ」と言ってますけど
梶原との約束…というか取引もどうにかしてくれるんですかね?

●ましのの
ERO先生が出オチすぎる!
こんなのが出てきたらそりゃ生徒指導も「ちょっと…マズいことが…」とか言うわ。
「ぽろりもあるよ」などと宣言してましたが
まさかあの乳鞭打のことじゃないだろうな! 通るかっ…!あんなもん…!

●半熟ガーディアンズ
センターカラーで新連載。
「武闘占術伝ヒイロとナナシ」でおなじみの永久保貴一・とうじたつやのコンビが
再び登場です! 扉では前作のこと完全にスルーしてましたけどね!

奈良県の遺跡から卑弥呼の骨が掘り起こされたことにより
なにやらスケールのデカいことが動き出したらしいです。
物語の主人公は安曇流武侠術の正統後継者の中学生「安曇豪(あずみ たけし)」と
同じく中学生にして東雲流陰陽術継承者「東雲柊(しののめ しゅう)」。
今回も2人組が中心になるようですね。タケシとシュウ、といった所でしょうか。
(サブタイトルは「安曇と東雲」でした)

初回なのにとにかく設定説明を詰め込む詰め込む。
それでも分からないことの方が多いんだから早くもこの先大変そうです。
陰陽道などのオカルト設定は恐らくしっかりしたものなんでしょうけど
それを漫画として面白くなる方向に結び付けてほしいですね。
前作ではそこらへんが物足りなかったと思うので…。

●聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 外伝
本当にシジフォス来ちゃった! 表情は冷静そうだけど内心かなり怒ってるぞこれは!
「このシジフォスに出動の許可を!!!」が「出撃の許可を!!!」に見えましたw
こんな理由で千日戦争が起きたら歴史に残せないw

そんなシジフォスの心配をよそにサーシャはカルベラさん家でお泊り。
カルディアはもちろん野宿です。
寝巻きに着替えたサーシャ可愛い!カルベラさん無駄にエロい!
なんでサーシャのサイズにピッタリの寝巻きがあったのか若干気になります。
カルベラさんのお古だとしたら物持ちが良すぎる。

聖衣を纏って獣闘士と戦闘をしててもやっぱり軽いカルディアですが
闘ってる時の方がイキイキしてるのは間違いないですね。
しかし聖闘士でも冥闘士でもないヤツが黄金聖闘士に太刀打ちできるとは
ちょっと考えられない。獣闘士のボスの実力や如何に?

●バチバチ
蒼希狼戦決着。
目潰し、肘打ちとおよそ相撲とはかけ離れた反則攻撃を受けながらも
部屋で身に付けた基本が活きて鯉太郎が勝利しました。
しかし勝ったからいいものの蒼希狼のアレはちょっとどうなんだ…
勝つのに必死だったから、故意じゃないからって反則していいことにはならんだろう。
反省してくれないと後味悪いなー。

●行徳魚屋浪漫スーパーバイトJ
マグロ解体ショーで目玉をゲットする為に
梅田阿比先生が鮮魚部に降臨! 専用擬音は「あびーん」です。
スリースターズ回の時と同様に妖怪…いや妖精のような風貌で描かれてますが
「座敷童子みてー」とか「異物」とか「この子」とか、
鮮魚部の皆さんもあまり人間扱いしてないようですw どんなんだよ!
非常に可愛らしい一方でマグロの口の中とか骨髄に興味深々なあたりはやはりアヴィ…
リアル阿比先生を一度拝見したいなー。どんな生き物なのか直接感じたいなー。

●少年探偵 狩野俊介
「集中」新連載第2回。えっ集中連載だったの?
顔パスで通る地元の警察署で10年前の事件について聞いたことで
今回の事件がどのように起きたのかが判明しました。
状況から自殺と判断されたが俊介くんは「自殺ではない」と主張。
もし他殺なら一番怪しいのは真吾だよなぁ。
電話があったとか言って自殺に見せかけて殺したんでしょ? お見通しですよ?

まぁそんな事件よりもですね、今回もやはり絵の可愛さがたまらないわけです。
デート気分で気合の入った格好の遠島寺さんはもちろん可愛いんですが
自然体な俊介くんがヤバい。
あの笑顔は人を狂わせる笑顔だよ…そりゃ敬礼もするわ…。

第1話の扉に出てきた猫は俊介くんのパートナーらしい飼い猫「ジャンヌ」でした。
目が人間っぽいのでどうも普通の猫に見えない…可愛いんですけどね。

●ドラゴン・ハイドレート 〜辰吉漂龍伝〜
武蔵は強力な妖気で浪人や豊臣家の残臣の魂を喰い
打倒徳川の軍勢を作りつつあるらしい。
なるほど熊本までの道中はそういう連中が次々と襲い掛かってくるわけだな。
さぞ変態だったり美少女だったりするんでしょう。で倒したら仲間になると。
大体ギャンブルフィッシュと同じノリで読んでも問題無さそうですねw

黒輪が合流したのはともかく光圀がついてこなかったのは意外でした。
解説を担当するキノコポジションだと思ってたのに。

●りびんぐでっど!
この漫画読んでて力抜けるわー。それが持ち味なんですけど。
もなこの服が上下とも肌と同じトーンだったのが気になりました。全身一色かよ!

●アンケート大けん賞 応募のきまり
>今後「週刊少年チャンピオン」のグラビアに登場してほしい
>男性俳優を選んでください。
男性俳優だと!? イケメンで女性読者を釣ろうとか考えてるのか!?
いやそれを読者に訊いても男が見たい男しか分からないはず…
何がしたいんだチャンピオン編集部! 男で男を釣る気なのかアッー!

●シュガーレス
兼光がシャケに負けを認めたので戦争終了。
じゃあ最初からタイマンで決着つければいいのに…
まぁこの戦争で仲良しさんが数組誕生したようなのでめでたしめでたし。
ほっぺをすげー腫らしながらタバコを吸ってるシャケの顔はかなりのインパクトでしたw
失神してるのにまるで話の中心にいるかのように扱われる岳さんには
さすがプロのシッシニストだと感心せざるを得ません。

●次号予告
合併号でバキ3倍祭。
ナンバデッドエンドは「クライマックス目前」だそうです。
posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/218018310
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。