2011年06月21日

ヤングチャンピオン烈 No.7

02982.jpeg

AKBが出てこない烈のグラビアは見ていてホッとします。

●お気に召すままご主人サマ(いとうえい)
巻頭カラー。
ドSメイドのカノエさんに言葉責めされたり踏まれたり擦り付けられたりするだけの話。
抵抗してるはずの関谷が短時間の間に3回も達してしまったのは
精力剤の効果なのかプレイ内容が合っていたからなのかw
なんでこんなことになってるのかよく思い出せませんが、イブによると関谷は
「今まで接したコトない色々なタイプと接しておく必要がある」そうです。
ということは次回あたりにまた新しい属性のメイドが登場するかもしれませんね…。
そろそろリンがヒロインポジションに戻ってる光景が浮かばなくなってきた…。

●ブラック・ジョーク(田口雅之 協力/小池倫太郎)
移籍第2回。
このエピソードまだ2話目なのにもうついていけなくなってるぞ!
走り猫さんのエッチな衣装だけが心の癒しです。。

●ばくおん!!(おりもとみまな)
漫画の前にコラムページで天野恩紗(モジャ)にインタビュー。
愛車は「ヤマハSEROW255」と書いてありますが、255じゃなくて225が正しいみたいですね。
扉はやたらカッコイイ来夢先輩とその愛車をあしらった広告風デザイン。Ninja最強!
「メイドいんジャパン」でもこういうのやってましたね。

天然お嬢様キャラ「三ノ輪聖(みのわ ひじり)」が新登場。
憧れのワルになる為にバイク部に入部しにきたヘンな人です。
なんでこんな人がこの学校に…と思ったけど
羽音たちの通う学校は高偏差値のお嬢様学校なんだっけ。
バイク部の面々だけ見てたら絶対忘れる設定だわw

聖の所有マシンはサイドカー仕様に改造したMVアグスタのF4。
これはイタリア車ですが聖本人はジェームスディーンに心酔してるようなので
5人目はマシンをとっかえひっかえする海外メーカー枠かもしれませんね。

事あるごとにケンカをする(そして相撲をとる)恩紗と凛を仲直りさせるため
羽音が「みんなでチキンレースしようよ!!」と大提案。
バイク部全員参加で川に向かって突き進むチキンレース大会が開催されることに…。
今回のサブタイトル「レース!!」がまさかコレのことだとは思わなんだわw
モジャと巨乳は命がけの勝負なんて本気でやらない、という
常識的判断(羽音に言わせると「バイク大事にする小心者」)で意気投合し仲直り。
コイツらはなんだかんだで似た者同士なんだろうなー。
そしてコイツら以外のバイク部員は狂気の世界に足つっこんでるのばっかりw
天然とキ○ガイの違いがよく分からなくなってきたよ!

●ヴォイニッチホテル(道満晴明)
新キャラ?と思ったらどうも探偵団のオイロケらしい。
なんか見た目がオトナっぽくなってません?

リーダーとオイロケの出会いのエピソードを交えた
甘酸っぱくて良い話でしたが、今までの流れを考えると
2人のどちらかが、あるいはどちらも近い内に死ぬような気がしてなりません。

●ゴッドサイダーサーガ(巻来功士)
ヒラグチを助けに来た月岡組長がヒラグチより先に死んじゃった!
男としてのメンツを守るためにノーブルマンに死ぬ気で挑んだ姿は
なかなかカッコイイじゃないですか。無駄死にでしたけど…。

子供のサガが電ノコやら糸ノコやらで四肢をバラバラにされてる絵がエグい。
人によってはかなりショックを受けるかも。よくこんな猟奇的な絵が通ったなぁ…。
次号は「殺戮の野獣!!皆殺しダンス!!」だそうです。まだやるか!

●抱かれたい道場(中川ホメオパシー)
修行を終えアフロと「抱かれたい奥義」を身に付けたノボルくんは
その力に溺れたのか性格が変わってしまいました…。

「あ ゴメ〜〜ン 犬のクソかと思ったら人間だったのかァ〜〜」
「あんなクソバエの一匹や二匹蹴散らしたところで――
 なんの自慢にもなりませんよ…!!」

童貞のままでもここまで自信を持つことができるというのは
ある意味素晴らしいと言えなくもない…でもこんなのノボルくんじゃない!!

●らぶゆ!(東鉄神)
親戚が経営する民宿に泊まるため愛田家一行は舞鶴市の神埼へ。
待っていたのは新キャラ「愛田みさき」十三歳(とその親父)。
ヒラヒラのたくさん付いた暑苦…可愛いファッションに身を包んでますが
胸は一つ上の百香よりふた周りくらい大きい、いわゆるロリ巨乳でした。
…百香は愛田一族のイレギュラーみたいですねw

零司と愛田のすれ違いは結構長引いてますな。
もし民宿で仲直りしたらそのまま一線を越えそう。
他の漫画で朔太があんなコトになっちゃったしね…。

●NIGHTMARE MAKER(Cuvie)
茅野先生…すっかり出落ちのギャグ扱いになってしまって…w
もう校内で生徒相手にヤってるのが日常茶飯事になってますもんね。
こちらもそれに慣れてしまったというのは否定できませんw

「善き人達による正しい社会のために」なんて考えちゃう渡会さんはちょっと怖い。
確かに渡会さんは優れた才覚を持つエリートかもしれませんが
性欲に直結した欲望を持ってるあたりは俗っぽいんだよなー。
内田が灯明に幻滅したら自分の方を向くと勝手に思ってるのも考えが未熟というか。
要するに中2病なんでしょうね。

●袋とじヌードコラボ 春菜はな
Kカップセクシーアイドルですって。
巻頭グラビアの杉原さんもかなりデカいと思ったんですが
それより4階級も上ってマジかよ! バスト108センチだと!?
ちょっと気になったので色々検索をかけてみたんですが、
どうも今回のグラビアはかなり写真写りが良いみたいです。
さすがヤンチャン!グラビアの本気度が週チャンとは違うぜ!

●A.C.D.C.II(CIRCUS×かゆらゆか)
センターカラー。
前回からシリアス展開になったのかと思ったら特にそういうわけでもなかった。
尻相撲に負けて「俺の力が足りないばかりに…」なんて言うくらい悔やむ義之が
ちょっと面白い。

●すもものおもちゃ(すもも×ユウコ・フランソワーズ)
超売れっ子タレントの藤子(仮名)さんの似顔絵は似せて描いてるのか否か…。
こんなこと描かれても誰なのかが分からなければフィクションと大差無いよなー。

●性食鬼(稲光伸二)
変態女王がいずみとのコンタクトを図るために死にかけの気ぐるみに憑依。
なんかこういう展開どっかで見たことあるな…
そう思っていた所に「エグゾスカル零」が描かれたチャンピオンREDの広告が。
そうだ、栄吉と「鬼我一体」した散さまだ! 一流の気迫!

●彼女の鍵を開ける方法(中田ゆみ)
こう思ったのは何度目か分からないけど今回もやはり同じ感想を持ってしまいました。
フィクションにしたって展開が非現実的すぎる!!
「伝線したストッキングを破いてみたい」と言われて
ここなら誰も来ないからと破かせてくれる巨乳メガネ委員長がどの世界にいるんだ!
この世界の少女たちは全員ちじょなのか! やんのかコラ!!

●鬱ごはん(施川ユウキ)
今回のごはんは風邪をひいてる時のおかゆ。
ついにゲロをはいてしまいました。食欲減退効果ハンパない。
インスタントからとはいえおかゆを作る気力があるなら
コンビニに行って飲むゼリーでも買えばよかったのにね…。

●青春ポップ!(北河トウタ)
一線を越えて以降すっかりただれた生活を送っている朔太と小島さん。
お前らヒニンしてるのか? そういう描写がコマの隅にすらないのが気になる…。
デキちゃって今までの話が全部フッ飛ぶ、なんて展開はナシにしてくださいよ。
そこまで行ったらもう青春じゃないからな!

●メイデン/エイド(恩田チロ)
オカルトバトル漫画みたいになってる…のかな?
しをんの「ボランティア」は負の感情を相手から抜き取るお仕事のようです。
いや、抜き取った方が本体なのか…? つーかあの行動はどういう意味なんだ?
説明不足だったり説明されてても意味が分からなかったりで色々サッパリです。
とりあえず言えるのは…しをん以外のボラ部員は何もしてないということ。
副部長って一体何だったんだろう…。

●夢遊・彼女(片桐兼春)
超人気大好評「○○彼女」シリーズの新作。まあ穴埋めなんですが。
ちょっと前にヤンチャン本誌に載ってましたが烈では久しぶりですね。

夢を見てると思ってねぼけながら欲望を開放しちゃう女の子の話。
いつものようにマンガチックな設定ですが
涙目でおねだりしてる桃花ちゃんは可愛くて
優しくなだめすかす司くんはいいヤツで、と読後感の良いお話でした。
次号は「箱入・彼女」だそうです。タイトル込みの読み切り予告とは珍しい。

●trash.(山本賢治×D.P)
なぜ今月号にtrash.が載っていないのか、という理由と
作品作りのスタンスを山賢が珍しくマジメに語ってます。
こういうのが読めるんだからこのコーナーが存続してくれて良かった。
山賢って漫画に大しては凄くマジなんだなぁ…カッコイイ。
カオシックルーンの完結、いつまでも待ってます。

●次号予告
「豪華ラインナップ」の中に予告済みの片桐兼春の名前が入っていないので
予告ページの内容が信用できない…。



posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | YC烈感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。