2012年05月31日

週刊少年チャンピオン27号の感想です

4dc79dd1cf456120efe6a7254b2b8869.jpg

今週号の裏表紙の広告、なんなんすかアレ。

●聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話
連載再開記念表紙&巻頭カラー。

モノクロページに入ってすぐの数ページが
なんか画太郎漫画みたいなんだけどこれ何なんですか!
カインの「今なんと言った!?」の次のページでまた一輝が殴られてたら
最高だったんですけどね…ギャグ漫画としてw

しかし二重人格キャラに「おまえはひとり芝居を演じてるだけではないのか…」って
ダメだよ一輝兄さんそんなマトモな指摘をしては!
そりゃ殴られても仕方無いよ!もうちょっとオブラートに包まないと。

「ぐわああああっ」→ドシャアアッ
の一連の流れが見事なまでの車田吹っ飛びで感動しました。
LCやΩといったスピンオフ作品の方が目に触れる機会の多い昨今、
本家車田正美の描く吹っ飛びの様式美の良さを再確認できた気がします。

●別冊少年チャンピオン創刊のお知らせ
もりしげ&森繁拓真の「ダブルMORISHIGE」参戦のお知らせ。
誰もが一度は思ったワードを実際に使う機会がついに来ましたねw
2人とも秋田で描いてた人だけど、
他の雑誌での活躍で印象が上書きされてるから
戻ってきたというよりゲストで呼んだって感じがします。

●毎度! 浦安鉄筋家族
超雨女な雨がっぱ少女、雨森れいんちゃんがまさかの再登場。
指さしながら笑顔で「ひどいなー」とか
手をフルフルさせながらの「雨降れ〜」といった新技を習得し
萌えキャラとして一回り大きくなった感がありますね。
水を浴びてビショビショになってる場面が多かったのもあざとかった。
こんな空豆かムーミンみたいな輪郭の子を可愛く描ける浜岡先生は凄いです。
さらに小鉄とのり子の夫婦っぷりも安定感バツグン。隙が無いな。
そのかわりギャグは弱かったかもしれない。

●バイオハザード 〜マルハワデザイア〜
連載再開記念センターカラー。
ビンディちゃん可愛いけど鬱陶しい。
生きるか死ぬかの場面で軽くラブコメムードを醸し出してるのがまた鬱陶しい。
こんなに強引にパーティに加わったのには何かウラがありそうな気もしますが…
単なるムダに使命感の強い天然のような気もする…。

死にそうな人に向かって
「お前を助ける気は無いけど俺たちのために情報をくれ」って態度で接するのは
人としてどうかと思いました。
「ダメだ喋るな!今助ける!」「俺はもうダメだ…それより聞いてくれ」
みたいな流れでも良かったと思います。ベタっちゃベタですけど。

全体的にトーン使いすぎて黒くなっちゃってて読みづらいですね。
単行本ならいいのかもしれないけど週刊少年誌の紙質でこれはキツい。

●弱虫ペダル
御堂筋の顔芸の引き出しの多さは異常。
ページめくって「ブ」「タ!!」は破壊力ありましたw
この終盤にきてまだ見せていない技があったとは…御堂筋恐るべし。

●囚人リク
ああ〜ついに言われてしまいましたね…リクが脱獄計画の役に立っていないと。
レノマはリクが非常階段を見つけた時に誉めてくれたけど
出会ってから間もない田中はシビアでした。
読んでてよくぞ言ってくれたと正直思いましたw

手錠抜けの技を伝授する条件はリク1人で「看守の目」をなくす方法を探すこと。
レノマもお手上げだったことにリクだけで挑むのは無理ゲーもいい所ですが
答えが存在すると聞かされただけでもいくらか前進したかもしれません。
もしこれをクリアできたらいよいよ脱獄が現実味を帯びてきますね。

リクと田中が会話してるシーン(118-119P)はコマの量が凄い。
コマの狭苦しさはリクの心理状態を表現しているのかもしれませんね。

●ガキ教室
センターカラー。
他の生徒はみんな甲虫になって木にへばりついてるのに
1人だけアゲハになってる西島さんあざとい。
しかしムシの作画テキトーだな! チャチャッと描きすぎでしょ!

ファミ通のレビューっぽい通知表の評価文で笑いをとりつつ
晶の新たな試練、不登校児との戦いがスタート。
晶がクラス担任になってから一度も登校していない未知の生徒
「沼田進(ぬまた すすむ)」はゲロをよくはくから「ゲボーン」という
直球すぎるアダ名と様々な伝説を持っているらしい。
足がすごく遅いから「逆ボルト」ってよくそんなの思いつくなw

エピソードだけ聞くと確かに晶の言う通り面白いヤツっぽい。
不登校になった原因はまだ不明ですが、少し前まで普通に馴染んでたのなら
そこまで手強い相手ってわけでもなさそうですが、どうなるかな。
デリケートな話になりそうな雰囲気も少しは感じましたが…。

●クローバー
エリナちゃんお兄さんのこと好きすぎだろ!
真田は真田で妹のことをちゃんと気にかけてあげてるし…真田兄妹いいなぁ。
「釣り」に加えて「妹」がクローバーの新しい柱になる予感がする!
エリナが今後もヤンキールックを継続するかどうかは
この漫画にとって大きな分岐点になる気がしますよ。

●バチバチBURST
川さんはやっぱり川さんだったよ…。

第1話から登場していたオカッパのデブ「丸山大吉(まるやま だいきち)」と
前回出てきたメガネの学生横綱「常松洋一(つねまつ よういち)」が
新弟子として空流に入門しました。
スタート地点から天と地以上に差のついている2人が
どう化学反応を見せるのか、なかなか楽しみですね。
命を守るために立ったまま気絶した大吉くんはある意味将来有望だなw

常松の異様に盛り上がった肩のコブは雅山みたいですね。
初めて雅山を見た時はあのコブに驚いたもんです。
何をやってああなったのかは結局知らないままなので佐藤先生解説お願いします!

●りびんぐでっど!
ヒロインのもなこがどんどんラブコメ世界の住人になっているのに
主人公の青山くんがどんどんツインテ病を悪化させているのは予期せぬ事態ですw
ツインテールならロボットでも可愛く見えるって地点からスタートしてるから
これは相当重症ですよ。こんなのを好きになっちゃった水森さんが不憫でならぬ。

ヤンチャンの背表紙広告が出会い系だったのがリアルですね。
3巻表紙のもなこは可愛いけどなんか別人っぽい。

●どっち?
新人まんが賞出身で帯電体質の子が主役の百合漫画でデビューした鈍速毎日の新作。
6ページしかないのに表紙だけで1ページ使う大胆な構成となっております。
本編ではなく表紙で「年の差従姉妹」と設定を説明してるのはどうなんですかね…。

個人的にはこういう漫画が週刊少年誌に載るのはあんまり歓迎したくないなー。
萌えや百合の要素さえあれば面白くなくても許される雑誌で存分にやってほしい。
その為にニッチなジャンルの専門誌は存在するわけですから。

●ドカベン ドリームトーナメント編
Kジローは新潟ドルフィンズに入団が決まったばかりのルーキーでした。
いつのまにかプロ入りしてたのかよ!しかし入団までの経緯は一切語られず。
「おはようKジロー」という作品から「岡本慶司郎」という個性だけが
ドカベン世界にやってきたと、そんな感じでしょうか。
セミリタイヤ状態だった光の小次郎とは違って全盛期の状態での登場なので、
これだけでドルフィンズは面白いチームになりそうです。

水島先生ドカベンでサッカーのシーンを描いたことにちょっと興奮しましたw
GKとフィールドプレイヤーが同じユニフォームだったあたり
やっぱり適当だなとは思いましたがw
あとKジローを当たり前のようにつけまわしてる山田も面白かったw

●スポ×ちゃん!
漫画でわかるスポーツチャンバラ回。
服装も構えも自由だけど基本はしっかりあるんですね。そりゃそうか。
リリィは今まで基本の動きなんて見せなかったけどやろうと思えばできるのな。

基本の存在をこうやってしっかり描かれると
今までみたいな型破りな動きは今後あまり出てこなくなりそう。
でも実際のスポチャンを無視したトンデモな内容だと
漫画としては面白いかもしれないけどスポチャンを描いてるとは言い難い…
ここらへんの匙加減が難しそうですな。

●ましのの
ERO先生の名前と仕事が判明。
世間では霊能力者の本田さんで通っているようです。思った異常に胡散臭かった!
そしてまさか今回を境にこの漫画が霊能バトル漫画になっていくとは
この時はまだ思いもしていませんでした…。

●ANGEL VOICE
キーパーが抜かれて後ろには無人のゴールのみ!
もうわざとファウルでもしなければ止めることは不可能!
そんな時に所沢がとった行動は…わざとファウルをして止めました。

サッカーの試合として見れば
所沢のプロフェッショナルファウルは妥当な行動ではありましたが、
漫画として読めば故意にファウルをする場面が描かれたのは結構意外でした。
仲間の想いが奇跡を呼んでピンチを脱する、なんてことにはならないのが
ANGEL VOICEの厳しさであり良さですね。たまに厳しすぎて涙目になりますけどw

あ、GKがわざとファウルをする漫画を前に読んでたのを思い出しました。
同じ週チャンでやってた「ORANGE」だ。
あの漫画では控えのGKがフリーキックを止めてたけど…GK万代はどうなるかな。

●LUCKY STRIKE
新堂くん…あんた本当に小学生ですかw
マイケルも小学生離れした体型だけどアメリカ人ってことで納得はしてました。
新堂くんはせいぜい150cnくらいですよね? ちょっとムキムキすぎません?
でもどうなんだろう、小学生でも筋トレすれば激モテ細マッチョになるのかな…。
刃牙は13歳でムキムキだったけどあれは参考にならないしなぁw

新堂は以前指摘していた健太の一本調子な球を見事にホームラン。
弱点は普通に克服されてなかったんですね…。
ていうかチームメイトにも打ち方教えてやれよ。

●ちぐはぐラバーズ
無心がモルガンに見初められたのは
野良犬に噛まれたような、事故みたいなものだったんだなー。
犬から守ろうとしたあの時の行動だけで無心の評価を決めて
ここまで色んな人を巻き込んでるんだから…
悲劇のヒロインなのかもしれないけど、それ以上に迷惑な存在だよな。

アヴァロン側で感情移入できるキャラがガラハドくらいしかいない。

●木曜日のフルット
悪玉菌の入った料理ってそれは美味い不味い以前の問題だろ!
名前が善玉菌なのに極悪ヒールのような振る舞いをしてたのがシュール。

●次号予告
ヤンチャンで「ざんねんなこ、のんちゃん。」や「やまちち」を連載していた
吉沢緑時が集中連載で週チャン初登場。
posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

週刊少年チャンピオン26号の感想です

fa567d9a55ea8c961241e9f089eb14e6.jpg

グラビアでカラーページをたくさん使ってるのに
見ないのは勿体無いなーと思いつつ、やっぱりスルーしてます。
AKBの人たちってみんな同じ髪型ですね。

●別冊少年チャンピオン創刊のお知らせ
佐藤健太郎、米林昇輝、道家大輔、吉木まさかずという
4名の作家と連載作品が発表されました。
道家大輔はヤンチャン版「電車男」、吉木まさかずは「畳の上のミクロ」の人ですね。
佐藤健太郎は「私立アサシン学園」でデビューした人…普通すぎて名前覚えづらい。
残りの1人は存じませんでした。

全体的にファンタジー色ひかえめなのは
週チャンのスタイルを踏襲しているからでしょうか。
想定する読者層も大体同じような感じっぽいですね。

●弱虫ペダル
坂道くんと今泉くんの濃厚なタッチ&トーク回。
この2人がサシで絡むのは鳴子加入後では珍しい光景ですね。
今泉がゴール前の現状を説明して坂道にもゴールを狙う動機を作ったのは上手い。
この子はやれと言われたらその通りやる子ですから…。

御堂筋くんが「真の姿」とか言い出したのには困りました。
ジャンプの読みすぎですね。

●バチバチBURST
センターカラーで新連載第2回。
鯉太郎以外の空流部屋の面々が登場しました。
白水のチョンマゲは罰ゲームからトレードマークになったのね。
まーあの頭で鯉太郎と取組してカッコよかったんだから
ここで変えたらかえって違和感があるかもなぁ。
ナマズヒゲは言われるまで存在に気付きませんでしたw

阿形改め仁王には立派なもみあげが。
体も大きくなってより力士らしい体格になってますね。
鯉太郎が仁王に対して敬語を使っていたのが印象的でした。
それだけ関取ってのは特別な存在なんでしょうな。

親方は髪型がサッパリしてなんとなくビートたけしっぽく。
川口さんは姿を見せなかったけど多分あんまり変わってないでしょう…
あの人は50年後も同じ姿をしてそうな気がします…。

王虎が泣いてる田上さんを悪の道に誘っていたのがプロレスっぽいと思いました。
黒い勧誘で王虎軍団を築き土俵を黒く染める展開か!
となると決めポーズも欲しいな!アイムオーコ!

最後のページに出てきた目つきの悪いメガネデブがウワサの学生横綱かな。
平野耕太の描くムダにカッコイイおたくってこんな顔してますよね。
あと目つきと髪型と体型がどことなく沢編集長っぽい。

●第78回新人まんが賞最終選考結果発表
今回も入選1、準入選1、佳作3の大盤振る舞い。
でも選評での浜岡先生が全体的にローテンションだったのが気になります。
年齢の若い人が多いのも、若い人の応募が多かったというより
若い人の中から選んだんじゃないか?みたいに思えてしまう…
なんとか自前で作家を育てようという気概は凄く感じますけどね。

●範馬刃牙
刃牙と勇次郎ってこんなに体格差あったの!もう別種の生物じゃんッッ
しかしここまでやっておいて結局勇次郎には全く通じていなかったのか…
ジャーマンでコンクリートの地面に後頭部から落としたのに
微笑みながら「こらこら…」なんて言われたら、
もう何やってもムダなんだと誰でも思うわなw
それでこそ、という思いもあるけど残念という気持ちもある…。
本当に終わりが近いの?という気持ちはそれ以上に…。

●毎度! 浦安鉄筋家族
ジーパン屋の話好きです。郷丸三平とトムは顔見てるだけで笑えるからズルいw
いちいちこっちを向いて笑うトム鬱陶しいわーw

●ドカベン ドリームトーナメント編
「おはようKジロー」の主人公、岡本慶司郎がついに登場!
バッティングセンターで狙ったようにホームランを連発する様に
既にスーパープレイヤーの片鱗を感じます。
山田がKジローの顔も名前も知らないのはプロ入りしてないからかな。
だとしても甲子園では活躍してるはず…Kジローって今何歳なんだろう。

ドラフトが終わってるからノンプロから選手を取れないって話を
今まで何度も触れているので、Kジローがアマだったら
トーナメントには参加できないわけですが、そこらへんどうするんだろう。
実はもうどこかの球団に所属してるのかな?

●LUCKY STRIKE
センターカラー。
出てくるたびに顔だけ顔だけと言われ続けた川口くんが
観察と分析でマイケルからホームランゲット。
凄いとは思うけどオーバースローにスイッチしたマイケルと
一打席、たった4球で攻略しちゃうのは才能ありすぎだと思うぞ。
「たま〜に打つ」ってことは観察と分析をしてるのも「たま〜に」なのか?

●ガキ教室
野球部顧問編完結。
全てが解決した後に晶が過去を思い出す、ってのが
この漫画のテンプレであることを確認しました。
なんか晶が記憶喪失キャラみたいだなw
教務室での先生同士のダベりシーンが見ていて楽しい。

●ANGEL VOICE
うわああああああああ!!
今回は読んでて声が出そうになるシーンの連続でした。
ていうか最後のページで実際うわあああって言っちゃった。
これを止めるにはそれこそ意図的にファールでもするしかないんじゃ…
この時間帯で点取られたら絶望的なんてもんじゃないなー。

●シュガーレス
「今日ここで兼光さんを負かして
 フルヌードにしてやりますよ…!」

いやー最低のキメ台詞だな成瀬。

「負けたらフルヌードですよ!!」

なんで生駒まで「全裸」でも「素っ裸」でもなく「フルヌード」なんだろう…。

「かなわなくても届かなくても 壁を越えることをあきらめない
 フルヌードの自分の心から目を逸らさないのが 俺の覚悟です」

ああ…この為だったのか!!
っていやいや横文字だからカッコイイとか思っちゃダメだ!騙されてるぞ俺!
ここまで来たら最後の兼光の台詞も
「フルヌードになる気はないがな」で通してほしかったですw

●ファントムアトモスフィア
第77回新人まんが賞受賞作にして高橋良介のデビュー作。
何の説明もなく唐突に昆虫人間たちのバトル漫画が始まるというビックリ作品。
これが同人誌じゃなくて商業誌に載ったという事実にビックリですよ。
作者は巻末で「もっと面白い虫漫画をかいていきたい」と意気込んでますが
これ虫漫画だったのかよ!
虫漫画を名乗るなら「ベクター・ケースファイル」とまではいかなくても
「サバイビー」くらいは虫っぽさを残してほしいですね。

ファンタジー漫画として読めば虫人間のデザインは特撮っぽくて悪くない。
カマキリ女はもっとバカデカくて凶暴にしてほしかったな。
蛾であるヴァイオラが捕食者側の中にいてやたら強かったのは何故なんだ。
まぁ…せっかくデビューしたんだから
次はもっと分かりやすい作品にしてほしいです。あるいはREDに行くか。

●次号予告
バイオと星矢NDが連載再開。
posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

週チャン24号と25号のかんそう

3dbff6e24d059b1a60eb0a4d711d6a59.jpg92436d2703ba820d90f9092ab262623c.jpg

最近の週チャンは読んでてあんまり魂が躍動しません…
2号分まとめて書きたいことが思いついた分だけ。

・バチバチBURSTは表情に余裕のあるオールバックロンゲなニュー鯉太郎に
 まだ違和感がありますが、内容の安定感はさすが。
 新キャラのデブオタが空流に入門したら
 先輩モードの鯉太郎というまた新しい一面も描かれそうですね。
 弟子自体は不安な感じですが…。

・なんだかんだでバキ・浦安・ドカベンの三本柱が毎回読ませてくれてます。
 ドカベンは今が一番面白い時期だからかもしれませんけど。
 スーパースターズの決勝の相手が実在球団になるのは予想外でした。
 来るとしたら一球さんのいる楽天?
 なんにせよSS以外の試合は殆ど描かれないっぽいですね。
 タイトルが「範馬刃牙」になって300回目でようやく親子喧嘩の「終了りが近い」そうですが
 それってあと何年くらいで終わるのを見込んでるんでしょうか?
 しかしバキとドカベンが週チャンの誌面から両方いなくなる日は
 いつか確実に来るんだよな……来るのかな?そんな週チャン全然想像できない!
 浦安にプロレス畑からのそっくりさん(前田日明)が出てきて嬉しかったです。
 国会議員と橋友以外ではかなり久々ですよね。

・弱虫ペダルは御堂筋たち3人の叩き合いで結局誰も落ちないのかよ、と思ってたら
 そのままゴール前の叩き合いをすることになってもう何がなにやら。
 この漫画って先行する意味が鼻クソほども無いな…
 頑張って後から追いつけばいいんだから。

・ガキ教室は普通の漫画になりすぎ。
 小沢先生は淡々とした展開をじっくり読ませるのが上手い人ですが
 それは難破剛のように何かを背負ってるキャラがいる時に特に効果的なんであって
 主人公でもない普通の中学生同士でやっても
 そこまで話にのめり込めないなーと読んでて思いました。

・シュガーレスの成瀬とシャケって顔同じですね。

・ANGEL VOICEは得点が全く入らないのに面白い。
 敵側が10人になっても一方的な展開にならず緊張感を維持してるのがいいですね。
 そうなってる理由を説明してくれてるので読んでて納得できるのも好印象。
 的確すぎる解説で松田の天才ぶりを読者にアピールするのも上手い。
 負けた後に会場に残って解説やってたどこぞの本部とは大違いですわ。

・LUCKY STRIKEは少しずつ調子を上げてる感じ。尻上がりですね。
 健太の気持ちが敵味方問わず選手全員に伝播していってるのが面白いです。
 一方で健太自身が調子を上げてる理由が読んでもよく分からないのは残念。
 
・佐渡川先生と哲弘先生はお疲れ様でした。ハンザはまだ終わってないけど。

・別冊チャンピオンは米原先生によるココ続編(「始動」ってことは連載?)の発表で
 少しテンションが向上しましたが、
 毎号購読したいという気持ちにはなっていないというのが正直な所。
 今の週チャンへの期待値を下げているのは別チャンの存在がかなり大きい。
 実際読んでみるまで分からないけど現時点ではそういう印象です。

・次号分からは平常運転に戻ると思います。
posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。