2012年01月26日

週刊少年チャンピオン9号の感想です

03124.jpeg

気がついたらもうすぐ2月。

●ガキ教室
表紙&巻頭カラー。
「ナンバデッドエンド」の小沢としおが完全新作で週チャンに帰還です。
タイトルロゴに"TOSHIO OZAWA RRESENTS"と銘打たれてるのが印象的。
あとカラーページがCG塗りになってる?
相変わらずザックリとした塗り方ですが、
塗りムラがなくなったのでナンバ時代より見やすくなった感じ。

主人公は中学校に赴任したばかりの数学教師「片桐晶(かたぎり あきら)」。
全校生徒(と読者)に向けた自己紹介のセリフは
「年上のボインちゃんが好きな25歳です!!」
茶髪に黒スーツにピンクのワイシャツ、ネクタイは赤…ホストだコイツ!

第1話「カウントダウン」(なぜか本編中でタイトルコール)は
晶がどのような経歴だったかを「2年前」「1年前」「1ヶ月前」と
段階を踏んで描いています。3回の回想はいずれも校長と再会した場面。
最初はリーマン、次はホスト、最後はホームレス…
ホストの次は無職くらいで止まると思ってたので
そこまで落ちるか!と読んでて驚きました。で、今は教師と。
校長との最初の再会以前にも何かがあったようですが
それは今後明らかになってくるんでしょう。

そんな経歴を歩んできた晶なので教師の素養はもちろん無し。
教壇に立った最初の日に「お前らみたいな中坊が大嫌い」と宣言してしまいます。
教師ものの漫画でこの手の発言が出たら、普通は何か真意がある所なんでしょうが
コイツの場合は単なる素なんですよねw
教師という職も生徒も舐めきっている男が何をしでかすのか?

晶の見た目からの印象から「GTO」っぽいと思われそうですが
どこか哀愁を漂わせた雰囲気は独特のものがあります。
TVドラマ風という意味でのドラマチックな小沢節は今作でも健在。
晶の過去や問題児の存在など今後の伏線らしき要素もチラホラあって
続きが気になる第1話でした。
中分けのマジメくんはコマによっては女の子に見えるな。マツ毛長すぎ。

●弱虫ペダル
センターカラー。
観客の声援を受けて目立ちたがりの鳴子が速くなる話。
これがあの…燃え尽きる前のロウソクの炎は大きくなるっていうアレか。

●範馬刃牙
全てを出し尽くした刃牙が負けを認めようとしたその時、
範馬勇次郎の父親であり「勇次郎以前にアメリカに勝った男」である
範馬勇一郎が登場…って誰だよ! しかもなんか透けてるし!
「勇次郎」だから兄がいるんじゃないか、とは
以前からファンの間で囁かれていましたが、兄じゃなくて親父でしたか。
しかしピラミッドの壁画という前フリがあったものの登場が唐突すぎるなー。
刃牙が透けてる人の言葉に返事をするシーンはシュールでした。
霊体なのに存在感ありすぎだろ爺ちゃん。

●囚人リク
アサシンさん負けるの早っ!
そしてリクが主人公からヒロイン化。
全てレノマが最強すぎるのがいけないんや…。

●毎度! 浦安鉄筋家族
民ちゃんはホント出てくるたびに可愛さが増してるなー。
「キタキターッ」って言ってるコマなんか完全に美少女じゃないですか!
一方のネモッチは安定のウザさ。
「うるさーい この『沈黙』シリーズ」には笑いました。斬新な悪口だw

ノブは小鉄があかねちゃんに「ウンコ」と書いたメモを回すことには
疑問を持たなかったんでしょうかw そういう抜け方もノブらしいけど。

●侵略! イカ娘
相沢姉妹の回想コマに描かれた成人男女は一体何者なんだ…
つーかあの2人は昔から全く同じ髪型だったんですね。
服装も今と大差無いから単なるデフォルメ絵かと思った。

●ブラック・ジャック〜青き未来〜
クロエは救世主と聖母と超人が組み合わさった最強すぎるキャラだな…。
BJそろそろ起きろってマジで。オリキャラに漫画乗っ取られてるよ。

●空が灰色だから
ザ・鬱陶しい
オチがあるかと思ったら無かった。

●琉神マブヤー
「マジムンとか かわいいからかんけーなし!!」
やっぱりお前もそう思ったかユウw
いやお前ならそう言うと思ったぞ! だって哲弘漫画の主人公だもんな!
バトルというか内輪揉めがものっすごいグダグダで
そこもまた哲弘漫画らしかったんですが、
版権原作のヒーローものなのにいいのかなーとちょっと心配になりましたw

マングーチュは本当にただの可愛い女の子でしたね。
可愛いけど扱いづらいとか、何か裏があるんじゃないかと思ってたのにー。
マジムンたちには忠誠を誓うボスとかいないんですかね?

●聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話外伝
ジョーカは暗黒聖闘士に滅ぼされたデスクイーン島の一族の生き残りだった!

いやそれより実は女だったことの方がビックリだよ!
暗黒猟犬星座(ブラックハウンド)のユドさんが
せっかくひん剥いてくれたんですが、残念ながらセリフによる説明がなければ
「この胸元に描かれた線は何?」としか思わなかったでしょう…。
むしろサラシでも巻いて隠していた方が分かりやすかったかもな…。

●ましのの
6ページはさすがに短すぎる。
オチもオチと言っていいのか考えさせられるレベルでした。
ちょっと色々とギリギリな感じがする。

●シュガーレス
天下の往来で白昼堂々こんな暴力沙汰が行われてるとか
さすがに無法地帯すぎるだろ…誰か通報しろよ…と思ったけど
背景をよく見たら通行人すらいませんでした。じゃあ仕方ないね。

登場人物の住まいや身内の存在が殆ど描かれたことがないこの作品で、
「父親」という言葉が出たのはかなり珍しいですね。
マリモの過去に一体何が!? 触れるのが今更すぎる気もしますが…!

●さくらDISCORD
おや…この流れでは芽吹と丘でカップルが成立しちゃう?
そうなると島だけ余っちゃうね…。

●LUCKY STRIKE
試合に負けたら亀塚で唯一の真人間であるキャッチャー衣笠を取られてしまうのに
ド真ん中のストレートをボール扱いするクソ審判なんて立てられたら
何やっても勝ち目がないじゃん!どうする主人公!

「因縁もクソルールも関係ねえ 俺は気持ちよく投げてえだけだよ
 くぅ〜〜〜 ピッチャー最高〜〜〜」

うわ…この漫画クズと自己中しかいない…。
でも正直今までよりも読んでて面白いですw
ここから試合がどうなるか全く分からん。

●デザートローズ
主人公チームの次の対戦相手の試合なんてどっちかが即負けるくらいでいいのに
なんで両方に名前のあるキャラ立てたんだろ。
巻末に来てしまっているとは思えないくらい悠長に話進めてるなー。

●CTC
郁の「ベストショット」を描いたイラストの送り主のPNが素敵。

●次号予告
クローバーの重大発表があるそうです。
重大発表というと真っ先に思いつくのはアニメ化ですが
この作品ではそのパターンはちょっと考えにくいですよね。
じゃあ何だろ…ソーシャルゲーム化?
posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

週刊少年チャンピオン8号の感想です

03119.jpeg

●弱虫ペダル
巻頭カラー。
なんか最近は「舞台の原作作品」みたいな印象だな…manzoの顔初めて見た。
「恋のヒメヒメぺったんこ」は2番もあるのね。
歌詞の内容から察するに渡辺先生は世界観の設定も作ってそうなので
いつかスピンオフとして「ラブ★ヒメ」の漫画が読みたいですね。

本編の方は…今度死ぬのは鳴子かな。
全く話題に上らない京伏は今何をしてるんだろうか。

●範馬刃牙
ピラミッドの壁画は古代範馬文明の存在を描いているだけではなく
鬼の貌を持つ者が2人いて、かつ立場が異なっていることも表現しているようです。
兵器を向けられた方のは誕生時のエピソードから勇次郎なんでしょうけど
もう一方のそっくりさんは何者なのか?
可能性があるとしたらもう1人の鬼の貌の持ち主である刃牙なんですが…。

総理大臣がいつの間にか別人になっていたのには笑いました。
このまま親子喧嘩が続いてたらそのうち政権交代が起きてもおかしくないなw

●ブラック・ジャック 〜青き未来〜
センターカラー31Pで連載再開。
でもBJは昏睡状態のままでした…もう充分寝ただろ!起きてよ!

連載再開早々こんなこと言うのも何ですけど、
どのキャラがどの手塚キャラを元にしているのかを推測するのが
一番楽しい漫画になっちゃてるな。メルモは分かりました。

●バチバチ
このタイミングで回想シーンが入るとは…
吽形さん!死ぬにはまだ早いよ!

●ブラック・ジャック創作秘話 〜手塚治虫の仕事場から〜
4号連続特別掲載の最終回。
最後はちゃんとブラック・ジャックに関するエピソードっぽかったですね。
手塚先生が力を入れて描いていたというBJの苦悩の表情を
模写とはいえ再現した吉本先生は、
さぞプレッシャーを感じて線を入れたんではないでしょうか。
でも最後に載せる話にしてはオチが弱かったかな…。
ともあれ宮崎・吉本両先生、連載お疲れ様でした。いい作品でした。

●毎度! 浦安鉄筋家族
いつもの小鉄イメトレ回かと思ったらのり子との夫婦回だった。
のり子の脱いだジャージをその場で小鉄が着だしたシーンでは
あまりの衝撃に変な声が出ちゃいましたw
なぜ匂いを嗅ぐ! ヘンタイか小鉄ー!

●囚人リク
レノマが看守に合わせて世間話をしてるシーンが楽しい。
パチンコの連チャン回数自慢でほっこりしてる看守の顔がいいですねー殴りたいw

しかし完全にレノマが主人公だなぁ。
確かにレノマの方が能力高いし読者としても見ていて安心できるから
主人公で全然構わないんですけどね。
「フルアヘッド!ココ」のココとバーツのようだ。

●琉神マブヤー
マングースの女マジムン(怪人)「マングーチュ」は
えっちな本を見ても何とも思わないピュアハートの持ち主だった!
特撮番組の女怪人といえば残酷なキャラというイメージ(最近の傾向)なので
マングーチュの女の子女の子した性格には意表を突かれました。
見た目はセクシーで性格はカワイイ…理想のヒロインじゃないですか!
もうマジムンでもいいや!

●さくらDISCORD
「運命が繋がる」とか「世界が変わる」とか相変わらず表現が大仰な漫画だ…。
なんか魔王の手に落ちた仲間を助け出すために戦ってるみたいだ。
実際はクラスメートと仲良くなるために話し合いをしようとしてるんですがw
ノ宮さんだけ主体的に動いてないように見えるのが気になる。脇役っぽい。

●シュガーレス
「この世界から暴力がなくならないのは何故かわかるか?
 それは暴力が正しいからだ 進化の過程で正しくないモノは滅ぶ
 動物も植物も 売れないスナック菓子もコンビニの棚から消える
 必要とされるモノが残る 存在し続けることが正しさを証明している
 暴力も同じだ お前も残りたければアノニムに来い」

正門を勧誘する「暴力(メイヘム)」さんの口説き文句が
あまりにも名文だったので書き出してしまいました。
コンビニ云々の下りが特にいいですね…実にシュガーレスらしいw
漫画の連載も同じだよなー。終わらない漫画は正しいわけだ…。

こんなに熱心に口説いても正門には
「イタイ理屈を並べやがって」と断られてしまいました。一刀両断だな!
でもその後の「脳ミソごと宇宙の果てまで飛んで行けよ…!」ってフレーズも
ちょっとどうかと思うぞ正門。

●聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話外伝
3人の前に現れた新たな暗黒聖闘士、暗黒鳥星座の「リュゼ」は
アルバフィカに負けない美貌を持つナルシスト。
売られたケンカを買ったアルバフィカとの美人対決となりました。
男の顔を美人と表現すると凄くホモ臭くなるのでもう少し自重していただきたい。

なんか最近黄泉比良坂と現実世界を手軽に行き来しすぎてる気がしますw
少なくとも死の世界に落とされるという絶望感は感じなくなりましたね。
どうせすぐ戻れるんだろとか思ってしまう。

相手の顔面に拳を叩き込み、相手の拳を顔面で受ける
アルバフィカのヤンキーのような戦い方がカッコイイ!
やっぱりこの美人さんは男前キャラですな。

●ましのの
保健室の先生的にはノーパン女子高生はありふれた存在なの!?
普通の学校生活において女子高生がノーパンになるのはよくあることなのか…!?
なんでそうなるのか想像もつかない…女子にはまだまだ秘密がいっぱいだよ…!!

●LUCKY STRIKE
まさか2本続けてノーパン漫画が載るとは思いませんでしたw
そして雑誌の中では2本目のおもらし漫画。最近のチャンピオンおかしい!

小学生の男子がノーパンで(ソックスは着用)ホームベースの上で正座して
泣きながらおもらし… 前回の恒美ちゃんへのセクハラ描写でも思いましたが
こうサービスシーンが続くとアンケート苦しいのか、と勘繰ってしまいますね…。

しかし今回だけで恒美ちゃんのキャラ立ちすぎ。
今回初めて家庭環境がちょっとだけ描かれた健太や
今までチームで一番出番やセリフが多かったゴリラより
圧倒的に個性のあるキャラになったと思います。性別抜きにしても。
この漫画に一番欠けていたのが個性の表現だと思っていたので
これでやっと面白くなってくるかな。

●りびんぐでっど!
弱気になってる水森さんをポケットの中のこっくりさんが
励ましてるシーンが良かった。ていうか小銭が鳴っただけなんですけどねw
しかし遊園地でダブルデートとかすっかりラブコメ漫画ですなー。

●行徳魚屋浪漫スーパーバイトJ
草食系メガネ男子な副店長、イムラさんが登場。
まるで新キャラ投入でテコ入れしたかのような人事だ。
店副と副店ならやっぱり副店ですかね?
まったくNJもあざとい漫画描くようになったもんだ!汚れちまったな!

●CTC
三峰徹氏と10歳未満の女の子のイラストハガキが同時に載る読者投稿コーナーは
宇宙広しといえどCTCだけ!

●次号予告
小沢としおの新連載が表紙&巻頭カラーでスタート。待ってました!
先生が主人公の漫画はチャンピオンでは珍しいですね。

●目次
先生方の懇親会だか新年会だかへの参加報告が読んでて楽しい。
編集後記で函館の様子をイカ娘に見せたいと言ってる人がいたけど
一番連れていっちゃいけない街だろ!
posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

ヤングチャンピオン烈 No.2

03117.jpeg

今回は「ばくおん!!」と「メイデン/エイド」が休載。

●表紙&グラビア
小池唯さん。
ゴーカイジャーのアイム姫をこんなエロ本にお呼びしてしまって恐縮です…。
特撮ヒロインってグラビアアイドルの武器になる肩書きなんだなー。

●彼女の鍵を開ける方法(中田ゆみ)
巻頭カラー。
今回の事案は広瀬が無修正のエロDVDを見ていたことが発端なんですが
見ていたこと自体は問題にならないんですね?

自分は男なので今回早嶺と委員長がしていたことは実際にありうるのかを
男同士に置き換えて考えてみたんですが…ない!ありえない!
見られてるのを意識してドキドキしたりなんてしない!!

●trash.(山本賢治×D.P)
グンゼさんの最期のセリフは「大悦楽号」でした。
その1つ前は「クリスティ」。

中村くんが死んでしまったのは結構ショックです。
以前モツ丸出しで吊るされてた少女は生き長らえてたので
今回も大丈夫なんじゃないかと思ってたんですが…
死に際はかっこよかったぞ。合唱。

ニクカイジャーの雇い主の友達が竜胆学園の制服を着ていた、ということは
雇い主本人も同じ学校の生徒なんでしょうね。
それが誰かはまだ分からないし美能子を狙う目的も不明。
ヤクザの組長が命を狙われるのは自然なことではあるんですが
カタギらしいというニクカイジャーのスポンサーは何が目的なのか?

ニクカイジャー最後の1人が童友、というのは苗字の段階で推察可能だったのか!
でも前に描かれた5人目はストレートの黒髪ロングだったし
初登場の頃は1人でニクカイジャーに怯えてたから部外者だと思ったんだよなー。
ポーラの「奥の手」は普段隠れている童友のもう1つの人格を引き出すこと?

山本賢治先生、漫画家生活19周年おめでとうございます。
今回の「さつじん!」を見るとそろそろご本人の作画復帰もいけそうな気が…。

●NIGHTMARE MAKER(Cuvie)
内田が夢見マシンを使っても悪夢ばかり見てしまうメカニズムがついに明らかに。
現実世界でフラれ過ぎているので、どれだけ幸せな内容の夢を見ても
潜在意識で自ら否定してしまうからだそうです。なんという悲しいヤツ…w
そしてその現象を応用して夢見マシン離れを促すのが今回の作戦だったと。
渡会さんの野望も一皮剥いたら内田とのラブラブちゅっちゅな妄想に過ぎず
灯明は灯明で内田に急に告白しだすし、茅野先生は全力で茅野先生でしたw
そろそろ物語も終局に向かっているようですな。

●ヴォイニッチホテル(道満晴明)
4ヶ月ぶりの掲載だそうです。長かった…。

処女喪失したエレナがすっかりインラ…ラブラブモードになってますね。
クズキは女の子の扱いに慣れすぎだけど妙に爽やかなので許せる。
結ばれた2人はとても幸せそうですが、
話自体はこの後どう転んでも誰かが不幸になりそうな流れなので読んでてドキドキ。

●ブラック・ジョーク(田口雅之 協力/小池倫太郎)
ジョブズ追悼ネタは一気に消化された感があるので
今見るとやや陳腐に思えてしまう。流行って残酷。

今回からの新展開は「バトル・ロワイヤル」と「LIVES」(REDでやってた漫画)を
足して2で割ったような、非常に田口先生らしいノリだと思いました。

●性食鬼(稲光伸二)
今後開発される新しい強化服によっていずみがパワーアップする流れに。
ヒーローものの王道ですね!
今回の強化服が無い状態での着ぐるみとのバトル(手コキで勝利)も
その後のパワーアップイベントを強調する布石っぽい。
こういう展開はやっぱりワクワクしますねー。
たとえそれがエロッスアクションでも!

●すもものおもちゃ(すもも×ユウコ・フランソワーズ)
リニューアルしたら取材は多くなるわ漫画は続き物になるわ
ずいぶんパワーアップしましたねー。

「オナニーしてないとか言う子はダサいしイケてない」byすもも
名言いただきました!
でもオナニーしてる子と言う子はイケてるかというと…
まぁしてるんだからイケてるんだとは思いますが…。

●ゴッドサイダーサーガ神魔三国志(巻来功士)
「しかしなぜだ?己が腕より流星を出現させることができるとは」
「やつが出現させたのは(略)一万度の隕石と同じものなのじゃ」
ふーん…いやいやどうやって隕石を出したか聞かれたのにその答えはおかしいだろ!
解説する内容が間違ってるよDr.パルソーゾ!
それとも分かる人にはどういう意味なのか分かる内容だったんでしょうか?
流星を隕石と言い換えたのは空上人との繋がりを示唆しているとか?

あとなんか知らんけどサガが復活しました。
見開きでかっこよく変身した後にハットリに向かって一言、

「母さんはボクが助けるよ…だから君は強い敵と戦って…」
主人公がまさかの美味しいとこ取り&強敵丸投げ宣言w
もうハットリが主人公でいいや!

●瀬口たかひろの美少女ハッケン!
今回の美少女は周防ゆきこちゃん。
職業は…AV女優。最新作のタイトルは「おしゃぶり生徒会長」だそうです。
このコーナーはホントなんでもありですねw
AV女優だからイラストも全裸。こんな当たり前のことも最近じゃ珍しい…
ヤってるくせにセクシーアイドルなんて誤魔化しちゃダメだよな!

●お気に召すままご主人サマ(いとうえい)
センターカラー。
隣のページでコラボヌードグラビアやってるセクシーアイドルの希崎ジェシカさんが
メイドコスプレなのに顔が超真顔で見ていて怖い。リンの笑顔に癒されます。

カノエとはるかの有能メイド同士によるバトルが勃発するかと思いきや
ドSとドMの組み合わせだったので戦いは起きませんでしたw
平和なのは結構ですがヒールでピンポイントに穴を蹴るのはやめてあげて!

●A.C.D.C.II(CIRCUS×かゆらゆか)
最終回。かゆらゆか先生お疲れ様でした。
今更ですけどD.C.IIIって18禁じゃないんですね。

●鬱ごはん(施川ユウキ)
今回のごはんはコンビニの中華まん。
今までずっとその回食べるものがサブタイトルだったんですが
今回のサブタイトルは「ジョギング」。

深夜にジョギングしたくなる心理は自分も分かります。分かってしまいます…。
体育会系の人を見下したりはしませんけどw

夜道でコケた時にまず人目を確認して「見られていないからツイてる」と思ったり
腹が気になってジョギング始めたのに帰りに「厚切りチャーシューまん」買ったりと
鬱野くんらしい所は色々ありましたが、なんといってもオチに持ってきた
「コンビニの出入り口でコケてチャイムが延々と鳴る」が素晴らしかった。
そのコンビニがファミマというのがまたポイント高いですw
いい大人がこんなことで泣くな!!

●青春ポップ!(北河トウタ)
今回は姉も巨乳メガネも出番無し。
では誰が出てくるのかというとー…向井亜美ちゃんでした! 誰だっけこの子。

いつ以来か知れないほど久し振りの亜美メイン回は
当然のようにエロスシーン無しではありましたが
妹キャラらしいウザさと可愛さを堪能することはできました。
たまにはこういうのもいいよね。たまに、だから楽しめたのかもしれませんが…。

●ブラックフィスト(ドリル汁)
前号で予告されてなかった読み切り作品。
烈初登場となるドリル汁はその名の通り汁多めのエロ漫画を描いてる人ですが
一方で特撮チックな設定やアクション描写も多く、
今作はそちらの面が強調されたものとなっています。というかエロ殆ど無し。

作者がカッコイイと思うものを詰め込んだ漫画なんだろうなーというのが感想です。
「カッコイイ!」という素直な感想にならなかったのは
キャラや演出がちょっと突き抜けてて、こちらの気持ちが一歩引いちゃったから。
作品全体に漂う'90年代後半っぽい雰囲気が読んでて気恥ずかしかったです…。
この漫画に出てきた脇役のヒゲのおっさんを見て
「これ草薙柴舟じゃん」と思った人なら共感してくれるんではないかと!

アクション1つで勝負してきたんだと思うんですけど
エロの保険もかけてほしかったかなー。
おっぱい成分が敵怪人の嬉しくない複乳しかないって…大きかったけどさー。

●死にたがりのかなちゃん(琴葉とこ)
うん…元に戻っちゃったな。
絵は可愛いと思うんで一度でいいから鬱陶しくない漫画を描いてほしかった。

●抱かれたい道場(中川ホメオパシー)
オナラとドラッグが出てきたおかげで
非常に中川ホメオパシー先生らしい作品となっておりました。
屁の臭いを消す薬に幻覚を見せる副作用があるって強引すぎだろ!
絶対副作用目当てで売れてるよこの薬!

●次号予告
雑君保プの新連載がスタート。
だからどのルートから作家を呼んでるんだよこの雑誌は!

「セクシーソフトメーカー」って何のことかと思ったらAVメーカーか。
エロゲーやエロ漫画を美少女ゲームとか美少女漫画と表現するみたいなもんですね。
やってることは同じなのに言い回しだけ違うってなんだか不思議。
posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | YC烈感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。