2011年12月20日

ヤングチャンピオン烈 No.1

03102.jpeg

今月号は「彼女の鍵を開ける方法」、「ブラック・ジョーク」、
「ヴォイニッチホテル」、「ばくおん!!」と、レギュラーがなんと4本も休載。
ちょっと前は「安定感がありすぎて面白味に欠ける」などと言っていましたが
いざこうなると結構動揺しますw

●trash.(山本賢治×D.P)
巻頭カラーで季節外れの水着。胸は小さいけどお尻は大きいんだなマイン。

グンゼはフレンドリーファイアで胴体真っ二つ(でも生きてるし喋る)、
ポーラは右腕をフランキスカでバッサリ、
戦車砲使いのエーダイはバレットのスナイプでモツ出し&ヘッドショットと
今回だけでゴッソリとケリが着きましたね。るしあって狙撃もいけるんだな。
でもポーラが奥の手がどうこう言ってたし、
「さつじん!」でも言ってた5人目のニクカイジャーがまだ出てきてないので
もう一波乱あるかもしれない。

プロダクションノートではまた山賢が何かに対して憤ってました。
好き放題やってるように見えて実は修整やダメ出しが色々あるんでしょうな。
やらせてやれよと思いつつ、実際目にしたら「これはダメだろ…」ってなりそうw

●らぶゆ!(東鉄神)
零司登場に端を発した全裸バトルが遂に決着。
良かった…逮捕者が出なくて本当に良かった…
でも世の中的にはコイツらが一斉検挙された方が良かった気がするw
「見てください!みんなあなたのために戦っているんですよ!」と言われて
あんなもん見せられても、そもそも戦ってるように見えないから!
しかしこんなイカレた状況に誰もツッコミを入れないのは
この漫画にはマトモな頭をした人間が1人もいないということか…
「trash.」と同じカテゴリーだな!これからはそういう目で見ることにします。

●お気に召すままご主人サマ(いとうえい)
ここ最近単発の日常話が続いていたと思ったら今回の冒頭で急転直下。
関谷はイヴに拉致されリンと離れ離れに…。
前回のラストで今回への引きがあったらこの急展開も受け入れられたんですが
これはどう考えてもそろそろクライマックスがやってくる流れだよなー。

イヴが色仕掛けしてきても「何故エロいことを」とか言わなかったな関谷。
慣れって怖いですね。

●性食鬼(稲光伸二)
いずみの子宮が大きめのコマでどーんと描かれてしまいました。
まぁCGだからセーフだな、と思ったのも束の間。
クスコで拡げられた子宮口がさっきのコマより大きくどどーんと!
そっかー内側だったらどれだけ描いても無修正でOKなんだな。

医療行為をしているだけの深大寺とエロいことで頭がいっぱいないずみとの
考えのギャップが面白かったです。

●抱かれたい道場(中川ホメオパシー)
2本立ての1本目。舵原先生がバナナを咥えこんでる絵面がすごく気持ち悪いw
美月ちゃんが舵原先生をヘンタイ扱いしてましたが
そんなヘンタイに師事してて大丈夫かノボルくん。超今更ですけど。

●NIGHTMARE MAKER(Cuvie)
サブタイトルは「ナイトメア・メーカー」。
内田の言っていた「最高で最悪の夢」とは、
最初に良い気持ちにさせて後からそれを覆す…持ち上げて落とす夢でした。
いきなり悪夢を見せるよりもダメージでかそう…確かに最悪な夢かも。
でも夢の中で後から見せられたものは、
どれも自分が心の底で本当は分かっていたことなのかもしれませんね。
夢に逃げこみたいと思っていた人にとって一番辛いのは現実ってことか…。

やっぱり渡会さんは道化にされてしまいました。
まぁロクなこと考えてなかったから同情なんてしないけどね!

●A.C.D.C.II(CIRCUS×かゆらゆか)
こちらも急展開、そして次回でクライマックス。
全30話となれば連載期間は2年以上。タイアップ漫画なのによく続いたなー。

●もう一人(高野昂)
特別読み切り。
謎の作家「高野昂(たかの こう)」の正体は
アダルトゲームの原画家「天原埜乃」の新名義、でした。
公式サイトによると第42回ちばてつや賞の優秀新人賞を受賞しているらしく
元々は漫画家志望だったようです。どうりで色々こなれているわけだ。
この雑誌はどういう人脈を使ってこういう人を連れてくるんだろう…謎すぎる。

主人公は15歳の少年。高校1年生かな。
母1人子1人という家庭環境からか、もし自分に姉がいたら…という妄想をしては
だらしない顔で床をゴロゴロ転げまわるごく普通の男の子です。
姉に憧れるあまりにセーラー服を通販で注文して
それを着た自分を鏡に映して「お姉ちゃん なぁに?」などと一人芝居をする。
思春期の少年ならよくあることですね… いやいやねーよ!!アホか!!

全体を通して読むとサスペンスタッチな雰囲気の漫画なんですが
主人公の行動があまりに不自然でそこばかり気になってしまいました。
こういう展開に疑問を持たないのは女装漫画を読み慣れてる人だけだから!
烈読者はもうちょいノーマル寄りだと思います。週チャンやREDならまだしも。
でもたまーにこういう漫画が載るのもまた烈らしさではあるんですよね。

●瀬口たかひろの美少女ハッケン!
今回の美少女は初の声優、橘田いずみさん。
確か橘田さんは餃子キャラの人だったと記憶しています。
瀬口先生も本分で「カラダの8割が『餃子』」と説明してますね。
そして「アタマの8割は『百合』」なんだそうです。そっちは知らなかった。

●メイデン/エイド(恩田チロ)
センターカラーでミニスカサンタしをん。
胸よりもパンチラを優先した構図ですね…個人的にはふともものアップが嬉しい。

本編は久々にオカルトな話でした。
体の中から謎の玉を取り出し、一斗にそれを飲み込むよう指示するしをん…
こんな除霊の仕方初めて見たよ!内服薬か!

無能力な副部長和久さんのお姉さん、雲母さんの過去が冒頭で描かれてましたが
なんかあからさまに怪しいですねこの人。
勘当されて行く所がないから天神原家に来たって、本当かなー。

●ゴッドサイダーサーガ 神魔三国志(巻来功士)
本来の主人公、サガが何話ぶりかに目覚めました。
覚醒後初の言葉は「オッパイ」。目の前にあったんだから仕方ないね。

ハットリのパワーアップの仕方が'80年代のアニメっぽい。

●抱かれたい道場(中川ホメオパシー)
2本立ての2本目は開幕女装。
女心を理解するには自らが女になりきればいい、とは舵原先生のお言葉。
でも先生、明らかに女装に慣れてないですよね…思いつきで行動してません?

遠隔愛撫(リモートペッティング)って男にも効果あるんですね。
最後の1ページのテンポの良さが読んでいて気持ちよかった。

●ヒメの世界(ツカモリシュウジ)
ヤングチャンピオンコミック大賞受賞者の初掲載作品。
要はヤンチャン出身作家のデビュー作です。
22ページの中にHシーンが3回も描かれるという気合いの入ったエロ漫画でした。
なんでヤング誌に応募したんだろう…と思わないでもないですが
烈という雑誌に合った内容なのは間違いない。
でもヒロインのキャラは自分には合いませんでした…。

●青春ポップ!(北河トウタ)
久々に実姉のターンが来た今回ですが、あそこまで行って何もナシか…
でも最終回には最後まで行くような気がする!
それが雑誌に載せられるかどうかは分からない!
載せられたとしても仄めかす程度の描写だったらいらん!

そこまで近親エンドが見たいのかって言われると
別に小島さんとのゴールインで終わっても全然構わないんですが
可能性があるなら期待したいなーと。そんな感じです。
とりあえずハッピーエンドならそれでいいです。まだ続くと思いますけど。

●鬱ごはん(施川ユウキ)
今日のごはんはフライドチキン。場所はクリスマスイブのあのチェーン店。
パーティーバーレル予約客の行列に「勢いで並んでしまった」鬱野くんが
店内でとった行動は…チキン6個を一人で、店内で食べる!
しかも行列客の目の前で! うん…それでこそ鬱野くんだw

「クリスマスなんて心底どうでもよくなってくる」とか言ってたけど
むしろ大いに意識してるからそういうセリフが出ちゃうんでしょうね。
クリスマスを意識していない自分を演じる為にわざわざ行列に並んで、
ありもしない他人の目に押しつぶされて自爆する…
多感な少年ではないけれど、別の何かにはなってしまったな。

●僕はまんが家(琴葉とこ)
単発穴埋め漫画かと思ってたのにもう3号連続で載ってる…。
今回は今までの死ぬとか殺すとかそういう要素が一切無い、
漫画家と担当編集者の話でした。
主人公がウジウジしてるのは同じですが、話の内容はグッと現実的になり
今までで一番読みやすかったです。現役女子高生の描く話じゃない気はしますが…。

漫画家と編集者の関係がBLっぽい。

●いいなり・彼女(片桐兼春)
タイトルから犯罪の匂いが漂ってますが
デート成功の為に姉のムチャな指示に従う妹さんの話です。
どうムチャかと言うと、色気を出す為にノーパンノーブラで行けとかそんなの。
ただの痴女じゃねーか!

セックスアピールのセックスの所だけアルファベットで書く人って
あんまりいませんよね…。なんか違う意味に思えるw

●次号予告
道満晴明と琴葉とこの漫画が同時に載るようです。
いつのまにかレギュラー作家になってる?
posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | YC烈感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

週刊少年チャンピオン2+3号の感想です

03097.jpeg

今号はクリスマスネタがやたら多かったんですが
読んでて焦りを覚えてしまったのは何故なのか…。

●侵略! イカ娘
表紙&巻頭カラー。
表紙の裏の広告にもイカ娘が(でも下部には武装戦線)。

表紙はサンタイカ娘で本編はメガネイカ娘とはなんというあざとさ!
メガネっ娘のイカちゃんを見て早苗と同じ反応をしてしまうとはなんたる不覚…。

知恵の輪の解けないイカ娘をバカにしてた栄子ですが
そういう栄子も普通に解けない気がしますw

●囚人リク
リクがレノマと覚悟を決めあって、ついに「最凶刑務所脱獄記、始動!!」
連載開始から1年はかからなかったけどここまで長かったなー…。
刑務所の中でレノマという超強力な味方を得るには
それだけの時間を費やす必要があったというのは理解できますけど。

お互いの腕から流れる血を飲み合うシーンは濃厚すぎ。
これで引かなかった腐女子だけがリクレノのホモ漫画を描きなさい!

●弱虫ペダル
センターカラー。カラー扉の裏では舞台版での箱学メンバー役を紹介。
福富が「仮面ライダー剣」でカリスやってた人なので
顔見ただけで笑ってしまうw いやカッコイイんですけどね。
荒北役の人は「ディケイド」の剣の世界のブレイド。ライダー率高いな箱学。

今回は田所先輩が死ぬ前の走馬灯を見せる回でした。
箱学だけじゃなく総北も死亡イベントが始まりましたねー。
向こうは死んでから思い出話が始まるけど、こっちは回想が先なのでそこは違うか。
まぁまだ田所っちが脱落すると決まったわけじゃないんですけどね…。
やっぱり山では巻島先輩が死ぬんだろうな。山頂で。

●範馬刃牙
刃牙が勇次郎に決めた虎王の威力は凄まじいらしく
独歩やオリバ(いつから見てた)の目から見ても決定的な一撃だったようです。
んー…読者的にはちょっと共感できないなー。

虎王という技が勇次郎をも倒せるほどの超必殺技であり
刃牙はそこに勝機を見出していたってことが事前に作中で描かれていれば
「ついにあの技を当てた!これならマジでいけるかも!」となったと思うんです。
漫画の必殺技って出るまでの準備(説明とか習得とか)をして
説得力を持たせて初めて機能するものなんではないかと…。
いきなり出して説得力バツグンだったキン肉バスターは奇跡のような存在ですよ。
せめて虎王が必殺技として認識されている「餓狼伝」と世界観を統一していれば
どれくらい凄い技かという説明を省略しても違和感は少なかったかもしれません。
自分が細かいことを板垣漫画に要求しすぎなのかなw
今回のコレで2つの作品世界が繋がったと思っていいんだろうか。

ここまで虎王という技について色々語った上で実も蓋もないことを言ってしまうと…
これで勇次郎を仕留められるとは思えないですw だって勇次郎だしw

●バキどもえ
梢江の顔芸ここに極まれりッッ
猫の「ニャオラッ」と「チェリアア」はこの漫画のネタで一番笑った。

●バチバチ
白水がゴリラ張り手を放てば鯉太郎はブチカマシを返す!
一発当てたら一発、ひたすら続く打撃のリレーは
言葉無くとも観る者に感動を与え満員の両国国技館は大歓声に包まれます。
この光景に似たものを、過去に一度だけ見たことがあります…
東京ドームでの小橋と健介による逆水平チョップ合戦がまさにこんな感じでした。
やっぱりこの漫画の相撲はプロレスだわ。それも極上の!

張り手で両目が塞がり暗闇に包まれた鯉太郎に向かって
大声を出して自分の居場所を知らせる白水がもう、カッコ良すぎです。
「鯉太郎!」とただ名前を呼ぶだけなのがまたいい。シビれるわー。
こんな立ち回りされたらそりゃ鯉太郎も親父に白水さんのこと報告しますって。

あまりに盛り上がりすぎて次が最終回のような気がしてしまいましたw
でもここで完全燃焼するのも悪くないか…なんて。嘘ですけど。

●聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話
途中にカラーページが挟まるパートカラー。
黄泉比良坂で瞬が亡者の中に星矢がいるのを見つけた場面がカラーでした。
連れ戻そうとした瞬に沙織さんがしたアドバイスは「まだ大丈夫だからほっとけ」。
そんなことを言う為に黄泉比良坂まで電波飛ばしたんかい!

双児宮ではアベルがカインの善の心の裏側を看破中。
カインは実際には「俺の中のアベルが…」みたいなことやってるんだろうけど
イケメンで強いから中二的言動が絵になるんですよね。ズルいよね。

桶が壊れると黄泉から帰ってきちゃうのかよ!
あれって粋な演出じゃなくてちゃんと意味あったんだw
ということは桶に入れないと積尸気冥界波は使えない…!?
デストールさんは口調がアレな上に性格もまったり気味で緊張感が無いので
なんだか悪い人に見えなくなってきました。
巨蟹宮に入る者は誰であろうと排除してるってことは
職務を忠実にこなしてるわけだし、なによりマジメに桶を作ってるのでw

●毎度! 浦安鉄筋家族
ノムさんが晴郎の服の中に入るという衝撃的な事件から1年…
今年も再びノムサンタの季節がやってまいりました。
おばさんが晴郎のことをおデブおデブと名前で呼ばないことにムッとしたり
タイミング悪く激痩せした晴郎を見て肩に乗れないことを残念がったり
「こっちの方が男前なり?」という晴郎にぷいぷいと首を振ったり
もう完全にノムさんの心を奪ってるよ晴郎! 死ね!!
しかし太った晴郎を見た時のノムさんの嬉しそうな顔…かわいいな…。

あのオチには度肝を抜かれました。あれは卑怯すぎるわー。
浜岡先生が本気だしたらちょっとやそっとの萌え漫画じゃ太刀打ちできないッスね。

●琉神マブヤー
沖縄の守り神であるシーザーが町から次々と消え、人々もシーサーを忘れてしまった!
「これは…マジムンのしわざだ…間違いない」
おお、すごく変身ヒーローものっぽい話の流れだ!

シーサーはマブイストーンによって封じられてしまったそうです。
守り神を封じるとはずいぶん強力かつ物騒な石だな。
バンダイがマブヤーのスポンサーになったら
マブイストーンを集めて組み合わせるとフォームチェンジする…
みたいなギミックが搭載されそう。

●さくらDISCORD
そうだ…それでいいんだ!
この漫画は甘酸っぱめのラブコメ路線が一番合ってる!
あとは丘にもうちょっと出番を…。

●ANGEL VOICE
「あれは…3人でやる練習だからな」
表情をひとつも変えず当たり前のようにサラリと言う乾さんがかっこよすぎる…
言葉はぶっきらぼうだし口数も多くないけど
その少ないセリフからマイちゃんを思いやる温かい気持ちが伝わってきますね。
広能は表情からすごく感情が伝わってくるw

●ドカベン スーパースターズ編
獅子十六のプロ初マウンドは150キロの直球を打たせて殿馬を一球斬り。
ひょっとしてコイツはプロ野球編以降に登場したオリジナル選手で
最もハイスペックなんじゃないだろうか…。別の漫画の主人公に思えてきたw
Kジローがプロ入りしてたらこんな活躍の仕方をしてたのかもしれないな。

●聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話外伝
新章の舞台はヴェネチア。
登場するのはスリを生業とする身無し児(本文ママ)たち。
そして主人公は蟹座の黄金聖闘士、マニゴルド!
初回でいきなり聖闘士でもないチンピラの魂を亡者に引き出させて殺すという、
実にマニゴルドらしい活躍を見せてくれましたw

外伝で毎回黄金聖闘士が子供と絡むのは
黄金聖闘士を子供たちのヒーローとして描いている、という側面もあるんでしょうかね。
マニゴルドさんはヒーローというには笑顔が邪悪すぎる気がしますが
ダークヒーローとかアンチヒーローって言葉もあるからまぁいいのかw

●LUCKY STRIKE
大会ナンバーワン投手の呼び声高い澤村を相手に
打撃バカ集団の亀塚ナインは…なんと3回までパーフェクトに抑えられてしまう。
おいおいおい!お前らは守備意識ゼロでも勝てるくらいの打撃が身上なのに
それが通じなかったらもうどうしようもないじゃん!
8点も取られてるから今更江夏が登板してもどうにもならないし。

打開策があるとしたら大振りをやめて確実に繋ぐ野球をするって感じかな…
あとそろそろ亀塚リトルに打撃バカが集まったいきさつを知っておきたい。

●ましのの
電飾バリバリのクリスマスツリーを準備する話なんて
今年くらいはやめておけばいいのに、と思ったけど
自家発電で賄うことになったからまぁいいか。

イベント帰りの榊さんたちの格好のリアルさの方が印象に残りましたw
雪村さんの私服が意外と可愛らしい。

●デザートローズ
日ノ本蓮さんが投げるたびにやたら発光して腹筋に悪い。
なんかね、迫力の出し方があらぬ方向に行ってる気がしますよ!
でも松坂とかダルビッシュが投げたら打席からはこんな感じに見えていたのかも。

試合は1回が終わった所で豪雨に見舞われ、止みそうにないので中止に。
まぁ中止を告げた会話の途中に止んだんですけどね。
お互い見せたいものは見せたって感じだからいいんじゃないでしょうか。

郁は全てのコマできょとんとした顔してましたね。
かわいいんだけど何考えてるんだかやっぱりわかんねー!

●シュガーレス
ランブル1トーナメントは結局あれで中止になったそうです。
あの乱入は最初から予定通りだったのかな?
1回戦が美味しい組み合わせばかりになった続きを描くつもりがなかったから、
と考えるとデタラメなようでいて筋は通ってるか。
でもあそこでシャケが来た理由はさっぱり分からん…シャケなら仕方無いかw

大会を潰した暴漢軍団は「匿名(アノニム)」というんだそうです。
各自がハンドルネームのような名前を名乗ってるのはネット経由で知り合ったから?
ナンバデッドエンドの終盤を思い出すなぁ。

●りびんぐでっど!
季節ネタを大切にする漫画なのでもちろんクリスマス回です。
そしてもちろんサンタコス姿もお目見えするわけですが、
なぜもなこよりもお母さんの方が力を入れて描かれているのか!
年増好きにはそう見える? いやいやお母さんはサンタコスが2種類もあるし
谷間をアピールするかのようなコスを着てたりしてるんですよ!
家族しかいないのになぜアピール…もしやお父さん向け!?
性なる夜ですってェ〜〜!!?

もなこの人形プレゼントはハートウォーミングで良かったです。
こういう思い出の積み重ねが後々効いてくるんだろうな…。

●鈴木華子ちゃんの反乱
窓ハルカ再登場。
読みきりなのに掲載時期をバッチリ把握したかのような季節ネタにビックリです。

●木曜日のフルット
表紙含め今号だけで6本載ったクリスマスネタ漫画はフルットで締め。
夢のあるクリスマスとサンタクロースで現代社会の歪みを描く、
風刺…ってほどでもないだろうけどちょっと知的なお話しでした。

●CTC
最後の最後にもう1つクリスマスネタが!
倉富さん扱い悪いな。あんなキモいのにトナカイ役を奪われるなんてw

●次号予告
合併号なので次週はお休みです。
「このマンガがすごい!2012」で第1位に輝いた
「ブラック・ジャック創作秘話」が次号から4号連続で登場。
続編の掲載は前から予定されてたんだろうけど絶妙なタイミングだなー。
永井豪の話がメインになった時はもうネタ無いんじゃないかと思いましたが
壁村編集長の話ならまだまだ描けそうですね。…いや描けるかなw
posted by ばば at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤングチャンピオン烈 No.12

03079.jpeg

ばくおん!!の単行本が出るか出ないかがそろそろ心配になってきました。

●性食鬼(稲光伸二)
巻頭カラー。
いづみはトイレで声出しながらオナニーをし、
国領先生は女子生徒に2人がかりのフェラチオをさせたり
部下の着ぐるみ宇宙人に慰みものと化した女子テニス部キャプテンをくれてやったり
同じく部下らしい女子生徒にご褒美を与えたりと、
どこに出しても恥ずかしくないエロ漫画っぷりでした。

国領は着ぐるみ宇宙人のリーダーなのかと思ったらどうも普通の人間のようですね。
ここに至るまでに何があったんだ。

仙川さんのばろーん顔が可愛かった。でも「ばろーん」って何?

●ばくおん!!(おりもとみまな)
ばくおん!!の小部屋のゲストは羽音の妹の由女(ゆめ)。
現在中学3年生で、高校は「お姉ちゃんと同じ丘乃上」に行こうと思ってるそうです。
うん、まあ、よくある話ですね。進学したらこの子もバイクに乗るんだろうな…。

丘乃上女子高の校長先生が初登場。
見た目が妙に若々しい女性の方でした。なんかどこかのメイド育成学校みたいだ。
その校長は来夢先輩と20年前に同じバイク部に所属しレースに出場していたらしい…
というわけで今回は来夢先輩の過去(とフルネーム)が初めて明らかにされました。
校長の「あなたはずっとそこにいたのね」というセリフで
来夢先輩は実は自縛霊なのかと思いましたが、
なんのことはない単に20年前からずっといただけでした…いやそれもおかしいだろ!

20年前のレースに悪徳ディーラーとその常連客が参加してたのが面白い。
恩沙と凛の凸凹コンビは親の世代から縁が続いてたわけだ。
2人ともバイクに関して優秀な人だったのはちょっと意外w

凛はスズキネタ抜きでもキャラが立ってるので本編で一番目立ってますね。
ツンデレでツインテでツリ目で巨乳と、殆どまとめお嬢様そのまんまだから当然か。
恩沙抜きを「モジャりっ気無し」と表現する言い回しはツボに入りました。

●NIGHTMARE MAKER(Cuvie)
夢見マシンを壊す前に遠隔操作によってみんなに最高の夢を見せて終わりにしたい――
内田の提案したその計画の裏には、渡会さんとの共謀が。
社会にとって有益な人間を選定し、
選ばれた人間は救い、それ以外の人間は夢の世界に堕とす…
誰が有益であるかは渡会さんの主観による判断に任せてしまいました。
そんなことしたら内田以外の全員を堕とすぞこの人。

一方で正ヒロインの灯明さんは内田に「信じてるよ」という言葉と共に良い笑顔。
この場面は左ページに灯明の笑顔、右ページに渡会さんの邪悪な笑み、
その真ん中にとぼけた顔した内田がいるという
今後の展開を占うかのような構成になってるのが面白いです。
内田がどちらの期待に応えるかは…まぁ言わずもがなでしょう。
渡会さんにあんなこと言って何をどうしたいのかは気になるところ。

茅野先生の出番は3コマだけだったけどナイスおっぱいでした。
「教師生命も風前の灯」って、まだ消えてないのが凄いわw

●すもものおもちゃ(すもも×ユウコ・フランソワーズ)
女子のオナニー派閥に「立ち派」があるのが俄かに信じがたい。

●ブラック・ジョーク(田口雅之 協力/小池倫太郎)
ジョニー編最終回。
今回入った回想でようやくこのキャラが
本誌連載時に登場していたことを思い出しました。
単なる爺さんを酔拳の達人だと思って赤っ恥かいてた人か。

絵の具で血を偽装とかハリボテで騙すとか、
そんなセコい手に引っかかるマフィアは確かに「残念」だな…。

●彼女の鍵を開ける方法(中田ゆみ)
こんな勉強の仕方してる人をルナ先生以外で初めて見たわ!
前から薄々勘付いてはいたんですが…早嶺さんって実は痴女ですよね?

●お気に召すままご主人サマ(いとうえい)
久々に課長とはるかが登場。課長ってこんなに胸大きかったっけ?

今回もそうでしたが、この漫画のエロシーンって
服を着たまま下着だけ脱ぐってパターンが殆どなんですよね。
一緒に風呂に入ってた和枝さんも背中流しただけだから服着てたし…。
一応ヒロインであるリンがメイド服を脱がされるのを拒絶するキャラなのって、
この漫画のコンセプトが着エロだからなのか!? だとしたら気づくの遅いぞ俺!

●瀬口たかひろの美少女ハッケン!
今回の美少女はNekoJump。
イラストが似てるのか似てないのかは今回もよく分からないですが
瀬口先生の開き直ったような変態コメントが素敵なのは自分にも分かります。
これがプロの仕事だ!

●らぶゆ!(東鉄神)
センターカラー。今回のカラー扉は今までで一番見栄えがいいかも。
いつも京都の名所を背景に描いてたからか全体的に重かったんだよなー。

野々山兄の部下たちと万都里さんのバトルは見応えありましたね!
こんなに頭の悪い漫画が烈に載ったのは土居坂崎先生の読み切り以来だわw
読んでいる内に女性の裸の価値が暴落していくのを感じましたw
こんなにトチくるってる状況なのに誰もツッコミを入れないんだもんなー。
もうこの世界には変態しかいないのか…。

●他殺OKくん(琴葉とこ)
見た目は4コマ漫画なのにひたすらストーリーを進めるスタイルが自分は苦手です。
一本調子で垂れ流されてるから読んでいて退屈なんですよね。

話の内容は…これってこのタイトルで合ってるの?

●ゴッドサイダーサーガ 神魔三国志(巻来功士)
>このモンスター級の直撃はさすがにノックアウト寸前だ!
>きめえてめえに殺り甲斐出てきたぜ!!
今回の扉の煽りはやたらテンション高いなw これ誰のセリフなんだよw
本編の方もこれに負けないくらい熱量高いです。
どのページも余白がほとんど無いくらい描き込まれてるのは凄い。
でもページあたりの情報量は結構少ない気がしますw

●抱かれたい道場(中川ホメオパシー)
抱かれたい男の選ぶペットは何か→たて笛
の流れはヤバかった…破壊力ありすぎました。
正確にはたて笛で呼び出したアミメニシキヘビが正解だったんですけど。

●trash.(山本賢治×D.P)
いや〜マインさんがやってくれました。実に見事な断面!
正義…ではないけどまさにヒーローって感じですね!

脳天を真っ二つにされて左手が下がると押さえていた右肩から血がブシュー。
ここらへんは実写でやると凄く映えるシーンになるでしょうね。
倒れる時もわざわざ回転して仰向けになって股間の怒張をアピールするあたり
ニチモきゅんは非常に天晴な死に様を晒してくれたんではないでしょうか。

マインは自分の言葉通りずっとケーキを大事に持ってましたね。
「作ったやつは作ったモノを好きにしていいのか?」
「作られたほうの気持ちはどうでもいいのか?」
彼女の怒りの源泉は食べ物云々よりもこのセリフの背景にありそう。

今回の「フフフ…アットーテキィ〜〜」で初めて気が付いたんですが、
グンゼのセリフが時々ヘンなのはエロ漫画雑誌の名前が入ってるからなんですね。
「ビックリパピポォー」ってどこから出てきたんだと思ってたけどそういうことか…。

●メイデン/エイド(恩田チロ)
きた!先生回きた!これで勝つる!
先生は絡みそうで絡まないキャラだと勝手に思っていたので
先のプールで見せた水着姿が精一杯だろうと諦めかけていたんですが、
まさかメインに持ってきてくれるとは…恩田先生ありがとうございます!

ボランティア部部長の変態メガネによると
塚手愛先生は29歳、スリーサイズは上から107・60・89とのこと。…ひゃくなな!?
そんな巨とか爆では表現しきないアレを拝むため
ノゾキの旅に出るボランティア部男子3人。
結論から言うと結局生着替えを見ることはできませんでしたが
読者は妄想で剥かれてる先生を楽しむことができたので有意義な回でありました。
しかし個人的に一番グッときたのは露出ゼロ状態のジャージ姿だったな…。

今回はしをん先輩が一切姿を見せずストーリーも全く進まないお遊び回でした。
でも余計なこと考えずに楽しく読めたなー。この漫画はこれくらいでいいのかも。
少年誌レベルのお色気しか無かったことに不満を持つ人もいるとは思いますが、
成人漫画家が描いているからこそ「その先の展開」に現実味を持てる…
そんな楽しみ方もできるんではないでしょうか?
(「NIGHTMARE MAKER」の茅野先生は突き抜けちゃったけどそれはそれで)

●三日月がわらってる(艶々)
今月号の女教師漫画ラストワン。
エロい体を持て余した美人女教師という設定は他の漫画と同じなのに
月野サキ先生はなぜこうもピュアな考えの持ち主なのか。
相手のユキオが全身海綿体な健康優良高校生だと分かってるだろうに
他の女(ナツコ姉)と何かあったか気になったり嫉妬したり、
ちゃんと事情を話してくれたユキオに泣きながら「最ッ低よッ!!」なんてキレたり
まぁなんつーかメンドクサイですな!肉体関係のみの繋がりなのにね!
どうせヤらずに揉む止まりなら揉み方に工夫が欲しい。
外で揉むとかトイレで揉むとか。風呂で揉むのも嫌いじゃないですけどっ。

今回初めて欄外の登場人物紹介を読んだんですが
「体を張って性活指導する熱血教師」ってオッサンくさい言い回しだなーw

●鬱ごはん(施川ユウキ)
今回のごはんは手作りペペロンチーノ。
通はペペロンチーノのことを正式名称の「アーリオ・オーリオ」と呼ぶんだそうです。
…そう呼んでる鬱野くんはきっと通なんでしょうね。
ソースの乳化がアーリオ・オーリオにおいていかに重要かを滔々と(一人で)語り
「コレは…界面化学の学術的実験なのだ!!」と(無人の夜道で)主張しておいて、
家にあったのはパスタじゃなくて素麺だった…というオチは
4コマ漫画のようにテンポが良くて読んでて心地よかったです。
パスタ専用の筒から素麺が出てきたことに超驚いてた鬱野くんですが
入れたのはお前以外におらんだろw なんというか、こういうのが非常に彼らしいw

結局素麺で作ったペペロンチーノは不味かったようですが
麺の違いでそんなに変わるものなんですかね?
気になるけど試しに作って本当に不味かったらイヤだしなぁ…。

●青春ポップ!(北河トウタ)
恋人レベルが順調に上がっている朔太と小島さん(なぜか彩乃と呼べない…)、
今回はラブホにチャレンジです。ステップアップしてますね。
といってもこの人らは初回が雨天の屋外だったり
その後カラボの非常階段でいたしたりと、既に上級者のような気もしますがw
そろそろタイトルを「性春ポップ!」にしてもいい頃合いだな…。

ちゃんと避妊してる描写を今回ので初めて見たかも。
専用施設で金払ってヤると行動も文化的になるんでしょうかね。
次回への引きが無かったので単なるエロ漫画のようでした。

●次号予告
ヴォイニッチホテルは次号も休載。ブラック・ジョークも休み。
読み切りは片桐兼春と琴葉とこに加えて高野昴の「姉萌え」が掲載されるそうですが
この高野昴なる作家さん、検索しても情報が全く出てきません。これがデビュー作?
posted by ばば at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | YC烈感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。