2011年11月02日

週刊少年チャンピオン49号の感想です

03071.jpeg

2011年度の週チャンは今号を入れて残り4号。
早い、早いよ!

●表紙&グラビア
松井玲奈&松井珠理奈。
2人の顔がアップで並んだ見開きは正直言って怖い。
このページだけ文字が一切無いのも怖い。どういう意図でこんな構成にしたの!?
笑うという行為は本来攻撃的なものであり獣が牙をむく行為が原点であるそうですが
珠理奈さんの目と口元はまさに獲物を見つけた猛獣のそれである。

●LUCKY STRIKE
新連載巻頭カラー。
本誌初登場の乾良彦によるリトルリーグ漫画です。
主人公「江夏健太(えなつ けんた)」は名門チーム「荒川南リトル」に所属し
小学5年生にしてレギュラーポジションを得た実力の持ち主。
しかしどうしても投手をやりたい健太は荒川南を退団し「亀塚リトル」に移るが、
そこは捕手以外の全員が投手という奇妙なチームだった…というのが第1話。

強豪チームからの離脱や一打席勝負など、
先行して始まったデザートローズと重複するようなシーンが部分部分にあって
なんでわざわざ同じようなことを…と思ってしまいましたが、
全体的には非常に真っ当な少年漫画であり野球漫画でした。
やっぱり主人公のキャラで作品の印象が決まってくるんだなー。

舞台をリトルリーグにしたのも全員が投手という設定で納得。
部活漫画だと主役のチームでこういうチーム作りってできなさそうだもんな。
選手ごとに違う投手としての個性を局面によって使い分けていく、
ということになるなら面白くなりそうです。

乾先生の漫画を読むのはヤングチャンピオン連載時以来なので久々でしたが
思ったよりも絵のタッチは変わってませんでしたね。
凄く読みやすいし迫力もあったんですが、華やかさが無く地味な印象もありました。
そこらへんも少年漫画らしいと言えばらしいですが…。
全員ピッチャーというシステムで選手の個性がどのように出てくるのか、期待します。

●侵略! イカ娘
イカ娘が人間扱いされないのって実は結構珍しいかも?
侵略者扱いされないのは日常茶飯事ですがw
でも本人もイカ扱いよりは人間扱いされたいと思ってるみたいですね。

●ましのの
単行本発売記念センターカラー。
女性用下着は上下セットで売られているとか
ジュニア下着を高校生に強要するのはロリコンの所業であるとか
色々と勉強になりました。使いどころのない知識が増えた!

●範馬刃牙
体育座りは社会的な座り方だったのかw
近代初の引き金(トリガー)勝負って…なんかバトルではない何かになりつつあるな。

ベストバウト人気投票の結果発表もありました。
1位が勇次郎vs郭海皇ってのは意外だったなー。
ベストテンに最大トーナメントの試合が3つしかないのも意外でした。
最凶死刑囚編から1つしか選ばれなかったのは…想定内でした。

●弱虫ペダル
おお、まだゴールまで30キロもあったのか。
ゴール前の上りで坂道と山岳が最初で最後の勝負をすることになるのかな。

箱学は荒北に続き泉田も死…脱落。
最終局面では数を減らした方が有利なんだそうです。
長距離走でいうところのラストスパートに入ったわけですな。
荒北が全力を出し切って死…落ちていった意図がようやく分かってスッキリ。

●第77回新人まんが賞 第1次選考結果発表
「ケルベロス!!」ってタイトルで応募した人は普段週チャン読んでないのかな。

●シュガーレス
マリモvs三田の元エクレアリーダー対決。
古参キャラ同士だからかシュガーレスらしいポエティックなバトルになったので
見ていて安心しますw
三田はただ嘉上の為だけに勝とうとしてるのね…
マリモのどんな理由よりも自分の理由の方が重いと思ってるということは
それだけ嘉上への想いが強いってことなのか。
こんな告白を失神してて聞けなかった嘉上は残念でした。

●毎度! 浦安鉄筋家族
まごうことなき超糞回。
便器をかぶって文字通りの便所女になったあかねちゃんが妙に可愛かったw
このコマで興奮する人も広い世界にはいるんだろうな!
便所になった直後に国会議員が現れたのは素晴らしかった。
浜岡先生は予想も期待も裏切りませんな。

●囚人リク
憎き警視総監を目の前にしたことでリクが本来の目的を思い出してくれたようです。
…いや本人は脱獄のことを片時も忘れたことはないとは思うんですが、
どうもここ最近は作品のテーマからはスッポリ抜け落ちていたような気がしたので…。
でも他の工場との抗争はまだ続くんだろうな。

●バチバチ
必死に虚勢を張って鯉太郎に先輩面してみせる白水さんは先輩の鑑ですよ!
ところで川さんは空流をどういう形で背負ってるんでしょうかw

●空が灰色だから
おかしいのは記憶じゃなくて頭でした。
イマワノキワはこの漫画を見習わないと…。

●さくらDISCORD
まさか住吉が正ヒロインになるなんて思いもしなかったわ!!
この2人がくっつけばもう他の事はどうでもいいような気がしてきた!

●行徳魚屋浪漫スーパーバイトJ
露骨にアンケート対策な鮮魚部女子(■十代)のコマが悔しいけど可愛い。
最近ササキさんのロリ化に拍車がかかってるな。
ミツイシさんって夕食が弁当なんだ…自炊してないのかな…。

ヨシノさんは相変わらずどうしようもない人っぽいけど
周りの環境はNJと大して変わらないんだよね…未来のNJの姿だよね。

●聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話外伝
デジェルさんじゅうななさいにしては随分落ち着いてますね。
若い肉体を得てコー・イー・ヌールとなったクレスト先生には
言ってることとは裏腹に真の意図があるようです。星矢ではよくあることですね。
でも五百数十年生きてヨボヨボになった人が少年の肉体を得たら
もう毎日がお祭状態になっちゃってそうな気がします。
ガーネットさんと宝石児のせいで余計なことばっかり妄想してしまうぜ…。

●りびんぐでっど!
ああ…これはもう爆発しろって言われてもしょうがないな。青山くん覚悟を決めてくれ。
でも生者と死者の間柄だと恋人同士になった方が色々と辛いことが多そう。
そこらへんをツッコみすぎると漫画のジャンルが変わってきそうなので
あんまり深入りしなくていいですけど。

なぜか普通にしゃべるカラスが可愛い。

●いきいきごんぼ
前回は控えめだったサービスシーンが今回は盛り沢山でした。盛り沢山…でした…、
この保健医に似た妖精的な生き物を以前どこかで見たような気がするなー。
普通の女子は本当に普通に可愛い。
こんな漫画に出てるからより可愛く見えるというのもありますがw
技野くんもバカ2人とつるんでなければ普通に人気者になってる気がする。
でも人間関係を損得で考えないのが技野くんの良い所なんでしょう。きっと。

細かすぎるバキネタは今回も楽しかったです。
ハルルはちょうどネタ元が出てきててタイムリーでしたね。

●ANGEL VOICE
全国大会千葉県大会二次予選がスタート、
したと思ったら決勝トーナメント進出が決まりベスト16に。
1回戦で美幕、2回戦で八津野、3回戦で習実、決勝で船学というスケジュールかな。
これがこの漫画で描かれる最後の大会になりそうですね…タイムリミット的に考えて。

●次号予告
カラスヤサトシが読み切りで少年誌初登場。
秋田書店はカラスヤ好きだな
posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。