2011年10月27日

週刊少年チャンピオン48号の感想です

03068.jpeg

他分野を侵略しまくってたイカ娘が初めて侵略される側に回ったな…
と表紙を見て思いました。

●侵略! イカ娘
表紙&巻頭カラー。
侵略者はすでに地球に来ている、と根拠も無く熱弁した上に
ぼくのかんがえたしんりゃくしゃを堂々と見せる少年の見た目がかわいい。
ひょっとしたら女の子なんじゃ…と思うくらいかわいい。
いるよ派といないよ派の見た目が逆だったら全然違う印象になってた気がするなぁ。

「ビ・イ・ム!ビ・イ・ム!」で泣くのはちょっと打たれ弱すぎるぞ!
でも自分もちょっとやってみたいですw

●週チャン全力入魂!! 冬の灼熱2大新連載スタート!!!
攻勢…というには少ないですが新連載の予告がカラーページに。
野球漫画はつい最近デザートローズが始まったばかりなのにまた増えるのかよ!
でもリトルリーグ漫画は近年載ってないから新境地といえば新境地か。
そもそも小学生が主人公の漫画自体がレアな雑誌で
あえてリトルリーグを舞台にした意図が気になる所。
作者の乾良彦は5年くらい前にヤングチャンピオンで新撰組漫画を描いてた人ですね。
当時はベルセルクっぽい雰囲気の絵だったんですが
何時の間にか楠本哲っぽくなってるな。

もう1つは劇場公開を控える沖縄のローカルヒーロー「琉神マブヤー」を
哲弘改め丸山哲弘が描く! …この人選で本当にいいんですか!
ハーフマンを見た上で決定したのなら何も言いませんけど…。

●毎度! 浦安鉄筋家族
ハロウィンネタ。
無闇に叫ばずに無言の圧力で怖がらせる小鉄はホラーを分かってらっしゃる。
オチはその後を考えると充分ホラーだな…。
あと魔女コスののり子が普通に美少女でした。ああいう服も持ってるのね。

●弱虫ペダル
1年生が独断で自分を捨て駒にしようとしてる気がするんだけど
金城はそれでいいのか…?
鳴子と今泉が本気を出した(であろう)描写の直後に
坂道があっさりと2人の前に出たのにも「え?」ってなりました。

●範馬刃牙
センターカラー。
勇次郎の元母親に緊急インタビュー。この人が出てきたのは勇次郎誕生秘話以来?
出てきたはいいけど大したことは言いませんでした。
この人が「範馬の血」のルーツのはずなんですが…。

血という言葉が出てきた直後だったので
ジャック・ハンマー登場か!?と思いましたがピクルでした。
刃牙は乱入を拒んでたけど、正直ピクルvs勇次郎の方が見てみたいな…。

●行徳魚屋浪漫スーパーバイトJ
漫画を売るためでなく魚を売るために媚びた漫画を描く男、NJ。
もう完全に漫画の描ける魚屋さんだこの人。
「メタモルフォーゼ」と「はじける魚介類の香り」で確信した…
来年のプリキュアのモチーフは魚だね!キュアマグロ!

●囚人リク
レノマと史郎のバチバチなバトルは手ごたえも見ごたえも十二分。
そうそうこういうのが見たかったんだよ!
ケンカで重量級キャラがプロレス技を使うことが多いのは
それだけ見栄えが良くて漫画向きなんでしょうね。パワーボムとか痛そうだしなー。
白黒付けずに勝負が終わったのはどちらが格上かはっきりさせない為かな。
きっと瀬口先生もプロレス脳の持ち主ですね!そのうちタッグマッチとかやりそう。

●りびんぐでっど!
こちらもハロウィンネタ。ゾンビが主人公の漫画でやらないわけにはいきますまい。
もなこって肉以外の食べ物にも反応するんだな…ただの食いしん坊じゃん!
全体的にかわいらしくてほのぼのとした内容でした。
ただ最近青山くんがラブコメ世界の住人になりつつあるのがいただけない…
生前からもなこに気がある設定だったのでこうなるのはむしろ自然ではあるんですが
なんかね、見ててちょっとイラッとしちゃうんだよね!
青山くんはいいヤツだからあんまり言いたくないんだよ、爆発しろとか!

●シュガーレス
センターカラー。
体にエクレア愛を刻み込んだ嘉上でしたが
「全てを焼き尽くす炎」を腕に彫った宮華に敗北。ちょっと意外な結果でした。
中学生みたいにカッコイイことを言っていた宮華ですが
コイツがここに来た理由はマリモへのリベンジなんだとか。
過去にとらわれてるのは自分も一緒じゃん…と思ったのは秘密だ。

●バチバチ
吽形の覚悟を知った白水がついに強キャラとして覚醒したようです。
うん…素直にカッコよかった。
この漫画はキャラの成長に凄く説得力があるのがいいですね。

●デザートローズ
見開きで互いのチームのスタメンが名前付きで紹介されましたが
吉井さんの顔芸にしか目が行かないw あれはズルいわw
しかしこういう形でも連載始まって間もなく個性を手に入れた吉井さんは
紅葉ナインの中では勝ち組でしょうね。そのうち吉井さん回とかもあるはず。

●さくらDISCORD
新展開になったら6人の愉快な学園青春生活編が始まる…
そう思っていた時期が俺にもありました。
…なんだこれ!
芽吹が人間を試す神か悪魔みたいな存在になってるぞw こいつ何者なんだよ!
基本ずっと人間関係の話しかしてないのに
何故こうも世界の存亡をかけた戦いの最中のような緊張感を伴っているんだろう…
もうなんかこいつら全員めんどくせえ!

●いきいきごんぼ
3回連続集中新連載の1回目。
>※「いきいきごんぼ」とは播州弁で「今にも死にそうな様」の意味。
だそうです…いきいきって言うから元気ハツラツみたいな感じかと思ったら逆なのね。
「吏毘堂猛(りびどう たける)」「技野(てくの)」「枷井法経(かせい のりつね)」
の3人のバカ男子中学生による、ひたすらバカでしょーもないギャグ漫画です。
前回登場した時とほとんど同じノリで嬉しい。
枷井の頭の形状はちょっとした発明なんじゃないでしょうかw

もう全てのページとコマで全力で頭悪いのが凄くいい。大好きです。
キャラの構成やギャグは「行け!稲中卓球部」っぽくあるんですが
こっちの方が落ち着きがない。そしてそれがいい。
女の子は普通に可愛いけど萌え要素を入れる気が一切無い潔さも評価したい。
最近のチャンピオンは女子主人公のショートコメディが幅利かせすぎだから
これくらい男臭いっていうかイカ臭い漫画があるとホッとしますね…。

吏毘堂の顔を刃牙そのまんまにしたのはいい度胸だと思いますw
そこかしこにバキネタが散りばめられてるのを探すのも楽しいですね。

一番卑怯だと思ったネタはものっそいリアルなちんげ。
本物が貼ってあるのかと思った。

●聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話外伝
ガーネット様の入浴シーン来ちゃった!
少年趣味のおばはんだからこれくらいのことはやってるだろうとは思いましたが
その場面を本編で描くとまでは思いませんでしたw
ここまで濃厚な年増のお色気シーンは他の少年誌では滅多に見れまい…
飴玉を食べさせあってるのは何かのメタファーなのか…。

宝石児のリーダーであるコー・−イー・ヌールがいきなり出撃した上に
その正体が若返ったクレスト先生とはずいぶん急展開だな!
先の展開が全く読めないぞ。

●オタカラ!
今年の30号に掲載された「私立アサシン学園」でデビューした佐藤健太郎が再登場。
前回の作品とは雰囲気も作風もガラッと変わってます。
読み返してみたけど本当に全然違っててビックリしました。どっちが本性なんだ…。

主人公の高校生「鏡拳地(かがみ けんち)」は
最強の格闘家「鏡無限太郎(かがみ むげんたろう)」の血を引くアイドルオタク。
空手とオタ芸を組み合わせた全く新しい格闘技「オタカラ」を駆使して闘う姿は
読者に笑いと感動を同時に与えてくれました。
やってることはアホっぽいんだけど、
ちゃんと燃える展開になってるのが上手かったです。アクションも迫力あった!
前回の作品よりもこっちの方が断然良かったですね。
ただ…ヒロインの小夏ちゃんのスタイルがちょっと…見てて不安になるというか…。
あとお母さんはもっと出番欲しかった。なんであの人普通に裸エプロンなの!?

●ANGEL VOICE
現実から逃げずに直視することを促すワッキーがカッコイイ。
「オレたちはマネージャー1人を喜ばせるので精一杯なんだよ」
という二宮のセリフもちょっとクサいけど良かった。
絵的にはすごーく地味だったけど、読んでて胸が熱くなる回でした。

●ビジンマン
集中連載ラスト。
悪の撃退方法が裸の写真を撮影して脅すって、
それちょっと前の読み切りで悪者がやってたよ!
最後まで心に何も残さないひでー漫画だったw それでこそビジンマン!

●アクアシ
こちらも最終回。
最終回にしてようやく鋼先生の描いた漫画が作中で初めて公開されたわけですが、
これは萌えというよりほのぼの4コマですねw
どれも3コマ目でオチてるように見えるんですが、
はたして4コマ目には何が描いてあったのか…。

派手に登場した妹悪魔や天使たちが玄関から帰っていったのにはクスッときました。
G太郎と鋼先生が親密になっていくのかと思ったら
2人の距離は最後まで殆ど縮まりませんでしたねー。
本格連載になったらそういう展開にもなるのかな。

●CTC
もう三峰徹のハガキが載っても落ち着いたもんだな…。

●次号予告
乾良彦の「LUCKY STRIKE」が新連載開始。
小学5年生が主人公なのにタバコの名前みたいなタイトルですね。
posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

週刊少年チャンピオン47号の感想です

03061.jpeg

イカ娘の広告多すぎ!

●ましのの
単行本発売記念巻頭袋とじオールカラー。
とはいってもやってることはいつもと同じです。
袋とじ&オールカラーにする意味は…パンツ虐待をすシーンで一応あったかな。
エッチエッチと言うけど色気は全く無いんだよなー。
本当にエッチな漫画になったらギャグが弱くなるのでこれでいいんですけどね!

●範馬刃牙
巻頭カラー。
何者にも捉われず自分の意志を実現する力こそが強さであり、
勇次郎はそれを実行することによって自らの強さを息子に誇示する。
やられた方もそれを分かっているから、
この強制ナデナデは刃牙に父親への強烈な反発心を植えつけたかもしれませんね。
今度は反抗期の息子とじゃれあいたいとでも思ったのかな…
刃牙は最初からずっと勇次郎の掌の上から抜け出せてないような気がしてきた。

フィギュアのジャンプのように回転する刃牙にはもちろん笑いました。
あんなの突然入れてくるのはズルいわw

●侵略! イカ娘
夜更かしできなくて居眠りしちゃうイカちゃんかわいい。
自分も痛くない程度に「つねっ」がやりたい。

●弱虫ペダル
センターカラー。
荒北を助けることをチームメイトに提案した坂道にはガクッときました。
アイツが坂道と一緒に走ったのはお互いの利害が一致したからであって
助けたとか恩を売ったとかそんな話じゃないのに…
たとえそうだったとしてもアクシデントがあったわけでもない敵を助けることに
どんな道理があるというのか。今泉も「気持ちはわかる」なんて甘いこと言うなよ。
とりあえず独断で助けに行ったりしなくてホッとしました。

残った箱学のメンバーが次々と荒北を追悼しだしたのを見て
ああ、やっぱりアイツは死んだんだ…と思ってしまいましたw
でもあの最期の全速力はどういう意味があったんでしょうね?
荒北の作ったリードを5人でゴールまで守りきれるんだろうか。

●毎度! 浦安鉄筋家族
ブラキオサウルスにトドメを刺した時の春巻の顔が最高でしたw

●空が灰色だから
センターカラーで本格連載スタート。
オムニバスの1話目なのでここからどうなるのかはまだ何とも言えませんが、
なんかねーすごくWEB漫画っぽかった。描きたいことを描きましたって感じが。
作者のかもし出す雰囲気が好きな人なら楽しめる漫画だと思います。
そういう意味では集中連載の頃から方向性はあまり変わってないかな。

●デザートローズ

  ほ
  も
  ま
  ん
  が
  だ
  |

●行徳魚屋浪漫スーパーバイトJ
こういう話ドラえもんにありましたね。ドラえもんがのび太に向かって
「日本じゅうがきみのレベルに落ちたら、この世のおわりだぞ!!」
と言い放ったのが妙に記憶に残ってます。ということはNJって…。

●聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話外伝
クレスト先生ってこんなに爺さんだったのか。
LCキャラで一番の老け顔なのは間違いありませんが、
実年齢は何歳くらいなんだろう。

宝石児は人間じゃなくて宝石から作り出したホムンクルスのようです。
見た目が子供なのはガーネットの趣味ってことですねw
解放されて即デジェルに抱きつくフローライトは憎めないアホだなぁw

●恋弁
「鬼ロックンロール」でデビューしたサブが再登場。
頭に三角巾を付けたカットの載った予告を見た時は
この絵で弁当屋さんの恋の話って雅亜公の漫画みたいだなぁなどと思いましたが
微妙に違いました。弁当屋じゃなくて女子高生だった。

主人公は好きな男子に弁当を作ろうと奮闘する吉田祥子さん…というより
祥子さんに弁当を作るようそそのかした幕内はなえさんっぽい。
2人ともまゆ毛が黒くて太いのがややイモ臭いですが、個人的にはそこがいい!

幕内さんの異常な行動力のせい…いやおかげで
話がポンポンとテンポ良く進んでいくのが読んでいて心地よかったです。
調理開始からレンジ爆発までの疾走感は少しやりすぎな気もしましたがw
基本ドタバタだけど主題の弁当作りがしっかりしていたのは好感が持てました。
3人になった弁当部の活動も見てみたいですねー。
しかしかぼちゃってそんなに匂い強かったっけ…嫌いな人は気になるのかな。

エロスも無ければ萌えも控えめ。絵は安定感があるけど古臭さもある。
良く言えば内容重視、悪く言えば色気の無い地味な作品でした。
こういう漫画が載るのもチャンピオンらしさだと個人的には思います。
週チャンの次世代エース、なってほしいですね。がんばれサブ先生!

●さくらDISCORD
なんか読んでて疎外感を感じる…。
話の流れや登場人物の心の動きがどうも分かりづらいんだよなー。
芽吹っていつ馴染んだんだっけ? どういうキャラか把握できてないんですけど…。
6人がグループになったこれからが本番のようですから、
これまでのことは水に流して新展開に期待することします。

●ケルベロス
最終回です。
肝試しでペアを組んだ景と友恵がその後どうなったかは描かれず、
雪房の独白が大部分を占める犬漫画が最後のエピソードでした。
何事もない日常風景で物語を締めたのには
作者のキャラクターへの強い想いを感じずにいられません。
フクイ先生、お疲れさまでした。

●アクアシ
鋼先生が取材と称して学校に来る話なんですが…
学校指定の制服のデザインのせいで痴女にしか見えません。
普通に着るとヘソとケツが常時見えてるってどんな制服だよ!
大人がセーラー服なりブレザーなりを着て学生に扮するのは
「無茶しやがって」と思いつつニヤニヤできる要素のはずなのに、
制服が制服に見えないせいでそういう楽しみを味わえないのは勿体無い。
まぁ無茶は充分してるんですけどねw

今回は制服のせいで他のことが目に入りませんでした。

●次号予告
「少年期の終わり」の睦井栄史再登場は待ち望んでいたので嬉しいです。
>好きなモノは女子! 苦手なモノも女子!!
>不燃焼系DC(男子中学生)ギャグ!!
紹介文で前回からブレがないことを確認できましたw
手前のメガネは頭の形が生々しすぎる!
もう1本の読み切りは新人デビュー作。

●目次
食べ物の話と体型ネタが多いですね…。
3Stars組のコメントには結束力の強さを感じました。
posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

ヤングチャンピオン烈 No.11

03060.jpeg

レギュラーが安定していて読み切りが載らないのは不満でしたが
落ちた原稿の代わりに読み切りが載るのはあんまり喜べないなぁ…。

●三日月がわらってる(艶々)
単行本発売記念巻頭カラー。
開幕からいきなりセックス(の妄想)シーンから始まったのは
冒頭でノルマを消化して後はドラマを見せる、という構成にしたかったんでしょう。
戦隊モノでいきなりロボが出てくるようなもんですね。
でもそのドラマで見せたものが体を巡っての三角関係って
この漫画には色狂いしかいないんですか!
まぁ単行本の広告に「恋する島の欲情ラブストーリー」とあるから実際そうなんでしょう。
わざわざ「オ●ニー」なんて表記をするあたりがガチっぽい。
烈コミックス広告のやたら扇情的な作りは密かに楽しみにしてます。

●NIGHTMARE MAKER(Cuvie)
こちらも開幕セックスですが、夢でも妄想でもない現実。

産婦人科から処方された内服薬は…緊急避妊用のピルというやつですかね。
コーラと違って後から飲んでも効き目があるんですってよ。
悩むことなく産婦人科に行き薬を貰ったり
男たちへの復讐の為にわざわざ相手の顔を思い出して捏造夢画像を作ったりと
意外と冷静に行動しているようにも見えますが、
恐らく気を紛らわせる為に一心不乱に動いてたんでしょう。
世界に絶望しながらも自ら死を選ばなかったのは
世界の方を変える力を持っているからか。しかし夢見マシンでどうやって…。

館山がストーカー行為をしている証拠写真を見た時の反応が
内田と灯明でかなり大きく違ってますね。
今までのヤったヤられたという話に比べるとマイルドな話題に思えてきますが
灯明にとっては押し倒された時よりもショックが大きいようで。
こういうのは男性作家にはなかなか描けないような気がします。

●ばくおん!!
ばくおん!!の小部屋のゲストは来夢先輩。
レースクイーンコスプレはしてくれましたがやっぱり一言も喋らず。
色々と謎が多い人ですが、最後まで謎のまま終わるような気がするんですよね…。

羽音の免許取得記念にツーリングに繰り出すことにしたバイク部。
しかし話の中心は主役の羽音ではなく(というか部員ですらない)凛でした。
いや話の中心と言うよりネタの標的と言うべきか。
スズキネタがよほど扱いやすいのか好きなのか、
ツーリングに行ったのに凛とカタナいじりの方が多いくらいでした。
モジャ回も実家のバイク屋が割と酷い扱いだったけど
凛の場合はスズキに絡むあらゆるモノや人をおちょくってる感があって
ちょっとやりすぎなんじゃないかと思えてきました。
今回のオチなんか特に…あそこまで行ったら単なるイジメだろ!

でもここまで酷い扱いされてるのは
凛のカタナが本当に呪われてるからかもしれないのが恐ろしい。水没車だし。

●自殺OKくん(琴葉とこ)
ヴォイニッチホテルの代原。
今作で商業誌デビューした琴葉とこは現役高校生で
カオスラウンジって所と関係があった方だそうですよ。なにそれこわい。
内容はですね…これを描いた人よりも載せた編集者に意図を問いたい。

●彼女の鍵を開ける方法(中田ゆみ)
この漫画の世界じゃブラをしても乳首が浮くんだね…。

●ゴッドサイダーサーガ 神魔三国志(巻来功士)
今まで出てきた怪物は人間と他の生物を掛け合わせて作られたものだったけど
雲上人は元ネタ無しのバケモノなんだな。宇宙人みたいなもん?
そんなデタラメな存在を相手にハットリの念動力が通じてたのにはちょっとビックリ。
人間側の特殊能力でも相手ができるのなら意外となんとかなりそうですね。

雲上人はダグラス司令を絶望させる為に
ハットリを犯すのかと思ったけど違いました。そっちじゃなかった。

●抱かれたい道場(中川ホメオパシー)
どこを開いてもエロスかバイオレンスに満ち溢れているこの雑誌では
数少ない清純な漫画なので読んでて心が落ち着きますね…。

貝塚さんは何歳で普段何してる人なんでしょうかw
道場を卒業して抱かれたい男になったのかは見れば分かりますけど。

●瀬口たかひろの美少女ハッケン!
今回の美少女はミスヤングチャンピオン2011の松嶋ののか。
4回目にしてグラビアとタイアップ…ではなく
瀬口先生自らの意思でチョイスしたんだそうですw

良いと思った部分を褒める一方で
「普段はどうってコトない口」とか「声なんてめちゃフツウ」などと
公式チャームポイントにまでダメ出しするあたりに瀬口クオリティを見た。
先生はアホっぽい子が好みなんでしょうか?

●性食鬼
センターカラー。
チンピラによってたかって襲われているいづみを助けたのは
通りすがりの着ぐるみ星人だった…が、今度は着ぐるみ星人に襲われて
いづみは結局レイプ。しかも思いっきり中に(エキスを)出されてしまう…が、
着ぐるみ星人は果てると共に体をしぼませ絶命してしまうのだった。

今回の話で分かったのは、いづみは強化服が無くても
レイプで着ぐるみ星人を倒せるファイティングレイパーになったということだ!
着ぐるみ見たら即レイプ! 次回から性食鬼もバイオレンス側の仲間入りですね!

それはともかくいづみは女王の子を既に宿してしまったのか…
一発必中とはさすが女王様。

●trash.(山本賢治×D.P)
山賢がピンドラで曲が流れたARBについて語っているプロダクションノートに描かれた
さつじん!で対戦車ライフル使いの子の名前が「エーダイ」と判明。
これで名前が分かってないメンバーは残り一人か。
あとグンゼがレズということもついでに判明。

本編の方は…もう読んでる間中ずっと何かしら声を出してました。
ニクカイジャーの連中がとにかくえげつない!
対象をすぐに殺さず痛めつけて楽しむとか、とんだ変態集団ですよコイツら。
美能子がグンゼにヤられる場面はこの漫画では珍しい濃厚なエロシーンでしたが
ソコに思いっきりパチンコ撃ち込んだらダメだわ…何考えてんだ…。
一方で中村はモツ出しっぱなしで引きずられてるし、地獄絵図とはまさにこのこと。
それだけにようやく登場したマインの頼もしさがハンパなかったです。
やったれフランチェスカ!

●メイデン/エイド(恩田チロ)
アマラが一斗にサービスする話。
実体は無いのにニオイや感触は伝わるとは都合のいいオバケだ…。

この漫画には主にストーリー面でほぼ毎回ケチをつけてる自分ですが
ハナからストーリーが無い純粋なエロ回だった今回は非常に素晴らしかった!
エロシーンのある漫画がやたら多かった今月号でも特に輝いてました。
やっぱり褐色はいいな…。

●鬱ごはん(施川ユウキ)
今回のごはんはプレミアムビールと手作りのツマミ。
溶けたアルミホイルを摂取して気分が悪くなった鬱野くんが
有害物質を取り込んだことで命の危険を感じるよりも
履歴書を書かない理由にしたのには笑いました。
一人でウダウダしてる鬱野くんでこんなにウケたのは初めてかも。
そしてその時の鬱野くんの気持ちがすごーくよく分かる…ダメな奴ですから。

●お気に召すままご主人サマ(いとうえい)
ちんこにぱんつかぶせてヌくプレイがアマラさんとかぶってましたが
この程度はよくあることですね。しかしリン相手のエロはやっぱり微妙だ…。

●敏感・彼女(片桐兼春)
○○彼女シリーズの…何作目だっけ?
「すっっごく敏感でちょっと触れただけでえっちな妄想しちゃう体質」
な女の子が今回の主人公です。エロ漫画向きな人ですね。
敏感なのは体質だけど、妄想までするのは性格なんじゃないかな…。
イソギンチャクを見て触手プレイを妄想するのはもう体質関係無いですよね…。
男の方は殆ど何もしてないので設定の割に平和な内容でしたが
女の子のえっちな顔が好きという人には良い作品だったんではないでしょうか。

●次号予告
ヴォイニッチホテルは次号も休載。
代わりに琴葉とこの「他殺OKくん」が載るそうです。タイトルがNGだが大丈夫か。
posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | YC烈感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。