2011年07月14日

週刊少年チャンピオン33号の感想です

02998.jpeg

●弱虫ペダル
巻頭カラー。
しつこく自分への協力を求める坂道を試すように質問をぶつける荒北。

「おまえには福ちゃんのことどう映ってる?」
「皆さんに信頼されてるかんじの…あの カッコイイと思います」
「当たってるよ ついでに鉄仮面」

その後自分の印象について聞いた後、
「福ちゃんに似てるから」という理由で坂道の申し出を受ける荒北でした。
どんだけ福ちゃんLOVEなんだ荒北!そしてどんだけホモ漫画なんだ弱ペダ!
協調を始めた2人を追ってきたのは熊本――ではなくて真波山岳くん。
集団は見捨てて3人で追うわけね…熊本の人さようなら…。

●侵略! イカ娘
「…侵略してないよね?」
あーついに正面から言ってしまったか…
たけるはもうちょっと気を遣える子だと思ってたのに…!

●ドラゴン・ハイドレート 〜辰吉漂龍伝〜
センターカラーで新連載。
青山広美と篠原花那のコンビで送る「エンタメ系ネオ時代劇」とのことです。
主人公は無謀と紙一重の行動力から「鬼肝の辰」の異名を持つ
江戸一番の火消し(本業はフリーター)、「辰吉(たつきち)」。
火薬を爆発させてその爆風を着物で受け止め空を飛ぶ、
大胆かつ機転の利いた行動は「ギャンブルフィッシュ」の杜夢を彷彿とさせます。
そんな辰吉の元に「麗しの艶姿」「早熟の天才」と呼ばれる「水戸光圀」が現れ
二刀流の魔人・武蔵を斬れと命を下す…確かにエンタメ系ネオ時代劇だわw

●範馬刃牙
今回は中2のケンカシミュレーションからスタート。
まぁ最大トーナメントの冒頭でみっちゃんがした演説と同じ内容なんですけどね。

ノーベル腕っぷし賞受賞間違いナシな勇次郎が
野次馬に囲まれたくらいで慌てすぎだろー。こんな小さい親父見たくなかったわー。
斗羽と猪狩だったら観客としてすぐに受け入れるだろうに。

●ドカベン スーパースターズ編
センターカラーでリリーフ俺。山田気合入りすぎ。
でもこの試合で一番活躍してるのは間違いなく犬神ですな。
殿馬以上の野球センスの持ち主になっちゃってるけどいいんだろうか。
キヒヒ笑いもしないので別人のようです。

●ましのの
「平たい胸族」とか「ゴポポポーン」とか、いちいち小ネタがくだらねぇw
こういうので笑っちゃうと悔しいわーw
あの男子のイメージ映像はこれから毎回やるんですかねw

●バチバチ
2発、3発のブチカマシでも土俵を割らない蒼希狼。
トドメの4発目を顔面で受け止めたことで土俵上は血の海に…。
目に血が入って視界が悪くなる相撲漫画なんて初めて見たぞw

蒼希狼が稽古の時よりもやたら頑張ってるのは
野生の勝負勘が働いているからだそうです。
こういうのって普通なら主人公キャラに備わってる特性なんだけどな。

●クローバー
ハヤト来た!はやい! ていうか早すぎるw
でも都合良すぎだろってくらい早くて良かった。
こんなヤツらから一発でも貰ったら充分理不尽だもんなぁ。

この話が終わったら竹下も釣り仲間に加わりそうですね。
真木は趣味で終わらずその道に進みそうだなw

●シュガーレス
もう非常に今更なことなんですが
殴り合いのケンカを楽しいスポーツみたいに扱ってることに違和感が生じてきました。
殴って殴られてという行為自体が楽しいってのはさすがにおかしいわ。変態だわ。

●ANGEL VOICE
インターハイ予選スタート。
もうすっかり千葉の強豪校になったので結果だけ書いてサクサク消化しちゃいます。
サッカーの描写よりもマイちゃんのパートの方が多いぞ!
それだけ今はマイちゃんが重要なポジションにあるということでしょうね。
試合に勝つ目的がもう「マイちゃんを喜ばせるため」になってるもんなー。
百瀬が成田よりも空気を読めない人だったのは意外でしたw

●聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 外伝
アルバフィカ編完結。これでちょうど単行本1冊分かな?
ルコにもちゃんと事情があったみたいでなにより。
しかし重度のショタをこじらせたせいで冥闘士になってしまったとは…
あんまり共感できない理由でしたw せめて兄の為だったらなぁ。

このペースで残り11人分やるとしたら、外伝も結構な長期連載になりそうですね。

●イマワノキワ
新連載第2回。
今回はビジュアルに頼らずあくまで怪談話の内容で勝負するスタイルでした。
そうなるとこの漫画の評価は「怖いと思ったかどうか」で決まってくるわけですが…
自分は「フィクションで怖い話されてもなぁ〜」とか思ってしまう性質なので
微妙と言わざるをえません。
演出をもう少し凝ってもいいと思うんですよね…。
怪談パートを抑揚の無い16コマ漫画にする理由がちょっと分からない。

●ケルベロス
「うしおととら」のシャガクシャのエピソードがこんな感じでしたね。

●ナンバデッドエンド
もう剛がヤったかヤってないかという話になってる!
誰も返り討ちに遭う心配はしてないのね…まぁ読者もしてませんけど…w

刑事の植木がヤクザの梶原を頼ってるシーンはさながら刑事ドラマのよう。
実際こういうやりとりってあるんですかね? ないか。
伍代の土下座に心を動かされた梶原は非情な人間というわけではなさそう。
でも剛を組に入れようとしてるのは本気なんでしょうね。
最悪殺人犯でそうでなくても極道か…夢も希望も無いな…。
腕がだらーんとなった猛の状態も気になる所です。

●モメンタム
試合開始早々1人で圧倒的な実力を見せ付けるアレキ。
インターハイ予選2回戦の相手だけどラスボスらしい風格を漂わせてますw
コイツをどう攻略するのかという話になるかと思いきや
なんか話のモメンタムが…。

●怠慢霊能者LAZY
新人まんが賞受賞作家である和田賢二のデビュー作。
ベースはオカルトだけどそこらへんの詳しい説明や描写は特に無く
謎の凄い能力でモンスターと戦うバトル漫画といった感じです。
自分は基本的に王道が好きなので、
誰かの為とか正義の為ではなく自分の為に行動した主人公に
あまり好感を持てませんでした。
飼い猫の正体を知って涙を流すシーンも、
なんだかとって付けたような感動シーンという感じがしましたね…。
全体的に自分の好みとはあまり合いませんでしたが
絵は上手いし構成も達者で、漫画としての出来は良かったと思います。
この絵でバトルやったら絶対に何かの十番煎じっぽくなるので
スポーツものとか描くと良いんじゃないかなぁ。

●木曜日のフルット
焼き肉屋でカップル扱いされたと思ったら今度は旦那扱いか!
親子とも兄妹ともつかない微妙な年の差だからそう思われるんでしょうけど、
こりゃもう結婚するしかないな!鯨井先輩なら打算的な理由で籍入れそうだし!
「狂闘先生!」って週チャンで連載してたのかー。

●CTC
萌-1 GPにあの超ベテランハガキ職人、三峰徹が参戦ッッ 今度は本物だッッ
少年誌に本人降臨は確かにエポックメイキングな出来事ですが、
この場合は載せる方がおかしい気が…w

●次号予告
「少年探偵 狩野俊介」が新連載、
「りびんぐでっど!」が完全連載での再開をそれぞれスタート。
posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。