2011年06月09日

週刊少年チャンピオン28号の感想です

02974.jpeg

●囚人リク
単行本刊行記念巻頭カラー。
タイトルの上に「最凶刑務所脱獄記」と銘打たれてますが
やってることは完全にヤンキーの勢力争いです。いつするんだ脱獄。

レノマのいないニーナナと「椿陽平(つばき ようへい)」率いるイチロクの戦力差は
覆しようがないくらいに圧倒的っぽいですね。
不意打ちされたわけでもないのに全員が一方的に攻撃されてるって
どんだけケンカできてないの…こいつらが勝つ姿が想像できない…。
リクにどれだけ根性あろうがケンカじゃ意味無いだろうしなぁ。どうすんだろ。

●範馬刃牙
センターカラー。

>右手を叩いた痛みが――左手を叩くことで軽減するように
>鞭打による激痛(いた)みを 分散…

勇次郎がとった行動の目的は「無表情の保持」…
つまり超全力で痛い顔するのを我慢したってことですね!?
いやでも刃牙がビックリするくらい全身で強がってるのを表現してたら
表情変わらなくてもあんまり意味なくないですか!
痛いって言ったら負け、みたいな空気だったからこれでいいのかな…w

痛みを耐えきった時のほっこり無表情も素敵でしたが
「親の仇のつもりでこいッッ」にはこっちが耐えられませんでしたw
ママの仇という意味では決して間違ってはいないんですがそれでも言いたい…
お前が親だろッッ!!

●弱虫ペダル
「ヤバかです もうムリかです」
この熊本弁が合ってるのかそうでないのかはよく分かりませんが
声に出して言ってみたいフレーズだと思いました。
「肥後 もっこす―――!!」はちょっとハードル高いかなw

待宮は良い政治屋になれそうだ…。

●ブラック・ジャック創作秘話
センターカラー。
サブタイトルは「原稿を上げずに手塚先生はアメリカへ飛んだ(前編)」。
この時点でもう嫌な予感がしてきましたw
ページをめくるとそこには職場でウイスキーをガブ飲みする壁村編集長…
そしてサブタイの上げなかった原稿とは「ブラック・ジャック」。
今回の話は今までで一番ヒドいことになりそうな予感がする!!
この漫画は盛り上げ方が毎回毎回上手いですね。

手塚先生の(キリッとした顔を見るたびに笑ってしまうと同時に
「こいつの言ってること信用ならねぇ〜」と一介の読者なのに思ってしまいますw
しかしそんなダメ人間の印象を完全に覆す資料暗唱シーンにはしびれました!
手塚先生は「大丈夫」「できる」を天才である自分を基準にして言っているから
一般人である編集者やスタッフ、そして読者がついていけないんだろうなぁ。
そして最後の最後に現れた重鎮、永井豪…!!
後編では今回以上の奇跡が起きるというのか!! ワクワクせざるを得ない!!

●毎度! 浦安鉄筋家族
丸山ポパイ先生が久々に登場したと思ったらスランプだそうです。
今この時にこういう話を描かれるとなんか深読みしてしまうな…
ベムの「どんなに苦しくてもハードルは絶対下げちゃダメだよ」という
それっぽいアドバイスは、ベムの口を借りた浜岡先生の言葉だったりするんでしょうか。

ポパイ先生の匂いを嗅ぐ小鉄には大いに引かせていただきました。
気持ちは分かるが!

●ましのの
増埜(のはいた男性用ボクサーパンツ)の穴にモップの柄がズッポリ入る話。
絵ヅラの下品さはここ最近のチャンピオンで五指に入るかもしれないw
こんなことになってるのにエロじゃなくてギャグ扱いだと素直に思えるのは
ひとえに今までの積み重ねの成果と言えるでしょう。
正式連載決定おめでとうございます。


●ナンバデッドエンド
電話で藤田さんに一方的に別れを告げる剛…
相手のことを考えてきっちりケジメをつけるあたり剛らしいとは思いますが、
もう復讐に生きることを決心してしまったようで
また目から光が消えた黒剛に戻ってしまいました。ああ…。

猛という被害者が出てしまった時点で
誰が何をしようともう丸く収まりようがないんだよな。
ここから先は辛い展開しか待ってなさそう。

●シュガーレス
「そんなんでコウモリ背負ってんじゃねえ 罰だ 脱げ脱げ」
「じゃあ君も ヌードになっちゃうのかな?」

いやいやコウモリって言ってたんだから脱ぐのは革ジャンだけでしょ!
なんで全裸にしたがってるんだよキリオさん。

「ハッ 俺の裸が見たいのかよ? 無理な話だぜ 俺は負けない 強いからな」
(略)
「俺が本気になったらお前はフルヌード決定だ」

いつのまにか負けたほうが全裸って話になっちゃってるよ!
おかしい! この漫画おかしい!

●はみどる!
ブームが起きたことで新たに「はみドル」がデビューしてるらしい。
んー、はみドルの定義がちょっとよく分からないですね…
露出多めの色物アイドルのことを指す言葉になってるのかな?
それならまっしゅるるーむは確かにはみドルではないな…
ただ売れてないだけだからね!

設定だけのパチモンはみドルと小物臭がハンパない社長はちょっと酷いなー。
この流れで次回最終回というのも…色々唐突すぎて戸惑いを隠せません。

●ANGEL VOICE
200回記念センターカラー。
負けたばっかりなのにカラーはどうなんだと思ったけれど、見開きのお辞儀は良かった。
この漫画が勝ち負けだけを描いていないというのを象徴するようなシーンでしたね。

関東大会予選は終わったけど次のIH予選はたった2週間後。
習実に勝てなかった市蘭が八津野や船学に勝てるチームになるには
あまりにも時間が無さすぎるけど…
試合中にも成長しちゃうような連中だからそれでも可能性を感じてしまう。
あとマイちゃんはいよいよ人間以上の存在になってきたなw

●バチバチ
白水だからギャグ取組になるかと思ったらガチンコじゃないの!
巨漢の田上さんを正面から捻じ伏せての白星は
白水にとってかなり大きい勝利だったんではないでしょうか。
少なくとももう負けて当たり前って力士ではなくなったな…おめでとう白水!
嬉しくて敬礼しながら踊ったのはちょっとよく分かりませんがw

●ケルベロス
金屋さんが5歳くらいにしか見えない…
危険な臭いがする…!!

●聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 外伝
ヤングアルバフィカ様は美少年ッスなぁ。
ルゴニス先生と笑顔で見つめ合うシーンに「これは…」と思いましたが
その後の「赤い絆」はもう、凄かったですねw
貴方と同じ存在になって赤い園で共に生きる!
少年誌にこんなの載せていいのか!

●ギャル番ゲーマー マリー
4コマの質屋にどこかで見た生き物の絵が。
いいぞ結路先生!こういうネタはもっとドンドンやれ!

●次号予告
ましののがセンターカラーで本格連載スタート。
短期連載中はずっと勢いを維持してきましたが連載になってもそれが続くか否か。



posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。