2011年06月16日

週刊少年チャンピオン29号の感想です

02977.jpeg

●ナンバデッドエンド
巻頭カラー。
カラー見開きで幽鬼のように佇んだ剛が怖すぎる…
ページ右下の13巻表紙が幸せそうなのがまた辛い。
ヤンキー狩りごっこをしてるような連中が何人束になろうが
剛に相手にならないのは分かりきっていたことですが
全員叩きのめした後に鉄パイプ拾って振り上げたのにはゾッとしましたね。
今の剛ならそのまま振り下ろしかねんなと…友人の声で留まってくれましたが。

一夜明けて安浦…いや植木刑事が尋ねてきたのは
鉄パイプに付いた指紋から足がついたとか?次回から囚人ツヨシ?

●侵略! イカ娘
オチの早苗に笑いました。
こんな言い方しちゃアレですが…ひょっとして最近面白いんじゃなイカ!?

●範馬刃牙
センターカラーで「出来るかい親父…俺越えッッ!!!」
何言ってるんでしょうねこの子は。

表紙では「刃牙、ついに反撃開始!!!」と煽ってましたが
実際は本気じゃないパンチを片手で止められただけ。
手加減してる勇次郎相手にいつまでも余裕こいてる刃牙に
そろそろイライラしてきましたが…それは親父も一緒のようで。
興が冷めたのでお開き、みたいな終わり方になりそうでちょっと怖い。

●弱虫ペダル
新開に必死に食らいつきながらもその速さに驚きを隠せない今泉…
って、こういう光景は前にも見たような気がするな。
喋る余裕はあるのかと思ったのも含めてデジャブ。
途中から御堂筋の姿が見えなくなったけど、普通についてきてそうなんだよなw
そう思えるくらいはまだ強さを感じさせるキャラです。

●毎度! 浦安鉄筋家族
大鉄オレオレ詐欺撃退→小鉄に顔面キック がテンポ良すぎるw
何も悪くない人がとばっちりを受けるネタは元来あまり好きじゃないんですが
浦安でやると素直に笑えるんだよなー。笑いに体を張ってるのが伝わるというか。

●行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
泣き顔のミツイシさんが超絶可愛い!
普段がクールだからこその可愛さ、これがギャップ萌えか…!
しかし主任は怒ってると普通に「殺すぞ」とか言っちゃう人なんですね。怖い。

●ましのの
本格連載スタート記念センターカラー。
そして可愛さをアピールする為にドジっ子を装う新キャラ、紗姫ちんが登場です。
自分以上のドジっ子である増埜をライバル視する紗姫ちんですが
そもそも増埜ってドジっ子だったっけ?
何かとトラブルに巻き込まれてはいるけどドジな印象はあまりないような…。
本格連載記念で属性が1つプラスされたんでしょうか。

通りすがりの力持ちの山縣くんが増埜を振り回してるコマは
絵がヤバすぎて全然振り回してるように見えませんでしたw
画力が向上したら化ける作品だと思うのでじっくり頑張っていただきたい!

●バチバチ
初登場時は賑やかし担当のキャラだと思っていた蒼希狼ですが
モンゴルでは相当ハードな生活を送っていたらしいです。
寒さをしのぐために下水道を寝床にするマンホールチルドレン…
外国人力士がハングリーだとはよく聞きますがここまでハードだったとは。
こういうモンゴル人力士の「影」にあたる部分はあまり目にしないので新鮮でした。
相撲やる前の蒼希狼、けっこうカッコイイじゃねーか。どうしてこうなった。

●ブラック・ジャック創作秘話 〜手塚治虫の仕事場から〜
最終回は永井豪から始まり石ノ森章太郎、赤塚不二夫と超豪華な顔触れが登場。
これをやる為に途中から「激マン!」みたいなことになっちゃいましたがw
赤塚不二夫にダメ出しされてもただヘコまずに
「赤塚不二夫が描けない自分のギャグはアリ」と
デビュー3ヶ月の新人が発想するんだからやっぱりこの人も凄い。
永井豪という才能を見出した壁村さんも凄い。凄い人ばっかりや!

「いつでも僕は締め切りギリギリなんです!!」と言い放ってる手塚先生は
あまりにも笑顔が素敵すぎてブン殴りたいw
偉大なエピソードをこれでもかってくらい見せられても
同じくらいダメな所も描いちゃうのがこの漫画の素敵な所ですね。

こんな凄くてダメな人たちと闘いチャンピオンを作ってきた壁村さんでシメ。
数々の創作秘話はどれも非常に濃厚で、大いに楽しませていただきました。
そして!
岩明均と中山昌亮が手がけるブラック・ジャックがこの秋に連載決定!
大物が原作を担当する、という話は以前から耳に入っていましたが
まさか岩明均を呼んでBJを描かせるとは…! 今から楽しみです!

●シュガーレス
キリオと成瀬のヌードをかけたタイマンは乱入者のせいで水入りに。
殴れと言われてデコピンで返したキリオの強がりはなかなかスマートでカッコよかった…
うん、自分もすっかりシュガーレス世界に浸ってるなw
周辺で小競り合いが起きている中、ボス同士が九島で急接近。
最初から2人がタイマンしていれば
戦争なんて大袈裟なことしなくていいんじゃないかなーと思わないでもない。

●ANGEL VOICE
間宮先生の言葉に乾もちゃんと応えてたのが意外でした。
ヒロナオさん久々に見たけど相変わらず目が怖いなw
手にお見舞いの花束持ってるのがまた怖いw

●モメンタム
アザの無いキレイな体に負い目を感じていた狐村が
仲間たちの正直な気持ちを受けてフッ切れる流れが良かった。
意識の共有を経て精神的に回復した狐村が専福寺に再び襲いかかる…
という流れを名和が完全ブロック! 「空気読まねーなコイツ」と素で思ってしまいましたw
それと同時に「流れ(モメンタム)」という言葉を強く意識させられました。
空気を読まないヤツが流れを作るからこそ、名和がこの漫画の主人公なんだなぁと。

●はみどる!
最終回。
クビのかかった最後のお仕事は第1話と同じメロニャンショーでした。
なるほど同じ仕事を再びすることで3人の成長具合を見せるわけだな。
あかりのアガリ症はここまで全く改善しませんでしたが
会場からのファンの応援でついにアガらずに仕事を完遂。
3人がこれまで流してきた汗と涙が結果という実を結んだ、いい最終回でした…。
ファンがついたのは2話前からだけどキレイに終わったからまぁいいか!
金田先生お疲れ様でした。

●キガタガキタ! 〜『恐怖新聞』より〜
こちらも最終回。
誰かが去るわけでもなく、何かが終わるわけでもなく。いつも通りの…
「おいてけニッポリ」とか出したりして本当にいつも通りの「キガタガキタ!」で終わりました。
前号に白水が敬礼したかと思ったら今号はキガタがナガタロックか。青義ブーム来てる?
恐怖新聞がセーラー服を着ていたのは完全にサービスですね。
やはりこの漫画のヒロインは彼女だったということでしょうかw

連載後半は明らかに引き延ばしと思われる連作が多く
読んでいてキツいものがあったので、終わるべくして終わったかなぁと…
ネタが切れたのならいっそオカルトバトル漫画になっちゃっても良かったかも。
西条先生お疲れ様でした。

●木曜日のフルット
今回から題字とその下のイラストをゲストに描いてもらうという特別企画がスタート。
第一弾はトニーたけざき。これって多分石黒先生の個人的人脈ですよね…。
こういう形で今まで週チャンどころか秋田書店と縁の無かった作家さんが登場するのは面白い。
どのくらいの読者がこの企画を楽しんでいるのかは分かりませんがw

●次号予告
哲弘が完全新作で新連載スタート。やっぱりほのぼのよりも変態が似合うよ…。
あと新人漫画賞受賞作品を掲載する「スーパーノヴァシリーズ」が開幕。大仰な名前だ。



posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

週刊少年チャンピオン28号の感想です

02974.jpeg

●囚人リク
単行本刊行記念巻頭カラー。
タイトルの上に「最凶刑務所脱獄記」と銘打たれてますが
やってることは完全にヤンキーの勢力争いです。いつするんだ脱獄。

レノマのいないニーナナと「椿陽平(つばき ようへい)」率いるイチロクの戦力差は
覆しようがないくらいに圧倒的っぽいですね。
不意打ちされたわけでもないのに全員が一方的に攻撃されてるって
どんだけケンカできてないの…こいつらが勝つ姿が想像できない…。
リクにどれだけ根性あろうがケンカじゃ意味無いだろうしなぁ。どうすんだろ。

●範馬刃牙
センターカラー。

>右手を叩いた痛みが――左手を叩くことで軽減するように
>鞭打による激痛(いた)みを 分散…

勇次郎がとった行動の目的は「無表情の保持」…
つまり超全力で痛い顔するのを我慢したってことですね!?
いやでも刃牙がビックリするくらい全身で強がってるのを表現してたら
表情変わらなくてもあんまり意味なくないですか!
痛いって言ったら負け、みたいな空気だったからこれでいいのかな…w

痛みを耐えきった時のほっこり無表情も素敵でしたが
「親の仇のつもりでこいッッ」にはこっちが耐えられませんでしたw
ママの仇という意味では決して間違ってはいないんですがそれでも言いたい…
お前が親だろッッ!!

●弱虫ペダル
「ヤバかです もうムリかです」
この熊本弁が合ってるのかそうでないのかはよく分かりませんが
声に出して言ってみたいフレーズだと思いました。
「肥後 もっこす―――!!」はちょっとハードル高いかなw

待宮は良い政治屋になれそうだ…。

●ブラック・ジャック創作秘話
センターカラー。
サブタイトルは「原稿を上げずに手塚先生はアメリカへ飛んだ(前編)」。
この時点でもう嫌な予感がしてきましたw
ページをめくるとそこには職場でウイスキーをガブ飲みする壁村編集長…
そしてサブタイの上げなかった原稿とは「ブラック・ジャック」。
今回の話は今までで一番ヒドいことになりそうな予感がする!!
この漫画は盛り上げ方が毎回毎回上手いですね。

手塚先生の(キリッとした顔を見るたびに笑ってしまうと同時に
「こいつの言ってること信用ならねぇ〜」と一介の読者なのに思ってしまいますw
しかしそんなダメ人間の印象を完全に覆す資料暗唱シーンにはしびれました!
手塚先生は「大丈夫」「できる」を天才である自分を基準にして言っているから
一般人である編集者やスタッフ、そして読者がついていけないんだろうなぁ。
そして最後の最後に現れた重鎮、永井豪…!!
後編では今回以上の奇跡が起きるというのか!! ワクワクせざるを得ない!!

●毎度! 浦安鉄筋家族
丸山ポパイ先生が久々に登場したと思ったらスランプだそうです。
今この時にこういう話を描かれるとなんか深読みしてしまうな…
ベムの「どんなに苦しくてもハードルは絶対下げちゃダメだよ」という
それっぽいアドバイスは、ベムの口を借りた浜岡先生の言葉だったりするんでしょうか。

ポパイ先生の匂いを嗅ぐ小鉄には大いに引かせていただきました。
気持ちは分かるが!

●ましのの
増埜(のはいた男性用ボクサーパンツ)の穴にモップの柄がズッポリ入る話。
絵ヅラの下品さはここ最近のチャンピオンで五指に入るかもしれないw
こんなことになってるのにエロじゃなくてギャグ扱いだと素直に思えるのは
ひとえに今までの積み重ねの成果と言えるでしょう。
正式連載決定おめでとうございます。


●ナンバデッドエンド
電話で藤田さんに一方的に別れを告げる剛…
相手のことを考えてきっちりケジメをつけるあたり剛らしいとは思いますが、
もう復讐に生きることを決心してしまったようで
また目から光が消えた黒剛に戻ってしまいました。ああ…。

猛という被害者が出てしまった時点で
誰が何をしようともう丸く収まりようがないんだよな。
ここから先は辛い展開しか待ってなさそう。

●シュガーレス
「そんなんでコウモリ背負ってんじゃねえ 罰だ 脱げ脱げ」
「じゃあ君も ヌードになっちゃうのかな?」

いやいやコウモリって言ってたんだから脱ぐのは革ジャンだけでしょ!
なんで全裸にしたがってるんだよキリオさん。

「ハッ 俺の裸が見たいのかよ? 無理な話だぜ 俺は負けない 強いからな」
(略)
「俺が本気になったらお前はフルヌード決定だ」

いつのまにか負けたほうが全裸って話になっちゃってるよ!
おかしい! この漫画おかしい!

●はみどる!
ブームが起きたことで新たに「はみドル」がデビューしてるらしい。
んー、はみドルの定義がちょっとよく分からないですね…
露出多めの色物アイドルのことを指す言葉になってるのかな?
それならまっしゅるるーむは確かにはみドルではないな…
ただ売れてないだけだからね!

設定だけのパチモンはみドルと小物臭がハンパない社長はちょっと酷いなー。
この流れで次回最終回というのも…色々唐突すぎて戸惑いを隠せません。

●ANGEL VOICE
200回記念センターカラー。
負けたばっかりなのにカラーはどうなんだと思ったけれど、見開きのお辞儀は良かった。
この漫画が勝ち負けだけを描いていないというのを象徴するようなシーンでしたね。

関東大会予選は終わったけど次のIH予選はたった2週間後。
習実に勝てなかった市蘭が八津野や船学に勝てるチームになるには
あまりにも時間が無さすぎるけど…
試合中にも成長しちゃうような連中だからそれでも可能性を感じてしまう。
あとマイちゃんはいよいよ人間以上の存在になってきたなw

●バチバチ
白水だからギャグ取組になるかと思ったらガチンコじゃないの!
巨漢の田上さんを正面から捻じ伏せての白星は
白水にとってかなり大きい勝利だったんではないでしょうか。
少なくとももう負けて当たり前って力士ではなくなったな…おめでとう白水!
嬉しくて敬礼しながら踊ったのはちょっとよく分かりませんがw

●ケルベロス
金屋さんが5歳くらいにしか見えない…
危険な臭いがする…!!

●聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 外伝
ヤングアルバフィカ様は美少年ッスなぁ。
ルゴニス先生と笑顔で見つめ合うシーンに「これは…」と思いましたが
その後の「赤い絆」はもう、凄かったですねw
貴方と同じ存在になって赤い園で共に生きる!
少年誌にこんなの載せていいのか!

●ギャル番ゲーマー マリー
4コマの質屋にどこかで見た生き物の絵が。
いいぞ結路先生!こういうネタはもっとドンドンやれ!

●次号予告
ましののがセンターカラーで本格連載スタート。
短期連載中はずっと勢いを維持してきましたが連載になってもそれが続くか否か。



posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

週刊少年チャンピオン27号の感想です

02970.jpeg

コンビニでチャンピオンとヤングジャンプが並んで置いてありました。
同じ人が表紙でした。

●てんむす
単行本発売記念巻頭カラー。
試合は既に「かませチームがどう負けるか」に焦点が移ってる感じですね。
劣勢から友情パワーで追い上げるって展開は
出てきたばかりのキャラでやられてもあんまりノれないので
あくまで勝負の中で見せ場を作ってほしかった。
無茶苦茶な食い方なのに才能だけで良い勝負をする、みたいな。
んでバカが治ったら再登場する、みたいな。

●侵略! イカ娘
早苗が「連結」って言うのはガチでヤバい!

●バチバチ
連載100回記念センターカラー。
この節目の回で発表された次なる対戦カードは…白水vs田上!
これは渋いを通り越して地味すぎるw
しかしどう転がるか分からないという意味では面白い取組ですね。

人気投票は女性キャラの順位が気になる。
床上手さんに負けたりしませんように…!

●弱虫ペダル
いよいよ最後の勝負が始まるかと思いきや
先頭に追いつくまで総北と箱学が共闘することに!
勝負の最中にこれをやるのは熱いなー。

「4人が8人になるだけでこんなにちがう」のなら
後続の集団全員が協調したら…そういうことなんでしょうね。
京都伏見がそこに加わるのか否かは気になるところ。

●囚人リク
アゴ治ってる!
いや包帯はしてるけどあんなにキレイに外れたアゴが
ちゃんとくっついてるとはw

なんかバトル漫画というか、刑務所が舞台のヤンキー漫画みたいになってきたな。
ロンゲの他にもハゲと金髪がいるし、
戦っては勝ち戦っては勝ちの繰り返しになるんだろうか。

●範馬刃牙
センターカラー。
痛みに耐える、といえば
葉隠覚悟と孫悟空という山口貴由作品の主人公2人を思い出します。
忍耐不能の痛みに耐えたり「ものすげえ痛くねえ」と強がったり、
2人とも我慢の得意なヤツらでした…。
今の痛がりまくってる刃牙は彼らと比べるとあまりにも情けない!
耐えられない痛みにも耐えてくれないと親父越えは無理なんじゃないか!
まぁ覚悟や悟空と能力で比較されるだけでも充分凄いんですけどw
そろそろ良い所も見せないとダメだろ主人公〜〜〜ッッ

●ましのの
授業中に水着をマーカーで消してた男子生徒が再登場。
キャラを使い捨てず大事にする漫画ですねw
少年誌なのに完全なアヘ顔を晒したり「オナ中」に「中毒なのか最中なのか」と反応したり
今回の増埜はいつもよりトばしてました。見ていて大丈夫かと心配になるくらいw
この漫画っておっぱいとか出ない回の方がヒドくなるんだな…。

●ブラック・ジャック創作秘話 〜手塚治虫の仕事場から〜
センカーカラー。
もしも坊さんが手塚プロダクションのアシスタントになったら、
そして漫画家にならずに住職兼警察官になったらという嘘みたいな本当の話。

女性ファンの前でキリッとしてる手塚先生が微笑ましかったです。
生前から神だの天才だのって言われてた人だから、
こういう人間味のある描写のギャップが楽しいですね。

手塚先生の名刺とサインで空港をパスしたエピソードは凄い。
大らかな時代だったというのもあるんでしょうけど
紙一枚で企業を動かしたって凄まじい話だよなー。

●毎度! 浦安鉄筋家族
のっけから涙の汁を浴びて顔を紅潮させるのり子がエロい。

自分以外の全員が眠ってるって異様な光景だよなぁ…
落語のようなSFのような、すこし・ふしぎなお話でした。

●ナンバデッドエンド
ああ、やっぱりこうなってしまうのか…。
剛の気持ちは痛いほど分かるけど、イヤな展開しか想像できないわー。
刑事の安浦…じゃなくて植木さんが登場したのは
暴走した剛がご厄介になるからだったりするんだろうか…
ああ!お勤めを終えた剛を藤田さんが迎えるシーンまで浮かんでしまった!

電話を1コールで取ったり週刊実話を小説と言い張る藤田さんには和みました。
これが無かったら今回の話は重すぎる…。

●モメンタム
最近この漫画を読むのが楽しくなってきました。

●第76回新人まんが賞最終選考結果発表
入選1本、準入選2本、佳作1本と今回も大盤振る舞い。
入選作のカットと女子が軽音楽部という設定には「え!?」と思いましたが
「キャラ、テンポの良さ、アイディア、どれも最高!!」とまで評されているので
それだけ素晴らしかったんでしょう。掲載されるのが楽しみです。
小沢先生の直感的な言葉と浜岡先生のギャグ不足への憂いは今回も相変わらず。
渡辺先生が他の人の3倍くらい言葉を費やしていたのにはビビりましたw

●はみどる!
はみドルブームが来たのにまっしゅるーむの仕事は別に増えてませんでした。
これってはみドルブームじゃなくて単なるKi-RITANPOブームなんじゃ…!
あかりの奇跡の一枚は普通に話題になるシロモノだと思うんだけどなー。

ブログで素直な気持ちを書いたのにかすみさんに怒鳴られたののたん可哀想…
でも泣き顔はやたらめったら可愛かった。やっぱ売れてる人は違うわ。

いつも通りのダメダメっぷりかと思いきや後半からは普通にファンが増加。
ファンレターが来たり握手会に客が来たりと売れ方も普通だ!
これだけやって売れないのはおかしいといつも思っていましたが
それが報われだすと今度は違和感を覚えてしまうw
なんか次回あたりで最終回を迎えそうな雰囲気になっちゃったな…売れたせいで。

●聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 外伝
ルコ様の薬の効き目はさながら神の奇跡の様。
吐く台詞もいちいちキレイで胡散臭さが凄まじいw
こんな師匠の姿に異様を感じたペコフは賢い子だな。
毒草のスズランを薬草と言ってのけるルコの真意や如何に。

●シュガーレス
野望をチラ見せしだした正門によって与崇さんリタイア。
頭を思いっきり踏みつけて血が出るってのは漫画でもやっぱりやめましょうよ。
ケンカの範疇を超えてる行為をやらせることで
コイツらがやってるのはもうケンカじゃない!ってのを表現してるんだと思いますが
それにしたって痛々しい。世界観に合わせて痛みの描写もリアルにしてほしいです。
口うるさくってゴメンね!

●ケルベロス
その腹は
少年誌では
NG!!

●ANGEL VOICE
所沢が成田の緊張をほぐしたシーンを見た時には
まさかこんな結末が待ち受けているとは思いもしませんでした…。
>次号、200回記念!!センターカラー!!
記念すべき回にお通夜ムードかよ!!
カラーで何描くんだよ!!

●行徳魚屋浪漫 スーパーバイトJ
イカちゃんぬいぐるみの絵が可愛い。
NJ先生がこんなに車を描ける人だと思ってなかったので
失礼ながら感心してしまいました。取材お疲れ様でした。

●キガタガキタ! 〜『恐怖新聞』より〜
あの運転手を見てなぜ乗った。
あんなのに乗るくらいなら何キロだって歩くわ!

バスジャックの模倣という人間の知恵を使ったのは
初期のキガタっぽかった。原点回帰回ですな。
途中まで鬼太郎のパクリ話かと思ったのはナイショ。

●次号予告
囚人リクが巻頭カラー。
順調に単行本が刊行されて喜ばしいですね。
だがまだ1巻だ!油断するな!



posted by ばば at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。