2011年06月30日

週刊少年チャンピオン31号の感想です

02990.jpeg

梅雨っていつ明けたの!?

●弱虫ペダル
巻頭カラー。
真波くんちけーよ!と思ったら坂道も同じ反応してて笑いました。
ちょっとサービスしすぎなんじゃないですかね!
サービスっていうより真波くんプッシュなのかもしれませんけど。
肩じゃなくて腰に手を回すのは流石にアレだと思った。

後続集団に飲み込まれたら死ぬ、みたいな表現は漫画的には面白いけど
実際のレースではどうなんでしょうね。とって食われるわけじゃあるまいし…。
でも荒北さんの死に様はカッコよかったです。無茶しやがって!

熊本の人は見ていて哀れになるな…
渡辺先生は捨てキャラには容赦がありせんね…。

弱虫ペダルグッズが次々作られるのはやっぱり売れてるからなんでしょうね。
メディア展開を全然してないのに大したもんだわ。

●範馬刃牙
打撃食らって壁を何枚もブチ破るとか、どこの東映アニメキャラですか。
やっと有効打が出たかなーと思ったけど
刃牙のしてやったりな表情を見てそうでもないなと確信しましたw
ゴキブリダッシュよりもガラスを踏んでケガしてないことに感心するあたり
オーガは目の付け所が違うな。ていうか余裕ありすぎだろ。

●毎度! 浦安鉄筋家族
あかねちゃんを不幸にするだけの為に米異くんが久々に登場w
あそこから脱出できたのはこれまで散々糞にまみれてきたあかねちゃんならではですねw
国会議員のウンコ芸は見慣れていたつもりだけど、液状だとキッツイなぁ…。

●春日沙也加&スーパーバイトJ スペシャルコラボグラビア
誰が得するのかよく分からない「謎コラボ」。
水着にNJのイラストが描いてあったり、春日さんの周りに魚イラストが散りばめてあったり
これっとどっちかと言うとNJメインの企画なんじゃ…。
「自分を魚に例えると?」という無茶ブリもアレですが
「シシャモです。」と答えるのも如何なものかw アイドルですよね!?

●行徳魚屋浪漫スーパーバイトJ
センターカラーでNJがグラビア撮影の現場のレポート。
グラビアページが謎のNJ押しだったのでこちらでは春日さん押し…
かと思いきやまさかのマネージャー河野さん押しでしたw
どこの世界にもこういう人はいるんですね! ピノうめー!

コラボ特集を組まれて近くに座らせてもらっているのに
春日さんと会話してるシーンが全然無かったのがNJらしい…と言っていいのかどうか。
前に出過ぎないスタンスはレポート漫画に向いているとは思いますけど。

●りびんぐでっど!
久々に見たみっちゃんに思わず目頭が熱く…もなこがこのTシャツみたら食いつきそうw
ロボットだと勘違いしてるからって勝手に人のものを持っていくのはどうなんだ、
と思ったけど先に手を出したのはもなこだしどっちもどっちか。
この漫画の登場人物は全体的に頭がユルいね!
あとコンビーフ缶を弁当と言ってる点が完全スルーだったのは納得がいかない。
どんな食生活だ。

●バチバチ
吽行さんは出てくる度に膝を気にしてるな…。
鯉太郎に投げ技を伝授しきったら膝壊して引退しそう。

蒼希狼は巻頭カラー回で過去エピソードを積み上げたからハクはついたものの
実際そこまで強くなってるというイメージはあんまり無いんですよね。
鯉太郎とやる前に本場所でどんな相撲をしてるのか見せてほしかったな。

●シュガーレス
岳と卜部の失神コンビは兼光に一撃でKO負け。
一発ずつじゃなくて本当に一撃で負けてしまったんですが
兼光はどういう風に殴って2人一緒に倒したんでしょうかw
攻撃モーション&吹っ飛びで展開される戦闘シーン…これ車田漫画だったのか!

岳は正門のことを「バッテン」と呼んでましたが、
髪の模様よりもあの耳の方が絶対目立つと思うんですよね…
「ああ!? 何だとエルフ耳」とか言ってほしかった。

●ナンバデッドエンド
想像していた通りの展開にどんどん進んでいく…
こういう時に限ってどうして波乱が起きてくれないのか!
梶原の「ハクつけて帰ってこい!」がシャレになってないし
着信中の携帯電話を何の躊躇も無くヘシ折って捨てる剛は覚悟完了しすぎてるし、
もうこのまま突き進んでいってしまうのか。
猛の意識が回復すれば踏みとどまってくれそうですが…可能性低いだろうなぁ。

●英雄企画ハーフマン
第2回。
初回は殆ど「うしろ半分裸」の一発ネタだったので
ガッカリするくらい物足りなかったのですが、設定説明が終わった後の第2話は
哲弘先生ならではのおバカなネタ連発で面白かったです。
食らうとブルマになる光線ってどういう発想だよ!と思ったけど
男子のブルマトークに猪頭さんが怒ってたのがコレの伏線だったんですよね。
しょーもないネタでも筋が通ってるとなんか嬉しい。

犬井くんを振り回しつつ自分もボケる猫宮さんを面白がる漫画だと理解できたので
これからは正しく楽しめそうです。必殺技もどうせろくでもないんだろーな。

●ANGEL VOICE
最後のページのワッキーカッコイイよ…。

●モメンタム
名和のお姉さんが回想シーン以外で初めて登場。
そしてすぐさま競泳水着めくり見せという高度な技を披露されましたw
やってることはなかなかドキドキものなんですが
このお姉さん、見た目と性格が弟とそっくりなんですよね…。
いきなり弟の髪を切るとかちょっとおかしいだろ!
その場で前髪揃えてパッツンになった弟も弟だけどw
こんなんなのに仲は良さそうなんだよなー。こうなると両親も気になる。

「どっかの三流作家の思いつきそうなこと」というのは
デビュー作でそれをやってた濱口先生の自虐ネタですね。
姉のぴろっに続いて弟の全裸と水着もっこり…
今回ってひょっとしてテコ入れ回だったの!?

●最凶! 平賀先生
新人まんが賞受賞作家、若葉ゲンゾウのデビュー作。
マッドでチンピラな科学者教師がヤンキーの相談に乗る漫画。

勢いはあるけどそればっかりで読みにくかったですね…。
途中からヤンキーの抗争の描写が中心になって
何の漫画かよく分からなくなってしまった感があります。
トラジ君の方が話の中心になってるし主人公っぽいよ!
あと委員長は出てくる意味があんまり無かった気が…
驚いてばっかりじゃなくてツッコミをしっかりやってほしかった。
人物よりも背景や小物の方が描きこまれていて、それが妙に印象に残りました。

●木曜日のフルット
特別企画のトリはやっぱりこの人、イラストレーターの中村祐介。
本編は今週号唯一の七夕ネタでした。「七夕」と「ネタ」って字面が似てますね。
鯨井先輩の願い事はネタなのかガチなのか…
あの人ってこういうことに関しては妙に本気(マジ)だからなぁw

●次号予告
夏の新連載大攻勢とかスーパーノヴァシリーズ第3弾とか
バチバチ人気投票結果発表とかキザクラショウとか色々盛り沢山のようです。
週チャン伝統のホラーショート枠にうえやま洋介犬先生は適任ですな。



posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

週刊少年チャンピオン30号の感想です

02984.jpeg

ガリガリ君をかき氷にする機械、高いよ!
それを買う金でガリガリ君が10本以上買えるじゃないか!

●バチバチ
巻頭カラー。
昨年のモンゴル相撲大会優勝者を投げることで親方の目に留まった、という
蒼希狼の大相撲入りの経緯は
地元の巡業で猛虎に勝って相撲界入りした鯉太郎とよく似てますね。
そこに至るまでの道は蒼希狼の方が遥かに険しかったように見えますが…。
でも土俵はどちらの過去が重いかを計る所ではなく、どちらが強いかを決める舞台。
我々読者は勝負の行方をただ見守るのみです。

●毎度! 浦安鉄筋家族
「フグオ 背中かいてくれへんかー」「直(ちょく)で頼むわ」
相手が心を許した友人だからこそ出てきたのであろう、のり子の隙だらけのセリフ…
浦安はこういうのをあまりにも自然に、そして唐突に持ってくるから油断ならんわ。

●範馬刃牙
センターカラー。
突然総集編のような長めの回想シーン入りました。
露骨な引き伸ばしなんですが
全部描き起こしだからって理由で許してしまうのは甘すぎますかね…。

満を持してのゴキブリダッシュですが
勇次郎は刃牙が何をしようとしているのかすっかり分かっているようなので
きっと通用しないんだろうなぁ。息子の成長を体で感じる、程度で終わりそう。

●行徳魚屋浪漫スーパーバイトJ
仮眠とってる人の頭を蹴るような人と一緒に仕事なんて
とてもじゃないけど堪えられる気がしない…NJは偉いな。
自分がNJの立場だったらこのオヤジの顔をもっと醜悪に描いてるよ。

●シュガーレス
おいおいおい!
パンチ1発で高校生男子3人を2階の教室までブッ飛ばすとか
どう考えてもおかしいだろ! 常識的に考えて!

「兼光一哉! シャケ並の化物って話は本当だったのか…!!」
あ、シャケもあれくらいのことは出来るって認識なんだ…。
この世界で1つの学校のトップになるには人間をやめる必要があるんだな…w
そんな化物の前に立ちふさがる岳と卜部。
こいつらがあと30人くらいいても全然勝てる気がしないんですがw

●聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 外伝
やっぱり教皇は全てを承知した上でアルバフィカを派遣していたようです。
でもルコが冥闘士だと分かってたら
ルゴニスの「魚座の毒の道か人の道か選ばせてやってほしい」って願いは
叶うわけがないんだよなー。ちょっと何がしたいのか分かりませんね。

●英雄企画ハーフマン
哲弘の短期集中連載がセンターカラーでスタート。
ヒーローに憧れる少年「犬井一狼(いぬい いちろう)」の夢を叶える為に
幼馴染でお金持ちの女の子「猫宮琥恵(ねこみや こえ)」が
変身能力と悪の組織を同時にプレゼントするというアクションコメディ。

「ひよりの日々」から「椿ナイトクラブ」の時のノリに戻ってきた感がありますが
正直かなり物足りなかったです。
第1話の見所は一狼のお尻くらいのもん。
哲弘漫画なのに設定やキャラに目新しさや魅力が感じられませんでした。
うーん…第2話で何か仕掛けてくれるんだろうか。

●ナンバデッドエンド
12話のサブタイトルは「それぞれの終わりに向かって」。
行き着く先は「終わり」か…全てが丸く収まっての終わりならいいんですが。

植木刑事の目的は剛の逮捕、ではなくヤンキー狩りについての情報提供でした。
直接言わなかったもののヤンキー狩りをヤッたのは剛だと気づいてるみたいですね。
これ以上関わると見て見ぬフリはしてられなくなる、
という警告をしているように見えましたが…
そんなこと言われても剛は既に退路を断ってるんですよね…。

確かにヤクザなら警察には無い情報網で最後の一人を見つけられるかも。
…もうカタギの世界から縁を切る覚悟すらできてるってことなのか、剛!

●モメンタム
南の独善的なチームプレイによって流れを持っていった専福寺が
松野から逆転勝利をもぎ取り1回戦突破。
そして2回戦の相手はなんとアレキサンダーでした。
対決するの早いね! これはひょっとしてアレかな!

●ANGEL VOICE
うわああああああああああああああああああああああああああああああ
まいちゃんがあああああああああああああああああああああああああああ!!

女の子ならこんな姿は見せたくないだろうに…
成田たちが訪れたちょうどその時に症状が出始めたんでしょうね。
いやしかし見た目に変化が出ると流石にショックだ…一番ショック受けてるのはマイちゃん本人でしょうけど。

●私立アサシン学園
第76回新人まんが賞受賞作品にして佐藤健太郎のデビュー作。
暗殺者を養成する学校「アサシン学園」の仕事風景を描いたアクション漫画です。

えっとねー…自分には色々とキツかったですw
読んでてとにかくコッ恥ずかしかった。
全体的に真面目にカッコよく描こうとしてるのかギャグでやってるのかが分からない!
「日々の鍛錬を怠ってはいけない」のコマは笑っていいんだよね?
居合撃ちは?居合撃ちはマジの方なの!?

作者さんが本当は別の雑誌に載りたかったんだろうなーと思ってしまう内容でした。
「殺気1000KILL」だもんなー…何の説明も無いけどKILLが強さの単位なんだろうな…。
でも沢編集長はむしろこういうのをチャンピオンに載せたがってる気がする。
とりあえずバイオレンスを描くならモツもしっかり描いてくださいネ!
あと男の絶対領域は嬉しくない。

●木曜日のフルット
特別企画第2弾のゲストは小原愼司。フルットが宇宙人のようだ…。

●次号予告
週チャンマスコットガールとスーパーバイトJがまさかのコラボ。
これってNJにルポ漫画のネタを与える為に立てられた企画なんじゃないのw



posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週チャン感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

ヤングチャンピオン烈 No.7

02982.jpeg

AKBが出てこない烈のグラビアは見ていてホッとします。

●お気に召すままご主人サマ(いとうえい)
巻頭カラー。
ドSメイドのカノエさんに言葉責めされたり踏まれたり擦り付けられたりするだけの話。
抵抗してるはずの関谷が短時間の間に3回も達してしまったのは
精力剤の効果なのかプレイ内容が合っていたからなのかw
なんでこんなことになってるのかよく思い出せませんが、イブによると関谷は
「今まで接したコトない色々なタイプと接しておく必要がある」そうです。
ということは次回あたりにまた新しい属性のメイドが登場するかもしれませんね…。
そろそろリンがヒロインポジションに戻ってる光景が浮かばなくなってきた…。

●ブラック・ジョーク(田口雅之 協力/小池倫太郎)
移籍第2回。
このエピソードまだ2話目なのにもうついていけなくなってるぞ!
走り猫さんのエッチな衣装だけが心の癒しです。。

●ばくおん!!(おりもとみまな)
漫画の前にコラムページで天野恩紗(モジャ)にインタビュー。
愛車は「ヤマハSEROW255」と書いてありますが、255じゃなくて225が正しいみたいですね。
扉はやたらカッコイイ来夢先輩とその愛車をあしらった広告風デザイン。Ninja最強!
「メイドいんジャパン」でもこういうのやってましたね。

天然お嬢様キャラ「三ノ輪聖(みのわ ひじり)」が新登場。
憧れのワルになる為にバイク部に入部しにきたヘンな人です。
なんでこんな人がこの学校に…と思ったけど
羽音たちの通う学校は高偏差値のお嬢様学校なんだっけ。
バイク部の面々だけ見てたら絶対忘れる設定だわw

聖の所有マシンはサイドカー仕様に改造したMVアグスタのF4。
これはイタリア車ですが聖本人はジェームスディーンに心酔してるようなので
5人目はマシンをとっかえひっかえする海外メーカー枠かもしれませんね。

事あるごとにケンカをする(そして相撲をとる)恩紗と凛を仲直りさせるため
羽音が「みんなでチキンレースしようよ!!」と大提案。
バイク部全員参加で川に向かって突き進むチキンレース大会が開催されることに…。
今回のサブタイトル「レース!!」がまさかコレのことだとは思わなんだわw
モジャと巨乳は命がけの勝負なんて本気でやらない、という
常識的判断(羽音に言わせると「バイク大事にする小心者」)で意気投合し仲直り。
コイツらはなんだかんだで似た者同士なんだろうなー。
そしてコイツら以外のバイク部員は狂気の世界に足つっこんでるのばっかりw
天然とキ○ガイの違いがよく分からなくなってきたよ!

●ヴォイニッチホテル(道満晴明)
新キャラ?と思ったらどうも探偵団のオイロケらしい。
なんか見た目がオトナっぽくなってません?

リーダーとオイロケの出会いのエピソードを交えた
甘酸っぱくて良い話でしたが、今までの流れを考えると
2人のどちらかが、あるいはどちらも近い内に死ぬような気がしてなりません。

●ゴッドサイダーサーガ(巻来功士)
ヒラグチを助けに来た月岡組長がヒラグチより先に死んじゃった!
男としてのメンツを守るためにノーブルマンに死ぬ気で挑んだ姿は
なかなかカッコイイじゃないですか。無駄死にでしたけど…。

子供のサガが電ノコやら糸ノコやらで四肢をバラバラにされてる絵がエグい。
人によってはかなりショックを受けるかも。よくこんな猟奇的な絵が通ったなぁ…。
次号は「殺戮の野獣!!皆殺しダンス!!」だそうです。まだやるか!

●抱かれたい道場(中川ホメオパシー)
修行を終えアフロと「抱かれたい奥義」を身に付けたノボルくんは
その力に溺れたのか性格が変わってしまいました…。

「あ ゴメ〜〜ン 犬のクソかと思ったら人間だったのかァ〜〜」
「あんなクソバエの一匹や二匹蹴散らしたところで――
 なんの自慢にもなりませんよ…!!」

童貞のままでもここまで自信を持つことができるというのは
ある意味素晴らしいと言えなくもない…でもこんなのノボルくんじゃない!!

●らぶゆ!(東鉄神)
親戚が経営する民宿に泊まるため愛田家一行は舞鶴市の神埼へ。
待っていたのは新キャラ「愛田みさき」十三歳(とその親父)。
ヒラヒラのたくさん付いた暑苦…可愛いファッションに身を包んでますが
胸は一つ上の百香よりふた周りくらい大きい、いわゆるロリ巨乳でした。
…百香は愛田一族のイレギュラーみたいですねw

零司と愛田のすれ違いは結構長引いてますな。
もし民宿で仲直りしたらそのまま一線を越えそう。
他の漫画で朔太があんなコトになっちゃったしね…。

●NIGHTMARE MAKER(Cuvie)
茅野先生…すっかり出落ちのギャグ扱いになってしまって…w
もう校内で生徒相手にヤってるのが日常茶飯事になってますもんね。
こちらもそれに慣れてしまったというのは否定できませんw

「善き人達による正しい社会のために」なんて考えちゃう渡会さんはちょっと怖い。
確かに渡会さんは優れた才覚を持つエリートかもしれませんが
性欲に直結した欲望を持ってるあたりは俗っぽいんだよなー。
内田が灯明に幻滅したら自分の方を向くと勝手に思ってるのも考えが未熟というか。
要するに中2病なんでしょうね。

●袋とじヌードコラボ 春菜はな
Kカップセクシーアイドルですって。
巻頭グラビアの杉原さんもかなりデカいと思ったんですが
それより4階級も上ってマジかよ! バスト108センチだと!?
ちょっと気になったので色々検索をかけてみたんですが、
どうも今回のグラビアはかなり写真写りが良いみたいです。
さすがヤンチャン!グラビアの本気度が週チャンとは違うぜ!

●A.C.D.C.II(CIRCUS×かゆらゆか)
センターカラー。
前回からシリアス展開になったのかと思ったら特にそういうわけでもなかった。
尻相撲に負けて「俺の力が足りないばかりに…」なんて言うくらい悔やむ義之が
ちょっと面白い。

●すもものおもちゃ(すもも×ユウコ・フランソワーズ)
超売れっ子タレントの藤子(仮名)さんの似顔絵は似せて描いてるのか否か…。
こんなこと描かれても誰なのかが分からなければフィクションと大差無いよなー。

●性食鬼(稲光伸二)
変態女王がいずみとのコンタクトを図るために死にかけの気ぐるみに憑依。
なんかこういう展開どっかで見たことあるな…
そう思っていた所に「エグゾスカル零」が描かれたチャンピオンREDの広告が。
そうだ、栄吉と「鬼我一体」した散さまだ! 一流の気迫!

●彼女の鍵を開ける方法(中田ゆみ)
こう思ったのは何度目か分からないけど今回もやはり同じ感想を持ってしまいました。
フィクションにしたって展開が非現実的すぎる!!
「伝線したストッキングを破いてみたい」と言われて
ここなら誰も来ないからと破かせてくれる巨乳メガネ委員長がどの世界にいるんだ!
この世界の少女たちは全員ちじょなのか! やんのかコラ!!

●鬱ごはん(施川ユウキ)
今回のごはんは風邪をひいてる時のおかゆ。
ついにゲロをはいてしまいました。食欲減退効果ハンパない。
インスタントからとはいえおかゆを作る気力があるなら
コンビニに行って飲むゼリーでも買えばよかったのにね…。

●青春ポップ!(北河トウタ)
一線を越えて以降すっかりただれた生活を送っている朔太と小島さん。
お前らヒニンしてるのか? そういう描写がコマの隅にすらないのが気になる…。
デキちゃって今までの話が全部フッ飛ぶ、なんて展開はナシにしてくださいよ。
そこまで行ったらもう青春じゃないからな!

●メイデン/エイド(恩田チロ)
オカルトバトル漫画みたいになってる…のかな?
しをんの「ボランティア」は負の感情を相手から抜き取るお仕事のようです。
いや、抜き取った方が本体なのか…? つーかあの行動はどういう意味なんだ?
説明不足だったり説明されてても意味が分からなかったりで色々サッパリです。
とりあえず言えるのは…しをん以外のボラ部員は何もしてないということ。
副部長って一体何だったんだろう…。

●夢遊・彼女(片桐兼春)
超人気大好評「○○彼女」シリーズの新作。まあ穴埋めなんですが。
ちょっと前にヤンチャン本誌に載ってましたが烈では久しぶりですね。

夢を見てると思ってねぼけながら欲望を開放しちゃう女の子の話。
いつものようにマンガチックな設定ですが
涙目でおねだりしてる桃花ちゃんは可愛くて
優しくなだめすかす司くんはいいヤツで、と読後感の良いお話でした。
次号は「箱入・彼女」だそうです。タイトル込みの読み切り予告とは珍しい。

●trash.(山本賢治×D.P)
なぜ今月号にtrash.が載っていないのか、という理由と
作品作りのスタンスを山賢が珍しくマジメに語ってます。
こういうのが読めるんだからこのコーナーが存続してくれて良かった。
山賢って漫画に大しては凄くマジなんだなぁ…カッコイイ。
カオシックルーンの完結、いつまでも待ってます。

●次号予告
「豪華ラインナップ」の中に予告済みの片桐兼春の名前が入っていないので
予告ページの内容が信用できない…。



posted by ばば at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | YC烈感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。